ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】昼間の屋上で乱交になっちゃってwwwwww

【ゲイ体験談】昼間の屋上で乱交になっちゃってwwwwww

昼間の屋上で乱交

平日の昼間でも、スケベやりたい野郎は結構いるもんだ。

リバの俺は、とりあえずタチからということで‥
イカ飲んで3階へ行くが、イマイチか。

4階へ上がると、暗闇から喘ぎ声が‥3Pの最中だった。
暫く見物していたら、白バンドの小粒の競パン跡クッキリ野郎が、
俯せにケツ突き出して転がりやがった。

こうなりゃ頂くしかないってことで、
ケツに指を這わすと、もうヌルヌルで、しかも種の香りが…
ということで、即種マンいただきました。

そして、風に当たりに屋上へ出た。
そこには競パンやら、全裸やらが、2~3人日光浴していた。
空いたスペースに横たわる、もちろん全裸で。

暫くすると、さっきの種マンの野郎が隣に来て、

「もう1発どう?」

と言って、俺のチンポをしゃぶり出す。
もちろん日光燦々の昼下がり、みんなに見られながら。
もう理性も吹っ飛び、マン繰り返して、
ヤツの種マンにチンポをグサリで、激しく腰を前後させた。

結合部に日光が当たり、白く泡立つのが丸見え。
もちろん横にはデカマラおっ起てたギャラリーが。

そのデカマラにケツ替わってやると、
ヤツもブスっと突き立て激しくピストン。

そこへ、短髪ヒゲの俺好みがやってきた。
彼はビックリしていた模様だが、チンポはビンビン。

俺は思わずむしゃぶりついてしまった。
彼は俺の頭を押さえて、激しくビストンしてきた。
そして隣を見て、

「あんなんされてーんか?」って。

俺は思わず頷いてしまった。
さっきまで掘っていたウケの横に四つんばいにされて、
オイルを垂らされ、指を入れられ…

「早くチンポを」って言ってる俺が…。

もちろん、何の躊躇いもなく生チン入れられ、激しく突かれた。
そのうち、タチ同士が話して、ケツ換えようってことになり、
さっきケツ譲ってやったデカマラに掘られることになった。

もちろん、2人に種付けされた。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。