ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】7人のスケベタチ野郎に犯されましたwwwwww

【ゲイ体験談】7人のスケベタチ野郎に犯されましたwwwwww

7人のスケベタチ野郎

たった今まで、7人の野郎に犯されまくってた。

最高に気持ちよかった。

みんな20後半から30代の脂ののったスケベタチ野郎ども。
最初は、その内の1人とやろうってことで、俺の部屋に呼んだんだが、
そいつがラッシュ吸い始めてからおかしくなっちまって、
俺のことをナワでテーブルの足に縛り付けやがった。

マズい…って思ったんだけど、
こっちもラッシュ吸いまくっててぶっ飛んでたんで、抵抗しなかったんだ。

そしたら、俺が身動きできないのを確認してから、
そいつのダチに電話しまくりやがって、
30分でそいつを入れて、計7人集まっちまった。

それから俺のクチマン・ケツマンに容赦ない雄汁の種付けが始まった…。
いきなり上下の穴にぶっといチンポぶち込まれた。
全くのいきなりだったんで、俺のケツマンは受付拒否。

それでも無理矢理挿入されて、ガンガンに腰を振られた…。
5分間くらい、俺は痛さで失神しかけてたんだが、
上の口の方のチンポから、いきなり雄汁を口の中に大量に出され、
無意識の内に胃に送り込んだら、次に上の口の突っ込まれたのは、

ラッシュ漬けの丸められたティッシュ。

1分後、俺は完全におかしくなった…。

自ら腰を振りまくリ、上の口にチンポを求めて泣きわめく、変態野郎になったんだ。
最終、よくは覚えてないが、ケツで15回、口でも10回くらいの雄汁を種付けされた。

それで最後は、しょんべんでの洗礼。

フロ場に抱えられて連れていかれて、一番チンポぶっとい奴がケツマンを、次にデカイ奴のが口マンにぶち込まれて、
また散々腰振られて、最後にションベンを俺の体内に噴射。

当然ションベン飲まされるのも、ケツで受けるのも初めてだった俺は、
気が狂いそうになったが、

『もうどうにでもなれ』って感じだった。

そしたら顔、身体にも後の奴らが面白がって、ションベンかけ始めたんだ。俺は、身体の中も外もションベンまみれ。
そいつら笑いながら俺をそのままにして、さっき帰っていきやがった。

計5時間、俺はそいつらのオモチャだった。

ケツの下は、ケツマンに収まりきらなかった雄汁がシーツに大きなシミをつくってた。ケツマン自体も真っ赤に腫れ上がってる。

口も濃い雄汁で舌が灼けてるし、顎がもう痛くて開かねーよ。
胃も雄汁の飲み過ぎで、少しムカムカする。
でも、初めてチンポがケツマンに挿入される時に、
前に種付けされた別の奴の雄汁が、
ジューワーとケツ穴から漏れる感触を味わった。たまんねーよ。
もったいなくて、ケツ穴おもいっきり閉じてたんだけど、やっぱ溢れるもんだね。

後、やっぱ雄汁は旨いよ。
最後の最後まで、雄汁ちゃんと舌で味わってから胃に流し込んだ。
でも、やっぱみんな同じ味じゃねーけど、どの野郎の雄汁も愛おしかった。

俺の口で最後一瞬ぶっといチンコがもっと大きくなって、チンポの先から流れ出る雄汁‥。

ケツマンは溢れ出したけど、口は1滴も無駄にしなかった。
もう普通のSEXじゃ感じない身体になっちまったんじゃねーか心配だよ。
雄汁最高。今度はもっと複数の野郎共に犯されてーよ。

俺の身体をオモチャにしてくれ。

俺、170*80*32のガチムチ変態野郎。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。