ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】公園で厨房の若竿をいただいちゃいました

【ゲイ体験談】公園で厨房の若竿をいただいちゃいました

神奈川県在住のサラリーマンからの投稿です。ある日の夜、仕事からの帰宅途中に通った公園での体験談です。広い公園を散歩がてら遠回りするように歩いていた投稿者は、奥まった場所にあるベンチで抱き合う男子学生の姿を目撃してしまった。完全にエロエロモードになった投稿者は学生達にゆっくりと近づいて行き・・・・・・

厨房の若竿

 

以前、「目覚め」で書き込みした者ですが久々に中学チンポを味わいました。

 

今回はほんと偶然にでしたが仕事帰り(8時頃)に買い物を頼まれてたのでスーパーに寄り帰る途中に通り掛かった公園のベンチで制服姿の男の子が抱き合ってる!
まだ人通りも有るのに大胆だな♪と思いながら近づくも全く止めようとしないから自分達の世界に入ってる様なんでからかってやろうかと真横迄行き相方を見てびっくり!同じ制服姿の男の子だった!

 

横のチャリの籠には〇〇市立〇中学の名前が書いてスポーツバックが入ってる。
二人はまだ私に気付かずキスしながらお互いの身体を触り合っている。
じっくりと見るとどちらも小柄でかなり可愛い感じで驚かす積りが一気にエロスイッチが入りどうにか仲間に入りたくなりました。
暫く観察してるとだんだん盛り上がって着たのが判り恐る恐るお互いの股間を触り出した。
抱き合いながら息を荒げて夢中でそれぞれの右手だけ忙しく動かし直ぐにお互いピクピクしたら暫くそのまま停止。
そこで初めて声をかけました。

 

「君たち何をしてるのかな?」

 

「えっ!・・・・」

 

「〇〇中学の生徒がこんな時間に何してるの?」

 

「いや・・あの・・部活の帰りです」

 

と小声で応えて二人ともに下を向き

 

「すいません、ごめんなさい!」

 

何度も謝り今にも泣きそうで可哀想になり

 

「別に怒るつもりで言ってるでは無くて変な事件が多いから心配で声を掛けたんだよ♪」

 

それからも適当に話しをしてたら大分落ち着いてきたようで笑顔がでだした。
彼らも自分たちの事を話し出して男が好きと言う訳では無いがエッチに興味が凄くあり意気投合してこうなったそうだ。
今までキスしたり少し触る程度で今日は夢中になってしまったとまた

 

「すいません、もうしません」

 

透かさず

 

「皆その年頃はエッチなことばかり考えてるのが普通だょ。ただ気をつけないと怖い人は勿論だけど変に真面目な人とかに見つかったら大変な事になるからね」

 

「判りました。これからは気を付けてします」

 

二人ともに何かもぞもぞしていることに気付いて聞いてみると言いにくそうに小声で「トイレに行きたい」と言って公園奥に有る新しくなったトイレに歩き出した。

でも歩き方が変でオシッコを我慢すると言うよりは出来るだけ股間が動かない様に歩いてる感じ。
あの子達はさっき確か逝ったのを思い出しそっと後を追いトイレに着くとそのトイレは左に小便器が二個と手洗い右に身障者用のと洋式の個室が1つづつ有る造りで既に自分が着いたときには一人しかいなかったので個室に入った様で残った子が私に気付いて慌てて小の方をし出した。

 

でも格好だけで出てないので

 

「パンツの中が汚れて気持ち悪いだろう」

 

と言いながら股間を覗き込むと可愛いチンコが白く濁った液でベトベト状態!
恥ずかしそうに隠そうとするが構わずにこっちを向かすと諦めたのか隠す止めまた

 

「ごめんなさい…」

 

もぅ目の前には可愛く萎縮し汚れたチンコに栗の花の臭いを嗅いでしまったら無言で手を取り身障者用の個室に入ってました。

 

「えっ!何?やだぁ~ダメだょ…」

 

などと言ってましたが構わず「綺麗にしないと」とか「このままじゃ帰れない」とか何とか言いながらその子のズボンとパンツを膝まで下ろし縮んだのを掴みペーパーで拭いたが紙が貼り付いて上手く拭けないので残りは唾で剥がしながら弄りだすと直ぐに反応して腹にくっ付く様に勃起しました。

 

その頃にはただ「あっあっ!」「アァ~」と弄る処によって喘ぎが変わるほど感じているようで壁に寄り掛かり下半身を突き出して身を任せてる。私も夢中でシャブリしてると「ダメーッ!」の後にビクッビクッと腰を卑屈かせて射精しました。

 

口の中に充満する少年の精液に溢しそうで味わう余裕もなく飲み込んでました♪
綺麗に舐め清めてから改めて少年のを見ると長さ12㌢太さ3㌢ほどで亀頭が真っ赤だからか竿は白く見えましたね!
勿論まだフル勃起状態で頭を触るとピクピクさせて我慢汁が滲み出てそれをまた亀頭に塗り親指と人指し指と中指で摘まみ擦る様に弄ると「あ~っ気持ちいい~駄目ぇ~また出ちゃうよォ!」と目に涙を溜めながら逝ってました。

 

その時になってもぅ一人の子が中に入り自分の股間をズボンの上から弄っているのに気付いたんで

 

「次、してあげるから脱いでオナニーしてて」といい先出しのチンコを清掃、勿論舌と口で後の子に見せつける様に♪

 

その子も直ぐ勃起したチンコを出して扱き出したが既に大量の先汁でグショグショでぽたぽた垂れてて凄く気持ちよさそう!
引寄せて間近で見てオナニーを止めさせて代りに握った瞬間に発射!
それも全身で痙攣する様に大量の射精で擦るといつまでも逝ってる様にピクピクしてる。

 

その後も何度か逝かせて最後には私のも弄らせ交互に舐め、オシャブリをさせて一人の子の後ろから素股の要領で差し込みもぅ一人に前で亀頭をしゃぶらせながら二本を握り扱いて果てました。

 

下半身裸の少年二人を並んで壁に寄り掛かる様に立たせ並んだ二本の若竿、それも垂直に勃起状態で我慢汁が溢れて青竿
を伝い少量の陰毛を抜け吊り上がった玉袋に流れて足元に長い糸を引きながら垂れてる。

 

二人とも潤んだ目で「早くもっと弄って」と訴えて居るしぐさにやっぱ若い子のはいいな~とあらためて思った出来事でしたね。
最後にちゃんと記念撮影はして別れました。

 

またあの公園に行ってみるかな!



同性愛者の出会い

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング