ホーム » 変態オナニー » 【ゲイ体験談】兄貴のハメ撮り見ながら親友とオナニーする事になってwwwwww

【ゲイ体験談】兄貴のハメ撮り見ながら親友とオナニーする事になってwwwwww

オナホールも使って

愛知県在住の学生さんからの投稿。小中高とずっと一緒で心も身体も分かり合った唯一無二の親友がいるという投稿者。ある日、無修正のAVを手に入れた投稿者はその親友と観ることにしたらしいが・・・・・・
手コキされるギャル男
俺:165/65/16でチンコは15センチ。

まぁ平均ぐらい!けど、普段も剥けてるし勃起したときの硬さと太さは結構自信あり。部活はサッカー。ガタいはいい方。

陽介:179/73/16でチンコは17センチ。

小中高と一緒で何でもお互いの心身は分かり合っている唯一無二の親友。部活は野球部。ガタいはいい。本人曰く毎日オナニーしてるらしい。

ズル剥けとまではいかないが萎えた状態で先っぽの半分は見えてる。

俺の兄:170/68/20で大学生でラグビーを高校までやってたんでかなりムキムキ。

筋トレ教えてくれたり、オカズや大人のオモチャくれたりしてくれます。よく部屋でHしてる。オナも。精力はかなりあるほう。

陽介の兄:168/70/19で大学生で柔道一筋って感じ。

背は低めだけど、肩幅は広いし、大胸筋、腹筋はかなりもり上がってる。

(↑すべて今現在)

ある土曜日の朝、兄貴が無修正のAVをくれた。今回が初めてではないんだけど、何のラベルも貼っていなかった。それが逆に期待してしまう。俺はありがたくちょうだいした。

学校で陽介にAVのことを話すと速攻で『部活終わったらおまえんちに行くわ』といっておれも部活に・・・

家に帰ると両親は旅行に行ってていないため、自分でインスタントラーメンを作って食べているとインターホンが鳴り、陽介がきた。

なにやら紙袋を持ってる。

俺は洗い物をすませ、陽介を俺の部屋にあげた。

陽介『相変わらずキレイにしてんなー。B型のくせに(笑)』

俺『まぁ、こういうところはね』

陽介『で、例の物早く見せろよー』

俺『相変わらず陽介はエロいなw』

陽介『へへっ、毎日しこってるからな。』

俺『自慢になんねーよ』

そういうことで俺はAVをセットしテレビの電源をつけた。

映像が荒いというか、いかにも素人が撮っているような感じだった。しかもよく見ると映っていたのは兄貴とその彼女?っぽい。

目を凝らしてもう一度みる。やっぱり兄貴だ。

陽介『この男優っておまえの兄貴じゃん?』

俺『うーん、(-"-;)。これたぶん兄貴のハメ撮りかも』

陽介『なんつー。エロ兄貴だよ。俺の兄貴でもこんなことしないぜ!』

陽介のハーパンをみると早速テントが。

俺『相変わらず反応いーね』

陽介『おまえもだろ』といって、俺のチンポをハーパンごしにニギニギしてきた。

俺『あっ、や・・・やめろよ。』

陽介『おー、今日は反応いいですなー』

俺『3日ぶりだからな』

陽介『そうだ。俺が超気持ちいオナニーしてやるよ。』

俺『いっ・・・いいよ。遠慮しとく。』

陽介『そう。遠慮すんな。ちょっと目つむってろ。』

俺『なんだよー』

陽介『いいから』

手を何かで縛られた。えっと思った俺は目を開けた。頭の上で両手が縄で束縛されていた。

俺『ちょっ、どういうことだよ。』

陽介『いいから、いいから』

陽介は俺のハーパンを脱がそうとしたので、俺は腰を浮かした。

トランクスにされた俺に陽介は太股やへそから手を這わせてくる。兄貴のハメ撮り見てるから勃起してるんだけど、なんかこそばゆくて、さらにビンビンになってきた。

俺『なんかチンポがむずむずする』

陽介『だろー。触ってほしいのに触ってもらえないのって感じるだろ』

俺『んー』

こんどはトランクスの上から亀頭をさすってくる。自分でもわかるくらい我慢汁がドクドクと出てくる。

陽介『我慢汁ダラダラだなー。相当たまってんな。』

陽介は紙袋からローションを取り出し、俺のチンポに垂らした。

俺『あっ、つめてぇー』

グチュグチュグチュグチュと卑猥な音を奏でながら陽介が俺のチンポを上下にしごく。

やっぱり人にやられるのは、自分でするときとは違った感覚になるので、気持ちよくて思わず目をつむって天井を仰いでいる。

陽介『どうだ。気持ちいだろ!』

俺『どうかな~?』(実際はカリがこすれてかなり気持ちいけどね)

