ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】同居していたショタコンオヤジの性奴にさせられた話

【ゲイ】同居していたショタコンオヤジの性奴にさせられた話

ショタコンオヤジの性奴

 

僕と中年おじさんの性生活が始まったのは、約12年前のことです。

 

当時、10歳の頃の僕のお母さんはシングルマザーで、スナックのママをしていて夜働きに出ていました。

ある時、お母さんがお客さんの一人を家に連れて来て、これから一緒に住む人よと言ったのが中年おじさんでした。

中年おじさんは僕に優しく接してくれたのですが、一緒に住むということには抵抗がありました。

 

中年おじさんは都内に家を持っていて、そこに僕とお母さんも住まわせてもらうことになりました。

死んだ親から譲り受けた家だそうで、お母さんの店からも僕の学校も近かったので、都合が良かったのです。

 

僕とおかあさんと中年おじさんの共同生活が始まりましたが、中年おじさんは働いておらず家にいて、お母さんが夕方から次の日の朝方まで働きに出ていました。

中年おじさんは家にいる代わりに家事や僕の面倒を見る、いわゆる主夫という役割だったようです。

 

中年おじさんは僕にとにかく優しくしてくれて、食事や学校の用意などよくしてくれました。

ある日、夜中にトイレに起きると、中年おじさんの部屋から明かりと声が漏れていました。

トイレは中年おじさんの部屋の奥にあったので、まだ起きてるんだなくらいに思って通りかかると、小さな子供の声が聞こえました。

 

あれっ?

 

と思って部屋の入口のフスマを少し開けて中を覗くと、中年おじさんが裸でパソコンに向かってなにやら見ていました。

 

パソコンの画面には小さな女の子が裸になって、大人の男のちんこを舐めさせられたり、無毛の割れ目に無理矢理入れられたりする 映像が映っていました。

中年おじさんは全裸で椅子に腰掛け、背もたれに寄りかかって手を股間に伸ばして、モゾモゾ動いていました。

 

中年おじさんがおちんちんをしごいてる・・・。

 

頭が真っ白になって怖くなり、息を飲んだ時に音がしたのかもしれません。中年おじさんが急に後ろを振り返ったのです。

慌てて僕はフスマから離れて、トイレの方に歩み去りました。

トイレの中で耳を澄ませましたがフスマの開く様子はなかったので、気付かれなかったんだと安心しました。

 

翌朝、中年おじさんは何事も無かったように僕を学校に送り出してくれました。 中年おじさんは小さな女の子が好きなんだな…。

じゃあどうしてお母さんと付き合ってるんだろう?

と学校にいる間考えていました。

 

家に帰って来てみんなで早めの夕ご飯を食べた後、お母さんがいつもどおり出かけていきました。

中年おじさんはお風呂を沸かしてくれて僕に入るように勧めます。

 

僕がお風呂で体を洗っていると、戸がガラリと開いて裸の中年おじさんが入ってきました。

中年おじさんとお風呂に入ったことはなかったので僕が戸惑っていると、中年おじさんが頭を洗ってくれると言いました。

僕を向かい合わせに座らせて、髪の毛を洗ってくれます。

僕の髪に指を通しながら、中年おじさんが言いました。

 

「つかさ君は髪の毛が長くて女の子みたいだね。おちんちんが付いてなかったら見間違えちゃうところだよ」

 

当時僕は滅多に散髪してもらえなかったので、肩まで髪を伸ばしていました。

お湯をかけられている間何とか目を開けてみると、目の前に中年おじさんのチンポが見えました。

下を向いている僕の顔先に、ギンギンに勃起して上を向いているチンポが迫っていました。

慌てて体を起こした僕の無毛の下半身を見て、中年おじさんが手を伸ばしてきました。

 

「ここもちゃんと皮を剥いて中まで洗ってるか?洗わないとチンカス溜まっちゃうぞ?」

 

そう言って僕のおちんちんの包皮に指をかけて、優しく剥いてきました。 他人におちんちんを触られた事のない僕は、ビクンと大きく反応してしまいました。

やめてと言いましたが、中年おじさんの指は僕のおちんちんを挟んで離してくれません。

中年おじさんはリンスを僕のおちんちんの先に垂らして、指の腹でヌルヌルと亀頭を擦ってきます。

 

僕は腰が引けてましたが、痛い程の気持ち良さが腰の中を走って、力が入らなくなっていました。

中年おじさんは皮を伸ばして亀頭の隅々まで洗ってくれました。

中年おじさんの肩につかまって快感に耐えている僕の顔を中年おじさんが見ています。

急に中年おじさんは僕のおちんちんを玉の方まで手で包み込み、ギュッと握りしめてきました。

 

「痛いっ!」

 

と僕は逃れようとしたのですが、中年おじさんの手は力を込めてきて離してくれません。

中年おじさんは僕の性器を握り締め、捏ねるように動かしながら聞いてきました。

 

「昨日、ホントは見てたんだろ?中年おじさんがロリ動画で抜いてたところ・・・。中年おじさんのオナニー覗き見たのか?」

 

僕はやめて欲しくて頷いてしまいました。

中年おじさんはさらに手に力を入れて僕のおちんちんを締め付けてきます。

その時、僕は中年おじさんの手の中にお漏らしをしてしまったのです。

ドクンドクンを波打つように快感とおしっこが押し寄せてきて、おちんちんから吹き出しました。

 

中年おじさんはやっと手を離してくれて、濡れた手を見て言いました。

 

「お前、まだ精通してないんだな。ほら、まだ精液が出てないから透明なぬるぬる汁だけだよ」

 

中年おじさんは手の中の僕の出した液体を舌で舐め取ると、放心している僕の股間に顔を埋めてきました。

まだ汁が糸をひいている僕のおちんちんを口に入れると、表面をレロレロと舐め回してきて、玉の方まで飲み込む勢いでチュウチュウ吸い始めました。

生まれて初めておちんちんを舐め吸われた僕は、イッた後もあり訳の分からなくなるくらい大きな快感に襲われ、 腰が抜けてされるがままになっていました。

 

「中年おじさんはな、女の子が大好きなんだが、お前みたいな可愛い男の子も好きなんだよ。ほら、今度は中年おじさんの射精するとこを見せてやる」

 

中年おじさんは僕をバスマットの上に押し倒し、顔の上に跨ってきました。

中年おじさんはシックスナインの体位で僕のおちんちんを吸い、自分のチンポを僕の口に入れてきました。

 

僕はもっと気持ちよくなりたくて、思考停止したまま中年おじさんのチンポにむしゃぶりつきました。

しばらくお互いの性器を舐め合っていると、中年おじさんの亀頭が急に膨らみ、熱くてドロッとしたモノが口の中に溢れました。

 

僕が吐き出そうと顔を背けようとしましたが、中年おじさんの下半身がさらに迫ってきて、チンポを奥に入れてきました。

息で苦しくなった僕は口に出されたものを飲み下しました。

 

中年おじさんは精液を舐め取らせながら、僕のおちんちんを撫でながら言いました。

 

「いいか?お母さんには秘密だぞ?これからもお前を優しく可愛がってやるからな」

 

その日から僕は中年おじさんの女の子になる性活が始まりました。



 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。

また、サイト内には他のゲイサイトへのリンクもたくさんありますが管理人もお世話になっている優良サイトのみですので安心して気になる記事をクリックしてご覧になってください。

体験談の投稿も随時募集しております。読み応えのある作品はSNSなどで拡散され、数十万人の方に読まれています。興味のある方はどしどしご応募ください。
シチュエーション
ご近所検索
webmaster様
アクセスランキング