ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ】プロテイン代わりに精子を飲みたがるお兄さんの話

【ゲイ】プロテイン代わりに精子を飲みたがるお兄さんの話

ちょっと協力してくれないか?

福井県在住の学生さんからの投稿。小学生の頃からマラソン好きだったという投稿者。夜に眠れない時は気分転換に走りに行くほどだったという。そして中学1年の夏のこと、いつものように近くの公園を走っていると・・・・・・
熟年さんのフェラチオ
陸上をしていた父親の影響で僕も走ったりするのが大好きだった。

小学生のときからよく父親と近くの公園をマラソンしたりしていた。高学年になってからは1人で走りにいったりしていた。

そして、忘れられない体験をしたのが中1の夏だった。

変に昼寝なんかをしてしまい、寝れない日があった。どうしても目がさえて仕方なかった。

それで僕は気分転換に公園に走りにいくことに。時間は深夜12時すぎだったと思う。

ちょこちょこ夜中に走りに行くこともあったので、母親も「早く帰ってきなさいよ」くらいで見送ってくれた。

夏といえど、夜の風は涼しくて気持ちよかった。それが癖になり、時々夜中走るようになった。

ある日、いつものように夜中に走っていたら、後ろから走ってきた人に声を掛けられた。

「こんばんわ!いつも走ってるね?」と。

時々すれ違うお兄さんだった。

「何年生?陸上部?どこの学校?」

そんな話をしながら一緒に走った。お兄さんは大学生で陸上をしているそうだ。なんか先輩な感じがして会うたびに一緒に走っていた。

そんなある日のことだ。

休憩でお兄さんとベンチに座っていたんだ。色々話をしていたら、お兄さんが「なぁ、蛋白質をとると筋力になるのって知ってる?」と。

僕「うん プロテインとかでしょ?」

兄「そうそう。」

僕「でも、高いんでしょ?僕の小遣いではとても買えないと思う」

兄「高いよ。だからうちの大学では裏技を使うんだ。」

僕「なになに?」

兄「精子を飲むんだ。」

今思うと本当に馬鹿らしい話だが、当時、中1の僕は完全に信じてしまったんだ。

僕「えっ?自分の精子を飲むの?」

兄「いや、自分のやつだと体と同じ成分だから効き目が薄いんだ。だから人のを飲まないと意味がないんだ」

僕「じゃあ、お兄さんも飲んだりするの?」

兄「あぁ うちの大学じゃ当たり前だよ。」

お兄さんがいかにもほんとっぽく話すから僕はすっかり騙されたんだ。

兄「なぁ、それでお願いがあるんだ?」

僕「えっ?」

兄「試合が近くて毎日 友達の飲んでたんだけど、今日忘れちまってな汗、たかとし君 精子でるんなら協力してくれないか?」

僕は戸惑った。確かにオナニーはしてたから、精子は出る。しかし、めちゃめちゃ恥ずかしい。だけどお兄さんが困ってる。

兄「絶対、誰にも言わないし、オナニーしたと思えばいいよ。」

僕「じゃあ…どうしたらいいの?」

兄「とりあえずトイレいこう。」

僕はお兄さんに連れられてトイレの個室に入った。

僕「オナニーしたらいい?」

兄「そうだな、ある程度の量が必要だから俺がしてやるよ。人にしてもらうと多く出るから。」

そう言うとお兄さんは戸惑う僕のジャージを脱がした。テントを張ったトランクスを握りながら「なんだもう立ってるんか?」って。

僕「まぁ…」

兄「大丈夫 俺らの周りじゃ当たり前のことするだけだから」

お兄さんはトランクスも脱がしてしまった。

兄「おぉ 結構でけーな!」

僕「そんなに…」

兄「いや マジでけーよ、これなら大学生といい勝負出来るぜ。」

すると、お兄さんが大きな口を開けると僕のチンポをくわえたんだ。

気持ちよさと動揺が同時に襲った。

僕「ちょ…え?なんで舐めるの?」

腰をひいて逃げようとする僕に「先走りてのが出るんだ。舐めるとすぐ出てきて効率的だから逃げるな、それに気持ちいいだろ?」とお兄さんに説得され、僕は身を委ねた。

便座に座らされ、お兄さんに舐められる自分のチンポを眺めていた。

兄「先走りだ」

お兄さんはチュウチュウと僕のチンポから出る先走りを吸っている。恥ずかしさと気持ちよさ、そして僕の精子がお兄さんの筋肉になるんだと思うと更に興奮してきた。

僕「そろそろ出そうだよ…どうしたらいいの?」

兄「このまま俺の口に出してくれ。なるべく新鮮なやつ摂取したいんだ」

お兄さんに言われるまま、僕はそのままイッてしまった。

いままでに味わったことのない快感だった。チンポがお兄さんの口の中でビクンビクンっと暴れてるのがわかった。

兄「大量にでたな笑」

僕「恥ずかしいです汗」

兄「それに濃かったよ。おかげでいい筋肉に変わりそうだ」

僕「ならよかったです。」

兄「たかとし君さえ良ければ、これからも君の精子もらえないかな?」

僕「僕のでいいんですか?」

兄「もちろん、濃くて大量だからね」

そう言われ、僕はお兄さんの蛋白質補給源となった。

二回目は数日後だった。なかば期待しつつ走っていると、お兄さんに「たかとし君!」と呼び止められた。

兄「早速なんだけどお願いしていいかな?」その言葉にすぐに僕のチンポは反応してしまう。

前回同様にトイレでお兄さんはチンポを舐めてくれた。

兄「走る前に補給したくてね」

そう言いながら、僕の精液を飲み干した。

兄「よし走ろうか」

精液を飲んだお兄さんの走りは気のせいか軽く見えた。

しばらく走り、そろそろ終わるかって時だった。

兄「たかとし君 まだ出る?練習後の補給お願いしたい」

僕「たぶん…」

再び僕たちはトイレへ。

出したばかりだったのでフニャチンだったが、お兄さんにしゃぶられすぐに勃起した。ふと頭に過ったのはお兄さんの軽やかな走り。(僕も精液のんだら体力つくかな…)すっかりお兄さんのことを信じていた僕はそう思った。

僕「僕もお兄さんの精子飲ませてほしい」

一瞬 アッという表情をしたが、お兄さんは「もちろんいいよ」とチンポを出した。

お兄さんのチンポをギンギンに勃起していた。初めて見る大人の勃起チンポを僕はくわえてみた。

お兄さんのチンポからしょっぱい液がどんどん溢れてくる。

兄「たかとし君の筋肉の為にいっぱい出すよ。」

その瞬間 お兄さんのチンポから大量の精子が口に流れ込んできた。なんとも言えない 匂いとドロドロに吐き出しかけたけど僕は何とか頑張って飲み干した。

兄「大丈夫?」

僕「うん」

兄「ありがとう、たかとし君も出そうか。」

お兄さんはまだイッてない僕のチンポを再び舐めてくれた。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。