ホーム » SM調教 » 【ゲイ】変態兄貴に仕込まれ淫乱にされた田舎モノの話

【ゲイ】変態兄貴に仕込まれ淫乱にされた田舎モノの話

変態兄貴に仕込まれ淫乱

 

俺は東北の田舎に住む31歳淫乱スジ筋リバ。
露出やフィストとかSMっぽいのにも興味あって、「拡張希望」で変態画像付きで投稿してみた。
近所に住む長身がっちりの変態タチ兄貴からメールが来て、コックリング嵌めてケツには特大ストッパーブチ込んで、前日から先走りで汚れたパンツ穿いて待ち合わせ場所に行った。。。

 

ホテルにつくとお互い緊張からか、なかなかきっかけが掴めない。
ようやく兄貴が俺のケツのプラグをジーンズ越しに弄り始めると、そこからはもう一気に淫乱モードに。

 

メールのやりとりの時から「5」の話があって、俺は以前から興味はあったもののちょっと恐くて試せずにいた。
色んな掲示板の体験談でその効果は知っていたが、正直半信半疑だった。
でも、ものは試しと思い兄貴にケツを向け受け入れ、しばらくおとなしくしていた。

 

兄貴に体をまさぐられながら待つこと約15分、なんだか鼓動が急に激しくなってきた。

口の部分だけが出るように、頭全体をビニールのようなもので覆われ、うつぶせの状態で手足はテーブルに縛りつけられた。
興奮は普段と比べものにならないくらい激しく、いつのまにかケツを振っておねだりしてた。

 

指がマンコの中でグリグリ回転する。
両手の親指を除いた8本をすっぽりとくわえ込むと、自分でも信じられないような叫びにも似た喘ぎ声をあげていた。

普段は「気持ちいい」とか「すげぇ」くらいなのに、

 

「早く掻き回してくれよ」とか

「ちんぽ欲しい~」とか

「兄貴の専属の奴隷にしてくれ」なんて口走っていた。

 

ちゃんと意識ははっきりしてるのに夢の中にいるような不思議な感じだった。
ラッシュ入るとさらにぶっ飛んで、もうなんでもできそうな気分。

 

ケツを執拗に攻められ、口が寂しくて仕方なくなってきた。
兄貴におねだりすると、ビニールのパンツから蒸れたマラを引きずりだして俺の口元まであてがった。

目隠しされてた事もあったが、とんでもなくデカい!
直径5㌢は間違いなくある。
その太さに俺はマジで驚嘆し、夢中でむしゃぶりついた。
臭いはずのマラは最高にうまかった。
キスもこのまま食べられてしまいたいくらいとろけそうな気持ちよさだった。

 

その後何度も落ち着きと興奮を繰り返しながら、最後は風呂場で兄貴のションベン浴びて、変態マンコに生マラ生タネもらった。自分の本性が垣間見えて、すごく楽しく貴重な一日だった。
別れてからもまだキまっててガマンできなかったので、公衆トイレで張り型ぐちゅぐちゅいわせながらラッシュ喰らってオナった。。。



※現在、投稿受け付けは締め切らせて頂いてます。 年内に兄弟サイトがオープンします。読者たちに体験談を評価してもらいランキングになるサイトです。更に、ランキング上位のお話は電子書籍にもなります! サイトオープンまで体験談投稿はお待ちください★

 

カテゴリ:SM調教の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
SP+PC(7日間集計)
webmaster様
アクセスランキング