陽介『ほぉ~、じゃあこんなんはどうだよ』

俺『あっ・・・オォーッ!ハァ(´ヘ`;)ハァ(´ヘ`;) 。クッ・・・』

陽介は俺のチンポの亀頭を手のひらでぐりぐりしてきた。

陽介『ほらほら、どうしたー?』

俺『おぁ、きもちぃ・・・よ~』

俺のチンポの亀頭はパンパンでテカるほどまで勃起しており、我慢汁を滴らせながらビクビクと反応する。

陽介『まだまだこれからだぜ。ほれ』

陽介は紙袋からオナホールを取り出した。(透明なやつです)

陽介『非貫通式と貫通式どっちがいい?』

俺『おまえが手に持ってるやつでいいよ』

陽介『非貫通式かぁ、じゃあ、挿れるぞ』

俺『あぁ、』

俺のチンポがオナホールにあてがわれる。だが、なかなか難しいらしい。

陽介『おまえのチンポ太いから、挿れんの大変だなぁ、フンー!!』

亀頭の半分がオナホールに入る。

俺『んぁー。ぉお。』

ヌプッといいながら亀頭が取り込まれていく。

俺『おァー!』

陽介『きもちいだろ!気持ちいよな?』

俺『あぁ、んっ。やべぇ、やべえよこれ、たまん・・・ねぇ。うぁっ。』

オナホールがジュプジュプ・・・と音を立てて竿を包み込んでゆく。

俺『ぉお』

オナホールが俺のチンポを根元まで食い込んだ。

陽介『おぉっ、なんつーエロい姿だよ。太すぎだよ。オナホール大丈夫かな。』

俺『なあ、上脱いだ方がよくね。ローションつきそうだし』

陽介『たしかにな、』

俺は上にきてたTシャツを脱いだ。

陽介『やっぱしマッチョだなー。この大胸筋ほれぼれするねー』と、乳首を摘まれた。

俺『うわぁ、やめろ。つまむな。』

陽介『スマンスマン、動かすぞ』

ジュプジュプと言いながらオナホールが上下する。チンポが無数の突起に刺激される。亀頭がオナホールの奥にガンガン突き当たる。

俺『あわわ、・・・あっ、あっ、あっ、あっ、当たる。』

陽介がオナホールの底を俺のチンポの亀頭にガンガン当ててくる。未だかつてない刺激が伝わる。透けてるので亀頭がパンパンなのが丸見えだった。

俺『あっ、あっ、あっ、あっ、うぉっ!そんなにやると・・・あぁっ、』

陽介『相当きもちいらしいな。もっと早くすっかな(笑)』

ジュプジュプジュプジュプジュプジュプ・・・

音がさらに激しくなり、オナホールの隙間からでるローションが泡立ってる。もう、まともにAVなんてみてられない。快感に悶えながら、目をつむりいやらしい声を上げることしかできない。

そのとき、パンパンにつり上がっていたキンタマがビクビクし出し、亀頭がさらに膨らむ。絶頂がついにきたかという感じだ。

俺『あぁー、いぃ、イっちまうぞ。・・・うぁっ、イ、イク、イクイク、イクイクイク』

陽介『ちょい待て。いまちょい、』

俺『もうまにあわねぇよぉ、イク、イク、イクッ、・・・・・・・・・ンアア゛、アア゛アッ、アア゛ハァ、ハァ』

陽介は抜いて寸止めしたかったらしいが、溜まってる俺のチンポは敏感だった。なので、オナホールから引き抜いたが間に合わず射精した。

精子が飛び散ったところは・・・陽介のTシャツや顔に!とりあえず顔に相当量が。

俺『ごめん。かなりかかったな。おれってば溜めすぎだな』

陽介『おいー、顔射はないだろ顔射は。あーぁ、Tシャツも精子クセー。色濃すぎ。とばしすぎだよ。』といい、Tシャツを脱ぎついでにハーパンも脱ぎトランクス一丁姿になってティッシュで顔を拭く陽介。

こいつも体はムキムキ。腹筋や大胸筋もいいけれど、腕なんてやばいね。トランクスの前が突っ張ってる。しかも、我慢汁がかなりでてシミがやばい。

俺『おわびといっちゃあなんだが、お前のチンポおれがオナホールでやろうか?』

陽介『そうだな。頼むわ。しっかりな(笑)』

俺『ん、じゃあ縄とれよ。』

陽介がやっと手を解放してくれた。

ではさっそく、陽介のトランクスをはぎ取り、チンポを露わに。ちょい仮性のチンポだったのだが、ビンビンに勃起しており完璧に剥けている。なにより形がよくバランスがいい。しかも、俺より長い。けど、太さは俺のが勝ってる。

鈴口から溢れ出てる我慢汁を亀頭に塗る。我慢汁だけだと痛そうだから、俺にやったみたいにローションを陽介のチンポに垂らしまんべんなく広げる。

ローションでぬるぬるになったいやらしいチンポの裏スジに指をはわせる。そしてその勢いで亀頭を包み込みグチュグチュ手のひらを使って揉む。

陽介の亀頭を手のひらで揉んでやる。

陽介『アッ、気持ちい。・・・かはぁ』仮性だから、亀頭が敏感らしい。

次は指で輪っかをつくり、カリをガンガン刺激する。陽介のチンポの亀頭がパンパンで我慢汁ダラダラになる。

陽介『あぁーイキそっ、あぁーイクッ、イク、イクッ・・・あぁっ、このアア゛。ハァ』

陽介はあっと言う間にイってしまった。

俺『おい、オナホール使ってないのにいったじゃんか』

陽介『でも、萎えてないぜ。』

ほんとだ、まだ陽介のチンポは勃起したまんまだ。

俺『なんでだよ』陽介のチンポをはたく。

陽介『おぉう。・・・まぁ、これだよこれ。』

手にあるものとはサプリメントでマカと書いてある。精力がやばくなるらしい。

陽介『飲むか?』

俺は一粒受け取り水で飲む。・・・数分後、俺のキンタマやチンポがビクッと反応し、ムクムクと勃起する。

陽介の勧めでマカを一粒飲んだせいで俺のチンポはカッチコチに硬くなり、腹につくんじゃないかってぐらいビンビンにそりたっている。そしてなによりも、より一層チンポの躍動感が感じられる。

いま、俺の全神経はビンビンにそりたつチンポに集中している。

俺『なんか、やばくね?こんなに勃起してんの、部活の合宿の最終日以来だぜ』

陽介『まぁ、おれが一発出してまだビンビンってことは、お前は3発ぐらい出さないと治まらなさそうだな』

俺『じゃあさぁ、久々にあれやろうぜー』

陽介『あれって?』

俺『ほら、シックスナインの態勢になって、どっちが、長くしごきに耐えられるかってやつ。それに新ルールとして、何回出せるかっての追加しよう。んーつまり、どんだけ長くイってられるかってことだな』

陽介『じゃあ、負けた方は一週間分ジュース代な!』

俺『よし、のった!』

そして、各々はシックスナインの態勢になり、手にはオナホールをもち、チンポにローションをたらし、オナホールにもローションを入れた。

俺の目の前には心臓が鼓動するみたいに躍動している陽介のチンポが。

陽介『準備オッケー?』

俺『あぁ。』・・・・・・

陽介『スタート!』

ジュプジュプジュプジュプジュプジュプジュプという音が一斉に鳴り出した。

マカをのんだせいで、ハンパなく勃起したのはいいが、そのぶんかなり敏感になってしまっている。このままじゃ、あっと言う間にイっちまいそうだ。

陽介もそうなのか?と思い、見ると、もうハァハァ喘いでるし、キンタマなんかギュッとしまってパンパンになってる。キンタマが震えたら陽介はイったも同然。

耐えろ俺。耐えるんだ。

陽介がイきそうになり、動かす手がおぼつかなくなる。お陰でピンチを乗り越え、俺は手を早く動かし更に回転をくわえる。

こりゃあ完璧イったなとおもった。そして、陽介は息絶え絶えになった。

陽介『ハァハァハァ、いくぅ、いくぅ、いくぅ、あっ、アッアッアッアアぁー、ア゛ッ、』

ビュッ、ビュッ、ビュッ。

貫通式なので、さきっぽから亀頭が見え。精液が俺の肩や胸、腹にかかる。顔にかからなくてちょっと安心した。

今のところ、(陽介1―0俺 )

俺『陽介もうイっちまってんのかょ。大丈夫かい?そんな早撃ちで~』

陽介『へっ、俺は量が取り柄だからさぁ。こっからが俺の真骨頂だべ。』

精力剤(?)の効果はすんごい。陽介のチンポからあんな多量の精液を発射したのに、萎えそうもない。まだ、ビクビク余韻に浸ってる感じだ。我慢汁もダラダラ。

陽介の手が再び激しくオナホールをグラインドする。ジュプジュプ音が部屋に響く。俺は快感にあえいでいる。

耐えられるのか俺は?

