ホーム » 熟年・親父 » 【ゲイ体験】競パン大学生、陰毛処理してもらってビキニラインすっきりwwwww

【ゲイ体験】競パン大学生、陰毛処理してもらってビキニラインすっきりwwwww

【ゲイ体験談】神奈川県在住の会社員からの投稿です。アラフィフの投稿者がネットで極上の物件(男)を捕まえたらしい。高校卒業したばかりで運動部だったので筋肉質、しかも童貞らしい。何から教えてやろうかと想像するだけで股間が熱くなってくる投稿者、とうとう実際にご対面する日が訪れた・・・・・・

競パン大学生、陰毛処理してもらって

俺は、47才。

5年前になるが、ある掲示板で、18才の大学生と知り合った。

コンビニの駐車場で待ち合わせ、車の中でいろいろと話をしながら車を走らせていた。

県外から来て、一人暮らしをしていること、高校までバレーボールをしていたこと、コッチのことに興味はあったけど、全く初めてなことなどを聞き、経験をしたいということでホテルに行った。

部屋に入り、抱きしめてキスをすると緊張のせいで、震えている。

ベッドに座り、もう一度キスをしながら服を脱がせていった。

ボクブリ一枚にすると、しっかりテントを張っていた。その硬さを手で楽しみ、ついに全部脱がせてしまうと、ビンビンのモノを手コキしたり亀頭をシャブってやったりすると、声を出して感じていた。

それで今度は、俺の服を脱がさせた。

ヤツが俺のボクブリを脱がせると、少し驚いたように俺のモノを握りしめた。

どうしたのかと聞くと、俺の陰毛が短くカットされていたことと大きさにビックリしたらしい。陰毛は、手入れをいつもしていること、モノは時々大きいと言われたことがあると話した。

すると、ヤツは大きさを測らせてくれというので、お互いに測ることでOKした。

鞄の中にある筆箱からものさしを取り出し、俺のモノを測ると17cmで、俺がヤツのモノを測ると13cmだった。

しばらくヤツは、俺のモノを扱いたり眺めたりしていた。

そのままにしていても仕方がないので、風呂に入ってお互いの身体を洗ったり、ケツの洗い方を教えたりした。

風呂から出てベッドに戻ると、俺はヤツの顔をまたぎ、マラビンタをして、シャブらせた。

ぎこちない動きではあったが、一生懸命にシャブっている姿を見ると、可愛くなって、69で俺もシャブってやった。

すると、あっという間に、声を出し始めたかと思うと俺の口の中でイってしまった。

俺はそれを飲んでやると、ヤツはモノを勃たせたまま、必死に謝ってきた。

気にしなくていいと話し、今度はケツをいじってやった。風呂に入った時に、結構指が2本は入ったので、いけるだろうと思っていた。

オイルで少しずつほぐすと、1本2本3本とほとんど痛がることなく俺の指をケツに入れることができた。

もしかするとと思い、もう1本入れてみると、少し痛そうだか入れることができ、その上、ヤツのモノは変わらずビンビンのままだった。

それで俺のモノにもオイルを塗って、ヤツのケツを掘ってやった。

声をあげて感じているので、ヤツのモノを扱いてやると、またイってしまった。その締め付けで、俺もヤツのケツに種付けてしまった。

こうして、なんとなく気が合って4年の付き合いが始まった。

この日、帰る前に風呂でヤツの陰毛を剃刀で短くカットしてやった。

全身はあまり毛深くないのに、陰毛だけ濃いのを気にしていたのと、モノが大きく見えるということでそうしたのだった。

しかし、4年の間にこんなに変わるとは思わなかった。

なんとなく、気が合って月に1、2度会うようになった。

会う度に、俺のモノをいじって勃たせたり、ホテルに着くとすぐにシャブりついてきたりするようになってきた。

ケツの方も、だんだん慣れてきて、指が4本まではすぐに入るようになった。

指をまとめて5本入れるように、少しずつほぐすと、だんだん手の1番大きいところまで入るようになってきた。

それで、力を入れてさらに押し込むと、手首までズボッと入ってしまった。

その瞬間は、「あ~っ」と叫んだが、あまり痛がるようでもなかった。

聞いてみると、痛くはなくてケツを拡げられる感覚がなんとも言えないらしい。

これで、ケツが緩んできたところを掘ってやった。

伸びたヒダがまとわりついてくるようで、モノがなんとも言えないくらい気持ちがいい。思わず、すぐにイってしまった。

こうして、ヤツはだんだんとケツの気持ち良さにハマってきた。今までに、経験がなかったから、気持ち良さがたまらないようだった。

この頃から、下着はビキニを買ってやり、それをはくようになって、だんだんキワどいビキニやTバックをはくようになった。

夏が近づいてくると、日焼けに行くというので、小さめの競パンを買ってはかせてみた。

やはり、バレーボールをしていただけあって身長もあり(178cm)、かなり筋肉質なのでよく似合っていた。

しかし、陰毛がはみ出していたのを気にして、恥ずかしがっていた。

なので、心配がないようにしようということで、すでに短めにしていた陰毛を全て風呂で剃ってやった。

ついでに、タマやケツも全てツルツルにしてしまった。

ヤツはモノをビンビンに勃たせていた。それでまた競パンをはかせると、かなりモッコリを目立たせていた。

次に会うと、競パン跡がかなりクッキリとついていた。

焼いたときに、周りにあまり人はいなかったようだが、見られるかと思うと、勃ったままで大変だったらしい。

エロい大学生になってきたようだった

 

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。