ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】厨房が初めて掲示板に募集かけてみた結果・・・・・・

【ゲイ体験談】厨房が初めて掲示板に募集かけてみた結果・・・・・・

初めて掲示板に募集

 

俺はドMです。そんな俺の体験談を聞いてください。

 

中2の夏に携帯を買った。

 

すでに自分をゲイだと気づいていたので、すぐにゲイサイトにアクセスしてみた。
とにかく経験してみたかったので、募集をかけ、とどいたメールの中に、ひとつ気になるメール。

 

「182.68.26 返信くれるとうれしいな」

 

そこに写っていたのは、向井理似のイケメンだった。

サラリーマンらしい。

 

すぐに返信し、約束を取り付ける。
俺は一人っ子だし、両親は共働きで帰らない日も多い。
なので外泊するのは簡単だ。

 

約束の日、仕事帰りという相手に合わせて、午後6時に駅前にいく。
顔写真は交換していたので、すぐにわかった。画像よりも、かっこいい。
声をかけると、微笑みながら返してくる。

そのまま、ファミレスに向かった。

 

「何年生だっけ?」

 

「中2です」

 

「かわいいね」

 

「あ、ありがとうございます」

 

「オナニーしたことある?」

 

「やり方よくわからないです」

 

「彼女はいたことあるかな?」

 

「告白されたけど断りました……」

 

そんな会話もとい質問責めをされつつ、食事をとった。

 

「うちいこうか」

 

正直、やめようかとも思ったが好奇心は抑えられなかった。
ついたマンションはなかなかの広さだった。
少なくとも独りで住むには広すぎると思うくらい。
そこでやっと名前を聞いた。苦笑いをしつつ、

 

「しょうだよ」と教えてくれる。

 

しょうさんは部屋につくと、着替えを始めた。
ソフトに鍛えられた体に思わず見とれる。

それに気づいて、しょうさんは笑った。

 

「DVDみてみる?」

 

DVDは見たことがない。首肯するとセットを始める。
筋肉質なタチと華奢なネコのDVDだった。
完全に勃起する。

いつもはそれがおさまるのをただ待つが、しゅうさんが居る今日は違った。しゅうさんが俺を抱くようにして座る。

 

「カチカチだな」

 

改めてそういわれるとすごく恥ずかしい。

 

「これをもっと気持ちよくさせよう」

 

そう言って俺のちんこを握った。

 

「かわいいサイズだな」

 

俺のは普通で5センチ、たっても11センチくらいだ。

 

それをしゅうさんは大きな手で掴み、しごき始めた。

 

「あ、あ、あ、あ……ん」知らないうちに声が漏れてしまう。

 

「気持ちいいだろ?」

 

声が出せなくて、何度もうなずく。やがて俺はイった。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
webmaster様
アクセスランキング