ホーム » イケメン » 先日カフェで一目惚れしたイケメン兄貴と念願のセックスしたゲイ話

先日カフェで一目惚れしたイケメン兄貴と念願のセックスしたゲイ話

超イケメンの変態ウケ

千葉県在住の社会人さんからの投稿です。東京に遊びに行った時のこと。友人に連れられて行ったカフェでとんでもないイケメンを見かけたという。俳優?モデル?まあ、何にせよ自分とは無縁の人種だな程度に見ていたのだが・・・・・・
爽やかイケメンのフェラチオ
これは先日東京に旅行に行っていた時の話。

昼過ぎ、新宿近くのカフェで友人とお茶していると、隣の席に超イケメンのガタイ良しの兄貴とその連れらしき二人組が座ってきた。

そのイケメンぶりに、友人の会話が全く耳に入って来ないw

気になり過ぎてチラチラ見ていたんだけど、なんとなく兄貴と目が合った気はした。

しかもうっすら微笑んでいたような感じだった。

この時は、まさか自分に気があるなんて思いもせず「こんな兄貴とヤれたら最高だろうなぁ…」と思いながらも、その場を後に。

すると、奇跡的に数時間後にその兄貴からアプリでメッセがあったんだ。

嘘みたいな話だけど、かなり自分のことがタイプだったらしく、話の流れでエッチの話に。

『俺の種がほしい』と言うので、『じゃあ、明日生チンポで犯してやる』って話をするとかなり喜んでいた。

そして当日、兄貴の自宅へ。

玄関に入るなり、兄貴は競パン姿。

ん〜、やっぱり超カッコイイわ。

で、ケツにディルドぶっ刺したまま、俺のズボンに手をかけ、貪り尽くすように奉仕し始めた。

超イケメンが、とんだド変態だぜ。

兄貴のフェラは極上で、喉奥までしっかり咥え込んでくれるもんだから、あまりの気持ちよさにイキそうになった。

グッと我慢して彼を四つん這いに。

競パンをズラすと真っ白な日焼けのコントラスト跡とぶっといディルドが露わに。

ディルドを弄ってやるとこれまたいい声で鳴きやがる。

すると兄貴が「早く、、生チンポほしい…」と恥ずかしそうに言ってくるもんだから、ディルド遊びもそこそこに生チンポ挿入。

遊んでるからか、スルッと入った上にかなりのトロマンだった。

奥まで突くたびに、彼の雄っぽい低い雄叫びが部屋中にこだまする。

バック、正常位、騎乗位と一通り楽しんだ後、最後にまたバックの態勢にした後にしっかり種付け。

あんな極上のイケメンとやれたのは久しぶりだったな。

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。