Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » イケメン » 【ゲイ体験談】イケメンに見つめられながらの駅弁は最高です・・・・・・

【ゲイ体験談】イケメンに見つめられながらの駅弁は最高です・・・・・・

Tバック×競パン

東京都在住の学生さんからの投稿。深夜、掲示板で知り合った28歳の方と多摩の某公園トイレで待ち合わせした投稿者。先に着いた投稿者はTバック一枚になり気持ちを昂ぶらせる。そしてやってきたのは、長身のスポーツ系イケメンですぐに競パン姿に。個室から連れ出され洗面台の前でガン掘られた投稿者はトコロテン状態で立っていられず・・・・・・

イケメン

 

掲示板で知り合った28歳の人と多摩の某公園で待ち合わせをしました。

その方はなかなかのSっ気があり

 

「いやらしいパンツで来て一番奥のトイレの個室でパンツ1枚で待ってろ」

 

と言われたので俺はブルーのTバックで行きトイレの個室で服を脱ぎTバックだけで待ってました。もちろんビンビンでTバックの食い込みでケツも疼いていました。

 

『トン、トン、トン』

 

しばらくすると合図のノックがありカギを開けると・・・・・

イケメンで背の高いジャージ姿のスポーツマン系の奴が立っていました。そして個室に入るなりすぐにジャージを脱ぎだしました。ジャージの下は全裸で胸筋、腹筋が凄く肩幅が広く俺は最高に興奮していました。下のジャージを脱ぐと競パンでした。モッコリが凄くて俺はたまらず顔を近付けてしまいました。

 

奴は「これが欲しかったんだろっっ」

 

と乱暴に言うと、俺の頭を掴み競パンからはみ出そうなモッコリを俺の顔全体にこすりつけてきました。

 

俺は嬉しくなってとにかく舐め回しました。生で舐めたくて競パンを下ろし食い付きました。奴は俺の頭をさらに強く掴みのどの奥まで容赦なく突っ込んできました。それでも涙を流しながら一生懸命舐めました。

それがしばらく続いて今度は俺のケツをいじり始めました。

奴はハリガタを持ってきたらしくそれを使い俺のローション仕込みのケツをいじくり回して楽しんでいました。

 

ぐちょぐちょになった俺のケツは奴の硬くて反り返ってるものをほしくてほしくて疼きまくってました。そして奴は

 

「こっち来いよ」

 

と言い個室から出てトイレの洗面台の前に俺を連れて行きバックから最奥までブチ込んできました。奴の激しい腰使いで肌と肌がぶつかり合う音が静かなトイレに響いてすごくいやらしくて興奮しました。洗面台の鏡には汗だくになりながら腰を振っている姿が映っていました。

 

ラッシュを吸いお互い最高にエロになっていました。奴の腰は弱まることはなく30分が経過しても高速に腰を振りまくっていました。しばらくして奴は

 

「体位変えようぜ」

 

言い俺を抱っこして

 

「しっかりつかまってろよ」

 

と言うと奴は俺のケツにまた入れてきました。初めてする駅弁で気持ち良くて力が抜け振り落とされないようにしっかり奴につかまりました。

 

奴は容赦なく俺のケツを鷲掴みしてグイグイ奥まで突っ込んできます。奴は俺の耳元で

 

「いいケツだぜ。」

 

と言いさらに奥へと突いてきて俺は気持ち良すぎてたまらなかったです。俺は何回ところてんしていたかわからなかったです。奴は駅弁のまま俺の中に出しました。

 

その後もビンビンでまたバックでかき回されました。
結局、俺は奴の家に持ち帰りされ、続きは奴の家ですることになりました。



 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:トコロテンの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索