Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】手コキされるがままのノンケ厨房の話

【ゲイ】手コキされるがままのノンケ厨房の話

サカユニで手コキ

東京都在住の学生さんからの投稿。サッカー部の練習後、部室で先輩と2人きりになった投稿者。しばらく雑談していたが思春期の中学生の話題は下ネタへ。オナニーの話になると冗談で先輩に股間を揉まれた投稿者。サカユニで2人きりという危うい状況がやらしい雰囲気になってしまい・・・・・・

手コキされるがままのノンケ厨房

中二のある日、サッカー部の練習を終えた俺は偶然部室で先輩と二人きりの状況となった。

 

結構仲のいい先輩だったので、しばらく色々と雑談をしていたのだが、お互い性欲真っ盛りの中学生男子という事もあって、話題はいつしかすっかり下ネタで盛り上がっていた。

 

「お前さ、自分でするだけじゃそろそろ飽きてんだろ?」

 

そんな中で先輩は、俺のチンポをユニホームパンツの上から揉んできた。

 

「先輩、やめてくださいよ」

 

先輩の顔は笑っていなかった・・・

そんな事もいつもなら単なる悪ふざけという事で流せるのだが、
二人きりという状況と、なぜか執拗に触ってくる先輩からの行為に、
俺は内心やや気まずさと恥ずかしさを覚えてならなかった。

 

しかしそれ以上に困った事は、若さ溢れる年頃という事もあって
先輩からの生々しい手付きに、俺のチンポは呆気ないまでに反応してきてしまったのである。

 

「何だよ、あっさり興奮しちまったのか?ギンギンにさせてよ」

 

「だって・・・先輩の触り方がいつもと違うんで・・・」

 

「いいぜ、俺がスッキリさせてやるから脱げよ」

 

そんな俺に対し先輩は急に変な乗り気を起こしたらしく、そう命じてきた。半ば強引に俺はパンツを脱がされ、今度は直にチンポを先輩によって扱かれた。一度勃起し始めた俺のものはもう勢いを止められず、瞬く間にギンギンになっていき、いよいよ性感を敏感にさせていった。

 

「ああっ・・・」

 

相手が男とはいえ、俺にしてみればそれはオナニーとは違う新鮮なものがあった。いつしか俺は、そんな先輩のされるがままチンポに意識を集中しすっかり身を委ねる形となっていた。

 

「へへ、何かやらしいな。お前ホントに欲求不満みたいだな」

 

そう言いながら、先輩はいよいよ手の動きを激しくさせてきた。

余った皮がカリを刺激しチンポがビクつく、

 

「それ以上は・・・マジでヤバいっす・・・」

 

「いいじゃん、出しちまえば」

 

何気ない様子で先輩はそう言ってきた。俺はそのまま、先輩の手で扱かれながらあっさりと射精へと達してしまった。

 

それは俺にとってこの上ない解放感と爽快さを覚えるものだった。

それでこの日は終わって俺達は帰ったのだが、その後も何度か先輩とは手コキをしたりされたりという仲になったのだった。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:ノンケの最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    手こきで止まるあたりか可愛いわw

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング