ホーム » 発展場 » 【ゲイ体験談】床屋の店主が短髪髭の見覚えのある奴だった結末・・・・・・

【ゲイ体験談】床屋の店主が短髪髭の見覚えのある奴だった結末・・・・・・

床屋の店主が短髪髭

 

こないだ、近くにできた床屋に行ったんだよね。
仕事帰りに外を通ったら、そこ30くらいの兄ちゃん1人でやってるらしくて、髭・短髪のゲイテーストいっぱいなんだよね。

 

年上、髭好きの俺は、短髪はやっぱ床屋。
それにイケてるタイプの奴に切って欲しいじゃん。

 

ところが、いざ店に入ってみると、そいつ見たことあるんだよ。
いつだったか、埼玉の脱ぎ系のヤリ部屋で人前でガツガツ掘られてたの覚えたんだよ。
タイプだったし、みんなが見てる通路で掘られまくってた。
かなり淫乱な奴で、それから何度か通ってみたんだけど、
それから会ってなかったから、俺は結構心臓バクバクでカットしてもらったんだ。

 

そして、シャンプーで寝かされてる時に、掛けてあるバスタオルの中でチンコ出して扱いてやった。
俺のまぁデカいから、ハッキリわかってるハズ。

 

その後、ドライヤーかけてもらってる時に、肘を突き出してそいつのエプロンした股間に肘を押しつけてやった。
そいつ自分の股間を俺の肘押しつけてくるだ。

これで決まったようなもんだろ。

 

2日後、閉店間際にもう一度行って、髭とシャンプーだけやってもらうことに。
俺は三連コックリングして、ポケットに⑤をしのばせて準備はOK。
やっぱそいつ淫乱だった。

 

前にかけてあるバスタオルの中でチンコ出して扱いて、それを見せただけで何も言わずに、黙って跪いてしゃぶってくれたんだ。

 

その日、夜中まで俺はそいつのケツマンコに生種2発、喉マンコに1発流し込んだぜ。
狙った獲物を落とす感覚がたまんねぇーのと、場所が、なんか俺をいつもよりかなりエロくさせてくれたんだよ。
そいつは、俺が帰る時まで会話らしい会話もせず、喘ぎ声だけあげてたぜ。

 

そいつは掘られながら、ザーメン何度も漏らすみたいに垂らすし、そいつのマンコ、キメたらかなりの極上マンコ。

掘りながら乳首弄ると、吸い付くようにキュッキュッとマラを銜え込むし、なかなかケツマンコ掘ってイカねぇー俺だけど、大満足だったぜ。

 

そして俺の携帯には、そいつが俺のチンポうまそうにしゃぶってる顔付き画像が入ってるんだ。この次は、小便飲ましてやりてぇーなー。



 

カテゴリ:発展場の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
アクセスランキング