ホーム » ノンケ » 【ゲイ】ノンケのザーメンフェチ高校生の話

【ゲイ】ノンケのザーメンフェチ高校生の話

【体験談】宮崎県在住の会社員からの投稿です。中学からセルフ顔射するほどのザーメンフェチ投稿者は高校生のころ初めて夜の発展公園に向かった。そこで念願だった他人のザーメンを大量顔射され感動する結末・・・・・

ザーメンフェチ高校生の体験談

 

中学生の頃に見たエロ本が顔射写真で顔に掛けられた精液に興奮し毎日オナっていました。

 

オナってるうちに自分も顔に掛けられたいと思い、セルフ顔射をするようになり、いつの間にか自分の精液を飲むまでになりました。高校に入ると精液に対する思いが強くなり、他人に顔射される事を妄想してました。

 

その頃にハッテン場と言うものを知り、夏休みに夜の公園に行きました。

 

公園では茂みの中で男同士でキスをしているカップル?が数組見えました。ここなら顔射して貰えると確信し、ドキドキしながらベンチに座ってました。

 

しばらくすると同い年かと思える若い子が隣に座って僕の顔をジーっと見つめてきました。彼は僕に

 

「此処、初めてだよね?」と聞いてきたので

 

「うん・・でもゲイじゃないのでどうすればいいのか・・・」と伝えると彼は

 

「僕と体験してみる?」と言ってきました。僕は

 

「此処に来たのは、顔射されたいからで・・・」と言うと、

 

「じゃ、一杯掛けてあげるよ。」と言って歩き出しました。

 

付いて行くと誰も居ない茂みに入りました。彼はタケシと名前を教えてくれ、同じ歳だという事と隣町の高校だと教えてくれました。タケシは

 

「掛けてあげるから、フェラさせて」と言い、僕の股間に手を添え摩ってきました。他人に触られる感覚が気持ちよくてすぐにビンビンになりました。タケシは僕のズボンとパンツを脱がすとしゃがみ込んで握ってシコりだしました。

 

他人にシゴかれてる、男に、しかも同じ歳にフェラされる・・・怖さと期待感が入り混じった感じでした。タケシが僕のペニスにチュッとキスをすると、先っぽをペロペロと舐めて刺激を与えてきました。初めての感覚・・・思わず声を出してしまいました。

 

タケシは僕の声を合図と認識したように根本まで咥え込み、口の中でペニスを舐め回し、吸い、ピストンして

 

「ん・・・うん・・・」とイヤラシイ声を漏らしながらフェラに没頭してました。僕も快楽に負け、

 

「そ、それキモチイイ!変になりそう!」と悶え、タケシが

 

「イキなよ。僕の口の中に出していいよ。」と言い、僕はそのままイッテしまい、タケシの口の中に射精してしまいました。

 

タケシは精液を吐き出し、ズボンとパンツを脱ぎ僕の前に立ちました。タケシのペニスは僕のより大きく、はち切れんばかりに勃起してました。タケシが僕に

 

「フェラ、してみる?強制はしないよ、君はノンケだもんね。」と半分嫌味のような事を言い、シゴキ始めました。

 

その姿を見ていると何か咥えるぐらいならいいかな?と思い、そっと手を伸ばしペニスに触れました。熱くて固くて僕より大きいペニス。

 

僕は思い切って咥えました。タケシは当然のように僕の頭を掴み腰を振ってきました。初めてのフェラに興奮し、僕のペニスも勃起しました。タケシと同じようにイヤラシク舐め、吸い付き自分のペニスをシゴキました。タケシが

 

「イクよ!掛けてあげるよ!僕の精液で汚してあげるよ!」と叫び、僕の射精と同時にタケシもイキました。

 

タケシの大量精液が顔に掛けられ、僕は感激のあまり、口周りの精液をチロッと舐めてみました。何とも言いようの無い味でしたが、不味いとわ思いませんでした。

 

それからは毎週公園で顔射してもらってたのですが、2カ月も経つとキスもするようになり、お互いの精液を飲むようになりました。気が付けば僕もゲイに目覚めてたのかもしれません。

 

夏休みにはアナルセックスをするようになり、僕が受けで毎回中出ししてくれます。

 

現在は会社員ですが毎週タケシとアナルセックスしています。



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング