ホーム » 乱交 » 【ゲイ】コロナクラブで大満足の生三連結体験談wwwwww

【ゲイ】コロナクラブで大満足の生三連結体験談wwwwww

掘って掘られて出しまくり

愛知県に出張中のリーマンさんからの投稿。長期の名古屋出張で毎日忙しく悶々としていたという投稿者。そしてようやく迎えた休日にコロナクラブへ直行したという。とりあえずミックスルームでエロそうな奴を物色していると・・・・・・
連結アナルファック
長期出張で無性に掘られたくて、悶々の限界まできてた俺は、出張先でやっととれた休みに思いっ切り弾けようと決めてコロナに出掛けた。

いつもみたいに掲示板とかでエロい雄をGETしてもよかったんだけど、足ねぇし、土地勘ねぇし、ホテルに呼ぶのもめんどくさくなって…(笑)

前の休みの時に行ったヤリ部屋は、すかしたガキばっかで、エロさのカケラもなかったんで、コロナに直行したんだ。

日曜日の午後ってのもあって、人もそんなに多くはない。とりあえずミックスルームをブラブラ物色して歩き回っていると、小柄な結構若めな親父がずっと後をついてくる。

これで断ったら、後は何にもしないで帰りそうな雰囲気がしたんで、とりあえず親父のなすがままに身を任せてみた。

ベッドに横たわり、俺のチンポにむしゃぶりついてくる親父。

そこそこ勃ってきたところで、モゾモゾしてたかと思うと、仰向けに寝ている俺のチンポにローションを塗り跨ってきた。

『ああ、俺、ウケなのに~』なんて思いながらも、気持ちいいんで、ナマでガシガシ下から突き上げてやった。

でも、一応ケツは掘れるけど、まだ一回もケツ掘ってイッたことないんで、かなりの時間掘ってたら、親父はフンフン言いながら、自分で扱いて勝手にイッちまいやがって、そそくさと離れていった。

シャワーを浴びて、本格的に1発もイかねぇで帰るのもイヤになってきたんで、『拒否不可!』っていうトリプルルームに入った。

中は真っ暗で、目が慣れるまで何も見えなかったが、2~3組の男たちがアンアン言ってる声が聞こえた。

ようやく目が慣れてきて、よく見ると、坊主頭のガッチリしたのがそばにいて、俺のモロ感乳首をサワサワと触ってきた。

気分上げるためにちょっと大げさに声を上げると、そいつはドンドン積極的になってきて、俺を空いてるスペースに押し倒してきた。

首に腕を回し、もう片方の手と舌でチクビを弄られて、俺も興奮してきた。腰に巻いたタオル越しに股間に手をやると、結構ずっしりデカいのがおっ勃ってきてる。俺は喘ぎながら、そいつのチンポを強く握り締めた。

そいつが体をずらして、俺のチンポをしゃぶり始めると、どこからか違うヤツが俺の乳首を弄ってきた。

上と下からの刺激で感じまくっていると、ガッチリがローションで俺のケツを解し始めた。『もう、好きにして!』って感じでマグロ状態(笑)

頃合を見て、ガッチリがデカめのチンポをナマでケツに入れてくると、もう1人のヤツが、俺にチンポをしゃぶらせてくる。

こいつのチンポも長さはないが、かなり太くて旨かったなあ。のど奥まで入ってこないけど、太さは充分あって、しゃぶるのにちょうどいいサイズ感、うまいチンポ。

ケツが慣れてくると、少しずつ腰を激しく動かしてくる。今日はドラもキメてないのに、すげぇ気持ちいい。ケツのナチュラルな刺激に感じながら、旨いチンポを頬張って、もうサイコーに幸せ!!!

俺のチンポもずっとビンビンで、ガッチリが掘りながら、ローションのついた手で亀頭攻めしてくるから、気持ち良すぎてすっげぇよがりまくり。

感じすぎて思わず頬張っていたチンポを口から放して、「イきてぇ!」って言ったけど、2人は俺を焦らしてイかせてくれない。

寸止めを何度かくらい、もう限界かもって思った頃に、「もっと楽しもうぜ」って太マラのヤツが言うと、ヤツが持っていたポーチからRを取り出して自分で吸い、俺にも吸わせると、自分のケツにローションを塗りたくり、掘られてもビンビンなままの俺のチンポにナマで跨ってきた。

ひさしぶりのRの高揚感で更に盛り上がったし、3連結の真ん中もひさしぶりだったんで、すげぇ気持ちよかった。気持ちよすぎて自分からガンガン腰振ってたし。

太マラのヤツは、俺のチンポをケツに入れて楽しんでは抜いて、俺にチンポをしゃぶらせたり、そうかと思うとまた俺に跨って、俺を掘ってるガッチリとキスしたりと、ヤツはヤツで楽しんでるようだった。

本当は俺もヤツの太マラをケツで味わいたかったけど、俺ももうガマンの限界、ヤツのケツん中に思いっきりぶっ放した。ヤツはそのままの体勢で自分でチンポを扱いて、俺の腹に飛ばした。

太マラのヤツが去って行った後、まだ俺のケツを掘っていたガッチリが、ガン掘りながら、俺の乳首をさわさわ刺激してくる。

再び気持ちよくなってきた俺は、今度は自分でチンポを扱きながら片手で体を起こし、ガッチリと初めてベロに吸い付くキスをして、2人の体の間に2度目のザーメンをぶっ放した。

少し遅れてガッチリも、「あ~イクイク」と言いながら、俺のケツん中にドクドクとザーメンを流し込んだ。

2週間ぶりにやった交尾が、ナマで3連結もできたんで大満足の内容だった。

名古屋への出張はまだまだ続くんで、次の休みん時もまたコロナでサカろうっかな。

 

カテゴリ:乱交の最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。