ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】ゲイに興味津々なノンケ後輩の結末・・・・・・

【ゲイ体験談】ゲイに興味津々なノンケ後輩の結末・・・・・・

ゲイに興味津々なノンケ後輩

 

大学時代は「俺、ゲイだから」と親しい友人には結構カミングアウトしてました。

 

ひとり、結構親しくなったノンケの後輩がいたんだけど別に僕のタイプじゃなく、その日も適当に数人で飲んでました。

遅くなったんで、別になんの変な気持ちもなく、俺はそいつの部屋に泊まらせてもらうことになったんです。

 

そのあと、そいつの部屋でも軽く飲んでたら

 

「○○さんって、ホモってききましたけど、ほんとに男に興奮するんですか」

 

って、いきなり直球できかれました。

まあ、嘘言っても仕方ないんで

 

「そうだよ」と認めたら、

 

「俺のを見ても、興奮するんですか」と言うんだ。

 

別にタイプのノンケ顔じゃなかったんですが

 

「まあ、興奮するよ、そりゃあ」と応えました。

 

そのあとも、あまりいろいろきいてくるので

 

「おまえ、見せろよちょっと」

 

と、軽く言ってみちゃったんです。そしたら

 

「いいですよ」

 

と、いきなり、そう、いきなりチャック下げて、ベローンと出してきたんです。もうこっちはびっくり。

軽い包茎でしたが、まあ、結構でかいんで、なんかいきなり興奮してきて

 

「いやあ、こりゃあいいもの見たよ」

 

と、気持ちを抑えて話をしたんですが

 

「へえ、お得ですねえ。男のモノ、見て興奮できるなんて」

 

と言いながら、自分のモノを引っ張ったりして見せてる始末です。

 

「おまえ、そこまで見せるなら、酒のつまみに、全部脱げよ」

 

と言ったら

 

「いいっすよ、別に。減らないし」

 

と、いきなりズボンとトランクスを脱いで、下半身裸になっちゃったんです。なんだか、そのシチュエーションに異様に興奮してしまって

 

「おお、なんか興奮して来ちゃったよ」

 

と俺も話をして、結局は手を伸ばして包茎の長~いモノを触らせてもらうことにしちゃいました。

すべすべしたぐにゃっとした触感なんですが、揉んでいたらすぐに硬くなってきて、そしたら皮がぐぐっと剥けてきて、立派なモノになってきました。

 

「へえ、こんなことしてもらって、気持ちええのに先輩も興奮してるんでしょ?ホモって不思議ですねえ」

 

とか言いながら、全く恥ずかしがらないのです。

俺のほうは、もう我慢できなくなって下腹部から上半身まで手を伸ばし、服をめくりあげて、ほぼ全裸状態に近い後輩の身体を、もう至るところ、まさぐり触り、揉みました。

 

尻の穴もチェックし、指まで軽くつっこみました。

別に筋肉質の奴ではなく、軽く贅肉もついてるんだけど、なんだかそれがまた、異様にいやらしく感じるようになっしまい、どんどんエスカレートしました。

 

「なんだか、ちょっと凄い体験ですねこれ」

 

とか言ったノンケ君後輩は、そのうち

 

「ああ、ちょっともうダメですよ。これ、イっちゃいます」

 

といって、いきなり拒否を始めたんです。だけどこっちは

 

「心配すんなって。」

 

と、もう半ば強制的に続けました。

結局最後は、いきなり何も言わずに発射されました。

 

発射したとたん

 

「しまった」

 

とノンケ君は発しましたが、もう凄い量。

俺も、とにかく発射したくて、でも彼の前で見せる気もなかったんですが

 

「ああ、汚れちゃった」と彼はいいながら

 

「ちょっと風呂で洗います」と言い出しました。

 

結局俺は「おまえの身体、洗わせてよ。俺もそこで抜くから」

 

といって、狭い風呂場で、彼の身体を洗ってやりながら、最後は彼のモノを握りながら、超大量発射で果てました。

 

そいつとは、その翌日以降も全く今までと同じつきあいで、いったいこいつは何て変な奴なんだと、本当に不思議に思いました。



 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング