ホーム » マッサージ » 【ゲイ体験談】深夜の宿泊ホテルで性欲が抑えきれなくなった男の結末・・・・・・

【ゲイ体験談】深夜の宿泊ホテルで性欲が抑えきれなくなった男の結末・・・・・・

深夜の宿泊ホテル

僕がホテルに一人で泊まった時のことです。

その日は土曜日で僕は夜中まで起きていたのですが、チンポがギンギンで眠れず午前2時過ぎに、ダメモトでフロントに内線電話でマッサージのお願いをしました

(マッサージはPM11:00で終わっているのは案内で知っていました)

予想通り、もう終わっていますと断られましたが、モモがパンパンに張っているので、少しでいいからモモを軽くさすってもらえないですか?

と粘ってみたらフロントのオジサンが

「フロントの裏でも良ければ、少しお揉みしましょうか」

と言ってくれたので僕は、よかったお願いしますと言うと、フロントのオジサンはそれでは、3時(午前です)に1階フロントまでおこし下さいと言って電話を切りました。

僕は、シャワーで身体をもう一度洗いパンツを着けず、全裸にホテルのユカタだけで(ユカタのヒモはユルユルにして)フロントへ行きました。

そしたらオジサンがフロントの裏に入れてくれたので、僕はチップとして3,000円渡しました。
一度断られましたが、気持ちですから、と言うと、受け取りました。

それから僕は、事務用のイスに座り、モモを軽く揉んだり、さすって下さい、と言って足を少し開きました、オジサンは僕のモモを軽く揉み始めたので、僕はもう少し上ですを2度言いました(もう玉袋に少し触る位置までオジサンの手は来ています)

そして僕は目を閉じて足を少しずつ開きヒモのゆるいユカタの前が割れ勃起したチンポが、まる見えになるようにして、

「ハアーハアー」

と息をしたらオジサンは、僕のギンギンになっているチンポをそーっと触ってきたので、僕は腰を少し突き出すと、オジサンは僕のチンポを軽くシゴキ始めました。

そしてチンポから先走りの精液がダラダラ出て来たらオジサンは、それを吸い取るようにズッルっと咥え、美味しそうにしゃぶってくれました。

少しして、僕は

「出そう」

とオジサンに言うとオジサンはチンポを咥えたまま

「ウン」

と言ってしゃぶり続けるので、

僕は

「出る・出る」

と言いながらオジサンの口の中にドクドクと射精しました。

オジサンは僕の精液を一滴もこぼさず全部、口で受け、僕の射精がおさまってもチンポに吸い付いています。

少しして、精液がこぼれないようにチンポから口を外し、ティッシュに精液を出しきれいにしますね、と言って又、僕の小さくなったチンポを咥え、亀頭や亀頭のクビレやチンポ全体を、きれいに舐め、尿道に残っている精液もすっかり吸い取ってくれました。

それから僕は部屋に戻りグッスリ眠りました。

* そのフロントのオジサンは、毎週土曜の夜だけ出勤しているそうです

 

カテゴリ:マッサージの最新記事

カテゴリ:熟年・親父の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。