俺は陽介のチンポをオナホールでしごくのを一時停止。チンポへの刺激に耐えることに専念することに決めた。

陽介『どうした。イキそうか?ギブアップかい?』

俺『ばーか!あきらめる訳ねぇ、お前なんてしごかなくても、俺はまだ出しやしないよ。』

陽介『そう言えんのも今のうちだけだかんな。』

俺のチンポが挿入してるオナホールは非貫通式。だから、亀頭を直に責められることはないとたかをくくっていたのだが、オナホールの樹脂ごしに亀頭を締め付けたり擦ったりする。内側に突起やヒダヒダがついている非貫通式オナホールならではの刺激が待っていた。

亀頭がこんなにも刺激されたのは自分でローションでオナニーしたとき以来。Hの時でもこんなことはない。耐えろ俺。

陽介は更に気持ちいことをしてきた。それは、オナホールを強く握り、締め付け感&吸引力をパワーアップさせてきた。もう限界だ。と悟る俺。

俺『ア゛、アア゛アッ、イキそ、アア゛、イクッ。・・・きつい、きつい、はちきれるぜ。これはのマンコよりすげぇ。アッ、吸い付くよ~。』

陽介『イけよ!』

俺『アア゛、ダメだ。イくぅ、イクッ、イク、ヴー、アア゛、無理だ。アア゛ァァ、~。』

ニュポンとオナホールが引き抜かれるのとほぼ同時に・・・

ビュッウ、ビュッウ、ビュッウ、ビュッウ、大量の精液がばらまかれた。

俺の亀頭が膨張し先から白濁の精液が飛散した。ベッドのシーツに染みがある。

射精したにもかかわらず、ヒクヒクしながら再びフル勃起。やっぱり例のサプリメントのせいだろう。しかも、チンポの至る所が敏感になっている。

陽介は余韻に浸っている俺のチンポをすぐにオナホールでしごいてくる。オナホールから出し入れされるたびに、俺のチンポの亀頭はまたまた怒張する。赤黒くパンパンに膨れ上がった亀頭がビクンビクンと脈打ち、相当感じているのが伝わる。

ジュプ・・・ジュプジュプ段々オナホールの動きを早めてくる。陽介はまたまた強く握ってるので、締め付けがやばい。

オナホールから俺のチンポを抜くときにカリが刺激されて、かなり気持ちい。

俺『ウア゙ッ、アア゛ァァ、カ、・・・カリがこすれてヤバい。ハァ、アア゛また、イキそうっす。』

陽介『随分とインターバルが短いな。んーイキそうか?』

俺『くぅ、ア゙ァ、ア゙ァ、いぃ。ヤバい。・・・んはぁ、あーっ、イキそっ、あーっ、イク、イクッ・・・』

俺がイキそうになると、陽介はオナホールを動かすのをやめた。俺は寸止めされたのだ。しかも、これを3回も。もう、俺のチンポはイかせてくれと言わんばかりにヒクつき、我慢汁が垂れ流されている。

俺『そろそろ、イかせてくれ』

陽介『さっきっから俺がしごいてばっかりじゃん。だから、俺も一緒に楽しむんだ。』

俺『えっ?』

陽介は自分のビンビンのチンポを俺のチンポに裏スジを向かい合わせて重ね合わせてきた。それを陽介の手で握る。

ローションは足さなくてもいいぐらい我慢汁でお互いのチンポはヌルヌルだった。

陽介は俺のビンビンのチンポと自分のいきりだったチンポを一緒に握りしめしごく。少し、ほんの少し陽介の方がチンポがながかった。だが、俺のチンポがぶっといからか、ちゃんと握れてない。その中途半端さが逆に気持ちいい。

それに、陽介のチンポと触れあってるからビクンビクンと脈打ってるのが手に取るようにわかる。まだまだ溜まってるから、陽介のチンポの躍動感は凄まじい。

我慢汁でローションをたらしたように(垂らしてあるけど)ニュルニュルになっているので、しごく音がかなりエロい。時々手が滑ってごりっとすることがある。

そのとき俺たちは揃って恍惚な表情をしつつ雄叫びを発している。滑って手から解放されたチンポ共は臍に吸い寄せられんばかりに反り返り。我慢汁を滴り落とす。

再び握りしめしごくと、陽介はかなり感じているのがモロわかる。

ぽかんと口を開け目をつぶり『ア゙ァ、・・・ア゙ァ・・・ア゙ァ・・・』と喘いでいるからだ。陽介の手がおぼつかなくなってきたので、俺は陽介の手の上に手を重ねてシゴクのをサポート。かなりニュルニュルしてる。シゴク手を速くすると、お互いきんたまがユッサ、ユッサ揺れてパチンパチンとぶつかり合い、快感が増してくる。

陽介はもう口を開けっ放しだった。

『ア゙ァ~~~~~~、ア゙ァ~~~~~。イキそっ、ア゙ッ、イクッ、イク、オォーーーっ、』

ザーメンを鈴口から大噴射。俺の顎や鎖骨等ヘんあわや、大胸筋にまでもかかっていた。

射精してもしごいてると、第2射が俺の臍やチン毛にかかってた。顔射されるところだったと焦る俺がいたが、十分精液まみれな俺の肉体はエロく感じた。

 

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。