ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】生交尾乱交で部屋中種臭くてたまんない!!!!!!

【ゲイ体験談】生交尾乱交で部屋中種臭くてたまんない!!!!!!

生交尾乱交

 

「種まみれになりてぇんだろ?」

 

「種付けるぜ!マンコ締めろ!」

 

「お~マンコたまんねぇ!種マンたまんねぇ!」

 

「オマンコに種付けして孕ませてください!」

 

「孕ませちまえよ」

 

「孕みてぇ~!」

 

夕方からはじまった乱交は10時をまわってもおわるどころか、いっそう狂乱度を増していた。ナマ交尾の臭いと音が充満していた。

 

タチ2人ウケ1人でスタートし、出入りもあって今はタチ4人で、ウケは最初からいる1人が全身マンコ状態で上下のマンコを生マラで串さしにされていた。

ゴメ切れたら追いゴメして、タチは3飲みでゴメってる奴もいた。

 

今日の主役はウケ一匹の功一、水泳部OBの24歳。

最も年上で主催者でもある俺はビー部OBの29歳でマラはカリ高の20cmはある。

 

功一とはセフレだ。週に1度は俺の種を付けている。
3+5で完璧にエンジン全開の俺は種がこってり種付けされた俗にいう種マンに感じる。
パックリ開いたマンコからだらしなく涎のように漏れてくる種汁をすくいとって、自分のマラに塗りのばしてハメるのが特に感じる。
ジュプジュプ音たてて泡だった無毛のマンコがたまらなく好きだ。

 

その日も功一ともっと変態交尾がしたいということで乱交を企画した。
功一のマンコはパイパンで名器ですでに4発は種付けされていた。
功一の種マンコを根元まで突き刺して、一気引き抜いた。
バックリマンコに穴があく。
手を添えずに腰をグイッと突き出すとズボっとマラをくわえみ、マラとマンコの間から誰のかわからない種汁があふれ出てくる。

種マンの醍醐味だ。

 

あふれ出る種をそのたびにマラに塗ったくってはハメ込み、腰をパンパン打ちつけるたびにジュルッ、ジュルッとまた種が漏れだす。
ザーメン交尾、種交尾だ。
普通のオイルとは比べものにならないくらいヌメリがたまらない。

 

そして、功一の口マンにはヒロキのマラがぶちこまれていた。
ヒロキは俺と同い年で、俺とつるんでは、種をまきちらしている種馬同士だ。俺に劣らずナマ好き、種付けフェチだ。
ただ俺と違うのは自身マンコも感じることだ。

相手がいないときは俺の種処理もする。

 

ヒロキは人差し指で俺と功一の結合部のマラについてる種汁をすくい、舐め、さらに自分のマラに塗り、功一の口マンコに生チンをぶちこんでいる。
そしてヒロキのマンコには、20代半ばといっていた別のマッチョタチが、
これまたデカマラをぶちこんで腰をグラインドさせていた。
マンコをマッチョマラに犯されながら、ヒロキの血管浮き出たマラは功一の口マンを犯していた。
喉奧を突いては引き抜き、功一の唾液と種汁のついたマラを功一の顔に塗りたくり、功一の顔は汁でてかっていた。

 

部屋中が種臭い。
功一のケツは名器だが口マンもオマンコ穴だ。
ヒロキの種臭いマラをうまそうにしゃぶる。
さんざんぱら功一にはめていた俺はやがて種付けの時をむかえた。
トロットロの功一のマンコの一番奥にに中だしだ。

 

「功一たまんねぇよ!そろそろ種付けるぜ!いいか!種食らえよ!イクぞ!イク!イク!種出すぞ!ヒロキ見とけよ!」

 

腰をより大きく振ってピストンしながら、口マンを犯しているヒロキに見せ付けるように、最後は俺のチン毛が功一のマンコにこすりつくぐらいに深く結合させた。
マッチョタチに自分のマンコを掘られながら、功一の口マンを犯していたヒロキも俺の種付けを間近でみながら、

 

「やべぇ、イク!俺もイクぜ!イク!イク!」

 

口マンからマラを引き抜いて、俺のマラが抜けたばかりの功一の後ろにまわり、一瞬間に合わずに、射精の第一波こそマンコの入り口にピシュッと勢いよくひっかかったが、俺の種がヌラヌラしているマンコにズブズブと音をたてて、まさに射精中の生チンをぶちこみながら、

 

「お~種付けたまんねぇ!種入ってく!種入ってく!」

 

中出しビデオのように何度も腰を突き出し種付けた。
功一はあっという間に5発目、6発目の種を仕込まれた。
最後の一滴まで漏らさず仕込んでヒロキも種付けしたばかりのマラを引き抜いた。

 

功一は肩で息をしているが息をするたびにマンコからゴボッゴボッと種が漏れる。
俺は普段は抜かずに2発は中出しするくらいだから、マラがおさまらない。

 

「功一、もったいないから種漏らすなよ!」

 

あふれ出てくる種汁をマンコに亀頭で戻しながら、空いた穴にゆっくりマラをさしこんでいった。

 

「種入ってるぜ!功一マジ孕めよ!誰のガキでもいいから孕んじまえよ!種マン最高だぜ。」

 

ヒロキやマッチョタチに見せ付けるように、聞こえるようにわざと口に出しながらゆっくりマラを出し入れしながら種マンを楽しみ、種をマンコの襞にこすり付けた。ヒロキがたまらず下に潜り込み結合部を舐めだした。

 

「うめー!種うめー!」

 

ヒロキの口のまわりはしたたり落ちる種まみれだ。
今度はマッチョタチがたまらず結合部を舐めているヒロキの足を持ち上げ、マンコで交尾をはじめた。
さらにあとからきたガチムチ野郎が功一の空いた口マンにチンポをぶちこむ。

 

功一は再び前後に生チンをはめられ、結合部をヒロキに舐められ、ヒロキのマンコにはマッチョタチのマラが。ナマ乱交はまだまだおわらない。
マッチョタチは思い切り腰振り出した。
ヒロキはべろべろと俺の功一と結合しているマラを舐めて、種まみれのツラだ。ガチムチ野郎が口マンだけで満足せず、

 

「二本サシやりてぇよ。ナマで同時にマンコハメようぜ!」

 

といいだし、さっそく功一の下に入り功一のトロマンを突きあげた。
またたく間に、ガチムチ野郎のマラは種まみれになり、功一のおまんこで交尾はじめた。
俺はすぐにトロマンとガチムチ野郎のマラのすきまからてめぇのいきりたったマラを挿入した。

 

「ナマ二本最高だぜ!おまんこたまんねぇ。功一、オマンコ緩んでんじゃねぇのか?二本簡単にささってるぜ!オラこするぜ!」

 

ガチムチのマラにこすりつけるように、俺はマラを出し入れした。
ザーメンオイルでよくすべる。
マンコ襞とマラがこすれて俺のマラからも汁がでる。
ヒロキに二本サシ見せ付けるようにしてやると、

 

「種舐めてぇ!生交尾たまんねぇ!」

 

と言いながら、舌の先でレロレロと功一のトロマンと二本のマラを舐め回した。

 

「ア~ン マンコもっとはめてください。かき回して~!マラいい~!タネほしい!」

 

先に帰った奴のも含めて6発の種汁がミックスされてすげー種とラッシュの臭いだ。二本のマラの間から種が溢れてとまらない。
俺は指4本でとって功一の口につっこんだ。
功一はうまそうに指をなめとった。



 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:乱交の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング