ホーム » 出会い系掲示板 » 【ゲイ体験談】周りのマンションから丸見え状態で玩具にして頂きました!!!!!!

【ゲイ体験談】周りのマンションから丸見え状態で玩具にして頂きました!!!!!!

丸見え状態で玩具に

 

僕は知らない人に乳首を舐められるのが大好きです。

ちんこより乳首が感じます。

ちんこだけ弄られても感じませんが、乳首を舐められながらちんこを触られると、すぐに汁を漏らしてしまいます。

 

先日も乳首を舐めてもらいたくて、掲示板で適当に相手を探すと、1人イケてるプロフの人がいました。メールを送ると感触がいいので、

 

《目隠し待機するので、悪戯しておもちゃにして欲しい》

 

と送ると、すぐに来るということになりました。
僕はケツにハリガタを入れて、部屋の鍵を開け、
冷房も温度低めにして、全裸でマンションのベランダに寝転がって待ちます。

 

ドアが開き、中に入ってくる気配がしました。
その人は部屋に入って、ベランダでアナニーしている僕を見つけると、すぐに全裸になったようでした。
そして、ベッドの横に来て、すぐに舌の先で僕の乳首を刺激してくれました。

 

僕は「アン、アン」と、声を大きめに出します。

 

「最高!」「ダメ、感じちゃいます」

 

とか言うと、相手もノッてきて、いろんな言葉責めもしてくれるようになります。

 

僕は目隠しをされたまま、相手のちんこを探し、手でシコシコしてあげます。

 

「先輩のチンコ食べさせてください」

 

とお願いして、口にちんこを入れてもらいます。
目隠しをして、誰かわからない男のちんこをしゃぶり、乳首を攻められ、アンアン言うだけで、僕は最高に幸せになります。

 

周りのマンションからも、よく見たら丸見えです。
僕は、構わず自分から腰を動かしました。
その人に乳首を舐められながら、ちんこをしこられて、おしりのハリ型も出し入れしてもらいました。

 

「入れてもいいか、変態」

 

とその人が言うので、

 

僕は「はい、最高です」と答えます。

 

僕は四つん這いになって、両手でおしりを広げます。
さっきまで口に入っていたちんこが、いやらしい音をたてて僕のけつまんこに入ってきます。

 

「アンアンアン」

 

と、僕は突かれる度に声を出してよがりました。暫く掘られると、

 

「イクイク!!」

 

と言って、チンコから精子が出ているようでした。

 

その人は、すぐに「じゃあな」と言って去っていきました。

 

僕は目隠しを外して、出されたばかりの精子を使って、またアナニーします。ケツを外に向けて、わざと向かいのマンションから見えるように。

 

白いカーテンからいつものように目線を感じます。

僕は知っているんです。
向かいのマンションの高校生が、いつも僕のセックスを、カーテン越しに覗き見しているのを。

普段も、スーツと学生服ですれ違うこともある高校生に見られていることに、一番興奮しています。

 

いつか、そいつに犯されることを夢に見ています。



 

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング