ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】デカマラでガン堀られた野球ユニ大学生の結末・・・・・・

【ゲイ体験談】デカマラでガン堀られた野球ユニ大学生の結末・・・・・・

デカマラでガン堀られた野球ユニ大学生

昨日ヒマだったんで、某サイトの即ヤリ掲示板に載せてみた。

そしたら、即行返事来て、

《今からケツ犯してほしい。こっちは筋肉質坊主髭》

って書いてあり、添付の写メは大学生くらいのイケメン。
俺は即OK出して聞くと、そいつは大学で野球やってるらしく、
ユニで来るように指示して、車で迎えに行った。

指定した場所に着くと、奴は汚ねぇユニで待っていた。
助手席に乗せると、写メで見たよりイケメンで、
下半身はユニの上から見てもわかるほどデカマラで膨らんでいた。
俺は、これからこいつのケツマンを掘れるのかと興奮してきた。

すると、

「野郎臭くて、カッコいいっすね。俺ケツマン疼いてやばいっす。
早く兄貴のデカマラください」

と言って、いきなり車の中で俺のマラにしゃぶりついてきた。
自分で言うのもなんだが、俺のは20センチはあるデカマラだ。
奴のフェラは舌遣いが上手く、丁寧ですげぇたまんねぇ。

俺は我慢できなく、そのまま車でやることにした。

「兄貴すげぇ。デカくて奥まで口に入らないっす」

奴は口いっぱいに俺のマラを含みながら、よだれを溢している。

「入らねえなら、入れてやるよ」

俺は坊主頭を掴んで、マラを口マンの奥にピストンさせた。

「ゴボッうぐっ」

咳こみながらも、奴は嬉しそうに俺のマラに吸い付いてくる。
見ると、奴のマラもユニにテントを張り、うっすら先走りで濡れていた。

「おい、なんもしてねえのに、もう先走り出てるぜ。淫乱だな」

俺はユニのズボンを脱がせ、奴のマラをパンツの上から踏みつけた。
そのまま奴のパンツをずらすと、

18センチくらいのカリ太なマラが顔を出した。
足で弄ぶとビクビクと反発してくる。

「やばいっす。しゃぶってくださいよ」

奴はシックスナインの格好に体をずらし、
俺のマラをしゃぶりながら、自分のマラを俺の目の前に突きつけた。

「すげぇ太いな。これでネコはもったいねえよ」

汁でぬらぬらした奴のマラは、イカ臭くてエロい。
マラの匂いとユニの汗臭い匂いで、

興奮絶頂な俺は、夢中でしゃぶりついた。

「あ゛ぁっ。兄貴の口やばいっす。マジ気持ちいい。そろそろケツマンも苛めてください」

奴はシックスナインのまま、自分のケツを弄り始めた。
来る前からローションを仕込んでたらしく、
ヌチャックチュッとやらしい音を立てている。
ケツを弄る手の動きに合わせて、マラにも力が入ってるのがわかる。

「俺にもやらせろよ。お前虐めがいあるプリケツしてんな。マンコもすげぇ広がって、中まで見えてるよ」

俺がケツマンに指を入れようとすると、すぐに3本吸い込まれた。
中はトロットロで熱く、両手で広げると、
クパックパッとヒクつきながら動いている。

「マジたまんねぇな。ひくついてやがる。どんだけ遊びまくってんだよ。ケツマン真っ黒じゃねえか」

俺は奴のケツを叩き上げ、奴はビクビク感じながら叫ぶ。

「チンポ欲しいっす。ガン掘って、兄貴の種汁仕込んでください」

「壊れても知らねえぞ。孕ませてやるよ」

ズリュッと奴のトロけたケツマンは、俺のマラを吸い込んだ。
吸い付くように締めてくる。

「締まりいいな。お前のケツマン最高だよ」

俺のピストンに合わせて奴もケツを振る。

「たまんねぇ。兄貴のデカマラ奥まで入ってる。すげぇ当たってるよ」

イケメンな顔が俺のマラで悦び歪んでいる。
奴のマラも扱こうとして手を伸ばすと奴は、

「うあ゛っはっあっ」と声を漏らした。

奴はトコロテンしていた。
白く濃いザーメンが俺の手に付いた。
強烈なザーメン臭が俺を刺激する。

「やべえ。俺もイクぞ。」

うっ、と俺は奴のケツマンの奥に、
ザーメンを何度も打ちこんだ。たまんねぇ。

奴はケツマンから溢れる俺のザーメンを、
口に運びながらハニカんで笑った。

「最高に気持ちよかったよ、兄貴」

俺はその口にキスして抱きしめた。

「俺もだ」

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。