ホーム » 熟年・親父 » 【ゲイ体験談】パンティ穿いて義父にチラ見せした結果・・・・・・

【ゲイ体験談】パンティ穿いて義父にチラ見せした結果・・・・・・

いつもパンティ穿いてるの?

三重県在住のパンティフェチさんからの投稿。普段から嫁の目を盗みパンティを拝借しているという投稿者。もちろん穿くことが目的なんだとか。ある日、嫁の実家に帰省した際、パンティに浴衣姿で義父とサシ飲みしてみたらしいが・・・・・・
桃尻男性のTバック
僕は本来ゲイではないのですが,パンティフェチでよく仕事にも嫁のパンティを穿いて出勤していました。

パンティを穿くと女モードに入ると言うか会社帰りに公衆トイレなどで男性の肉棒にむしゃぶりつく事に凄く興奮していました。

この体験はもう15年も前の事です。

当時33歳の私は嫁の実家に夏の盆祭りで帰省していました。

その年たまたま嫁と子供たちと義母は近所の親戚の家に遊びに行き泊まって来るとの事で、結果家には僕と義父の二人だけになりました。

食事をすませ風呂に入ってたんですが、タンスをあけると嫁の実家用のパンティがあったんで,我慢できなくなってしまったんです。パンティを穿いてるのを義父に見つかったらどうなるんだろうと。

こんな機会は滅多にないと思いドキドキ感を味わおうとパンティをはき、浴衣を着て義父と飲んでいました。

酔いがまわるにつれ大胆になった私は浴衣の足下からチラチラ嫁のピンクのパンティが義父に見える様に足組み替えたり挑発してみました。

そのあたりから頭の中は義父にキスされ胸を愛撫され、義父の肉棒に一心不乱にしゃぶりついてる好景を想像していました。

気づけばもうフルボッキ、ヤバ!って思った時でした。

「〇〇君はいつもパンティ穿いてるの?」って義父に言われ、しどろもどろになってる私に近づき耳元で「どうされたいの?」と言われ、興奮していた事もあり「抱いて!」って言ってしまいました。

すると義父はゆっくり僕の肩に手をまわして僕の目をみながらキスして舌をいれてきました。まるで女性を扱うように・・・。

絡み合う僕と義父の舌,チュルチュル音をたてながら全身を強く抱き締められました。

叙々にに浴衣をずらされてオッパイをすわれ、凄く気持ちよく興奮しまくりで「あぁぁ~ダメェー感じちゃうぅ~パパ,もっとしてぇ~」と口走ってしまいました。

お汁まみれのパンティの上からペニクリを舐められ、四つん這いにされてアナルも吸われ指が入ってきます。

「義父さんのしゃぶらせてぇ~」って懇願しました。

義父は僕の前に仁王立ちになり、55歳とは思えないビンビンしかも18cmはあろうかと思わせるドス黒い巨根を僕の目の前に出してきました。

義父の前に膝まづき、口いっぱいの熱く硬く太く長い肉棒を顎がはずれてしまうんじゃないかと思いながら一生懸命吸い続けました。

すると義父は部屋からローションを持ってきて、明らかにアナルファックの準備です。

僕は何度かノーマルサイズで犯された事はありましたが、義父のは絶対無理と思い、義父に「堪忍して、大きすぎる、許して」と頼みましたが、義父は無言で僕のアナルにローションを塗り何度も指を出し入れし叙々に指の本数を増やして、そのうち今まで味わった事のない快感が全身を駆け巡り、「あぁぁ~いぃぃー義父さんのチンポぶちこんでぇーガンガンについてぇー」とおねだりしてました。

そして遂に義父の巨根が入ってきました。

指で拡張されてた事もあり以外とすんなり入いりました。叙々にピストンが早くなりかつ奥へ奥へと入り込んで、頭の中は真っ白状態。凄い快感と痙攣が繰り返しおそってきて嗚咽の様な声しか出ません。

義父も「こんないいアナルは初めて,イクよ〇〇君」と、大声をあげて僕のアナルに生で中出ししました。

最後の方は記憶も定かでなく、暫くは放心状態でした。

翌日嫁たちも帰ってきました。義父は何度となく僕に目配せして、田舎なんで蔵があるんですが、そこにおいでって耳打ちされて、蔵の横には嫁も義母もいるのに蔵の中で抱き締められキスされフェラもさせられました。

結局、その後3年義父と関係していました。

たまに義父の巨根を思いだしてはパンティぬらしてます。

 

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:男の娘・女装子の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。