ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】露出オナ目的で成人映画館に行ったノンケの結末・・・・・・

【ゲイ体験談】露出オナ目的で成人映画館に行ったノンケの結末・・・・・・

露出オナ目的で成人映画館

もう10年くらい前のことです。

初めて上野の地下にある成人映画館に入りました。

当時そっちの趣味はほぼありませんでしたが露出好きだったので、たまたまその映画館の前を通りがかったら500円と書いてあったので、

「超安いじゃん」

と思いましたが、その日は入らずに帰りました。

でも成人映画館に入ったことのない私は色々な妄想が膨らみ、もしかしたら みんな映画見ながらオナしてんじゃないのか?

とか、それなら自分も皆が 見てる前でオナしても合法露出でOKかな?

とか考えました。

そしてとうとうある日、その映画館に入ってみることにしました。

脱ぎやすいように短パンの下に下着はつけずに行きました。

中に入り扉を開けると、思ってた以上に人がいっぱい。

しかもおじさんとか 初老の人ばっかり。

これは露出オナって感じじゃないな、と思いながらもせっかく来たので奥に 進み映画を見てみることに。

人ごみを掻き分ける様にして進み、少し空いていた柱のそばに身を寄せて映画 を見ていると、ふとお尻を触られる感じがしました。

混んでるし気のせいか、と思いましたが次は露骨にお尻をもまれました。

え??

と驚ろきましたが、もしかして、と座席の方を見てみると何人かの人の股間に隣の人が顔を埋めているのが暗がりに見えました。

そこで初めてここはこういう場所かとわかったのですが、その頃には既にお尻を 揉んでいた手は前の方にうつり、しかも別の人が足やら尻やら触ってきていました。

そういう趣味はないつもりでしたが、異様な雰囲気に思わず勃起してしまい、そのまま放置しているとベルトを外されてズボンを下ろされました。

周りにたくさん人がいる中で下半身裸にされて、露出の思いは意外な形で遂げられました。

目を瞑って誰が触ってるかは分からないようにしてじっとしていたら、生暖かい感触がペニスを包み、フェラされていることがわかりました。

後ろを触っていた手はアナルをいじりはじめ、ローションが少し塗られたらしき指がぬるっと入ってきました。

そのまま指でアナルをいじられながら、前ではフェラされて膝ががくつかせながら、わずか2分ほどでいってしまいました。

出したら急に恥ずかしくなって、慌ててズボンを上げて出ていきました。 それからというもの、もっとその店で恥ずかしい姿をさらされたいという思いが強くなり、それから1ヵ月後くらいに再び訪れました。

今度はもっと恥ずかしいところを見られたいと思い、中に入ると前回より人は少なめでしたが、それでも立ち見の人がたくさんいました。

中に入って数歩進んだところで、すぐにお尻を触られました。

そして気にせずに前回の場所(柱の側)まで来ると、自分からズボンを脱ぎました。今度は足からズボンを抜いて下半身裸に。

そしてTシャツも脱いで完全に全裸になりました。

すると周りから手がたくさん出てきて、お尻やらペニス、乳首とありとあらゆる場所をたくさんの方が触ってきます。

その日は予めアナルにはローションを注入して、バイブを入れたまま来ていたので、後ろからバイブを出し入れされました。

そして両手で両隣の人のペニスを握らされて、しゃぶらされました。

初老の方の方は半勃起状態でしたが、逆側の人は少し若い方だったのでビンビンに勃起したペニスを夢中でしゃぶっていると体に熱い精液をたっぷりとかけられました。

後ろの人が挿入してきそうになったので、

「ゴムはつけて」

というとゴムを装着して挿入してきました。

映画館に小さく腰を打つ音が聞こえ、周りはギャラリーでいっぱいになりました。

後ろの彼が私の中で果てると、次の人が私を犯し、3人ほどに犯されたところで、私のペニスからも精液が溢れ出しました。

精液で汚れた私のペニスを初老の男性が口できれいにしてくれて、そのまま2日目の射精を彼の口の中で迎えました。

その日はそれで帰りました。

それからというもの2ヶ月に1回くらいのペースで通い、今では立派なゲイになりました

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。