Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » 出会い系掲示板 » 【ゲイ体験談】妥協して掘った熟年はいい感じのトロマンでしたwwwwww

【ゲイ体験談】妥協して掘った熟年はいい感じのトロマンでしたwwwwww

半泣きの中年親父

岩手県在住の20代の投稿者。性欲旺盛な年頃なようで、ネットで相手を捕まえては誰にでも種付けしてしまう変態さん。先週は父親ほどの年齢のおじさんを捕まえて呼び出した。一方的にひたすら快楽を貪るオラオラセックスの末は・・・
熟年のトロマン

 

先週末、溜まってたので掲示板に誰でも良いからケツ貸して!と書き込んだところ、46歳のオヤジからアポがあった。

 

他にはアポが無かったのと、バックだと顔も見えないからとにかく抜きたくて公園の身障者用トイレで即堀り出来るようにケツマンにローション塗って洗面台に向かってケツ突き出して待ってるようにとメール入れた。

 

公園に向かう途中、準備出来ましたとウケオヤジからメールが入った。

俺のマラはとにかく抜きたくてギンギンに勃起してたので、トイレへと急いだ。

 

トイレに入る直前でウケオヤジに鍵開けて、ケツ出しでいろとメールすると、そうしますと返信がありトイレに到着。

 

トイレに入るとウケオヤジは言ってもないのに全裸で洗面台に上半身を乗せてバックで出来るようにケツを突き出して待ってた。

照明が点いていたのでウケオヤジのケツが丸見えで、歳のわりにプリケツで穴もビロビロと言うわけでも無く良い感じだったが穴の周りは真っ黒変色していた。

 

俺は下半身だけ脱ぎ、ウケオヤジに近づいた。
俺はウケオヤジのケツを掴み、左右に拡げて準備出来てるかどうか確認した。

ウケオヤジはメールの指示通り、ローションをたっぷり塗ってやがったので、まだすぼまったウケオヤジの尻穴に早く抜きたくてギンギンになったマラを押し当てた。

ウケオヤジの尻穴はすぼまりをゆっくり緩め俺のマラをズブズブと根元まですんなりと受け入れた。

 

すぼまって見えた尻穴のわりに入り口は緩めで即掘りには丁度良い感じで、いきなりガンガンに腰を振って突き入れてやった。

 

とにかく早くぶち込みたかったので、生で入れてやるとウケオヤジは「はぁ~」と喘ぎながら腰を押し付けてきた。

 

すぼまって見えたウケオヤジの尻穴は入り口こそ緩かったものの、奥は絡みつくトロマンで2週間は溜まってた俺のマラは、すぐに出そうになった。

 

ウケオヤジは外出しでケツにかけてとメールで書いてたが、俺はお構い無しに一気に中出ししてやった。

ウケオヤジは半泣きでいたが、入れたままの尻穴はヒクついていた。

 

俺のマラは溜まってたせいもあって一発抜いた程度じゃ治まらなかった。

入れたままでいるとウケオヤジの尻穴の奥は絡みつくようにヒクつき、その刺激で俺のマラはほとんど萎えずに二回目の勃起。

 

半泣き状態のウケオヤジのケツを又、ガンガン突き始めた。
ウケオヤジも半泣きのまま、突きに合わせてケツを前後にゆすり始めた。

トイレ中にローションと一発目の俺のザーメンでグチョグチョのウケオヤジの尻穴と俺のマラが出す音がジュブジュボと響きウケオヤジの尻穴は奥深くに入るようにケツをガンガンと俺の腰に打ち付けて来た。

 

俺は二発目も中に全部吐き出し、すっきりしたので帰り支度をはじめた。

 

足をガクガクと痙攣させながら床に倒れこんだオヤジは、女のような上目遣いで俺を見上げてきた。

 

なんかイラっときたので、再度洗面台の前に四つん這いにさせた。

 

ケツを思いっきり叩くと、「ブビッ!」と下品な音と共に俺のザーメンを尻穴から噴出した。



 

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメント1件

  1. ゲイの名無しさん より:

    たまにスッゲえー気持ちいいケツしてるヤツいるよね。あれがトロマン?どんな構造してんだろw

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング