ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】大阪某発展場で久々の上物にガン堀りして来ました!!!!!!

【ゲイ体験談】大阪某発展場で久々の上物にガン堀りして来ました!!!!!!

朝までやりまくろうぜ

大阪府在住の大学生さんからの投稿。ラグビー部に所属しているという投稿者。ある年のお盆休みに大阪の某発展場に行ってきたんだとか。持て余したスタミナでガタイ系のオメコに種汁をぶっ放す投稿者・・・・・・
乳首を愛撫される男性
俺は大学でラグビーやってるバリタチ。

盆休みで練習が休みで、暇とスタミナもて余してたんで、大阪の某ハッテン場にブッ放しに行った。

そこそこ人はいるが、イマイチノリが悪そうで、あまり盛ってない感じだったんで、風呂場へ移動することに。

ミストサウナを行き来してると、何気にぶつかるガタイ系がいた。で、ちょっかい出してみたら、シャワー室について来たんで、即行乳首攻めてやったら、雄臭い風貌に似合わず可愛い鳴き声を出す。

で、ケツに手をやると柔らかいが、まだ1発もしていないとのこと。では、お初をいただこうと、ケツを解す。

我慢できない奴は、自ら俺のデカマラをオメコに導く。

俺が「ナマはヤバイっしょ!」とカマをかけると、奴は「入れるだけでいから入れて」とせがんでくる。

もともと生でやろうと思ってたんだが、「そこまで言うんなら…」と、あまり乗り気でないふりをしつつ、一気に貫く。

すると、種もオイルもないのに、中はトロトロで、しっかり俺のデカマラに絡み付いてきてマジ気持ちいい。

これなら布団でじっくり味わいたいと、奴を階上へ促す。

場所を確保し、全裸になると、待ちきないとばかりに、俺を引き寄せディープキスしてきた。

まさぐり合うのもそこそこに、奴は俺のデカマラをオメコに誘う。わざと焦らすようにゴムに手をやると、それを遮るように、自らオメコとデカマラにオイルをたっぷり塗りつけて、合体をせがんでくる。

仕方ないなと言いつつ、腰をグイっと入れて、一気に奥まで俺のデカマラを突き刺した。

たまんねぇ~、半端ねぇ気持ちよさ。

奴は、俺の緩急付けたピストンに酔いしれ、「気持ちいい!」「凄い!」「当たる!」「漏れる!」と、声にならない声をあげる。

俺は、ひさびさの上物を楽しむように、前から後ろから横からといろんな体位でガンガン突いた。

ちなみに奴はアメフトやってるらしくお互い激しい競技スポーツやってるので、スタミナと気合は十分。

朝までヤることを確認し、ひとまず1時間くらいガン掘りして果てる。

「イキそう! 何処に出そうか? 腹か? 顔か? オメコか?」と高速でピストンしながら聞くと、「何処でも!」との回答。

もう、種付けして欲しいの見え見えなんで意地悪く「じゃ、腹に出すぞ!」と言うと、「中に…中にちょうだい!」とのこと。

初めから素直に言えよと思いつつ、奴の雄膣の奥に、目一杯マラを膨張させて、勢いよく汁をブッ放した。

マジ、気持ちいい!

この後、疲れを知らない俺たちは、朝まで、互いに3発イッた。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。