ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】海中でガッチリ系兄貴に生堀りされちゃってwwwwww

【ゲイ体験談】海中でガッチリ系兄貴に生堀りされちゃってwwwwww

大量に種付けられました

千葉県在住のマッチョさんからの投稿。毎年、夏になると某ゲイビーチに日焼けしに行くという投稿者。そして、小さめの透け透け白競パンを穿き、男を物色しているんだとか・・・・・・
ヌーディストビーチ
毎年夏になると、ゲイビーチに焼きに行く俺。

学生の頃は泳ぎ得意だったんでライフセーバーのバイトしてたし、体は今でも週3で鍛えてるから、まぁゲイ受けはいいかな。

ゲイビーチでは、みんな水着のインナーを切り取ってるから、亀頭の形がクッキリだ。

かく言う俺も、ワンサイズ下の白の競パン(もちろんインナーなし)だ。玉と竿をリングで締め付けて、モッコリを強調させてる。

ビーチで、仲間に膨らんだ股間をアピりながら、男を物色して歩く。

しばらくすると、岩陰に割とタイプな奴がいた。

焼けた肌に、筋肉に脂が乗ったようなガッチリ系兄貴だ。腕毛や胸毛があり、ヘソから続く陰毛がイヤらしい。兄貴はボックスタイプの水着だが、白だからめちゃ透けてるし、やはりインナーはないから、竿も玉もクッキリだ。

俺は兄貴の隣に座って、仰向けに寝た。小さな競パンの中は、リングで締め付けられガチガチだ!先からは我慢汁が溢れ、競パンに滲んで染みを作っている。

ふと兄貴を見ると、兄貴も水着に染みを作って、窮屈そうに股間を膨らませている。

すると、兄貴が俺の視線に気付いた。

兄貴は俺にアイコンを送りながら、海に入って行く。俺も後を追って、海に入った。

乳首あたりまで海に浸かると、兄貴は脚を俺の脚に絡ませながら、ボディタッチしてきた。海水がローションみたいに肌を滑らせる。気持ちイイー。

兄貴は俺の競パンをケツ半分ずらすと、指を入れてきた。1本、2本と。そして3本入って馴れてきた頃、兄貴の竿が押し当てられ、ゆっくり入ってきた!

『えっ、ナマOKなん?』と思ったが、ビーチにゴム持ってる子なんて稀でしょ?

海水と生肌の触感がヤバい! 気持ちイイー。砂浜にはお仲間達がいるのに…見られてる、気付かれるかも…って感じがたまんねえ。

兄貴は初めゆっくりと、段々激しく突いてきた。ジャバジャバと弾ける水しぶきに興奮が高まる。俺は兄貴に突かれながら、競パンで窮屈な竿がイきそうになるのを必死で耐える。

暫くして、兄貴が「ヤべぇ、イきそう。俺の子孕めよ!」と言うと、ジワ〜っとナマ温かい感覚が腹の中に入ってくる感じに。

兄貴の竿が、俺の中でドクドクと脈打ってる感じがわかる。多分かなりの量が出てるみたい。俺の身体の中に注入してる感じが堪らなくなって、俺も競パンの中でイッてしまった。

海の中で体を洗って砂浜に上がったが、ケツの中からは兄貴のタネ汁が溢れ垂れてくる。やっぱり大量に入れられたみたいだ。

コレだから競パンプレイナマ好きには、夏の発展ビーチはたまんねえ。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:野外・露出の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。