ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】嫁にセックス拒否されたもんでハッテン場直行しましたwwwwww

【ゲイ体験談】嫁にセックス拒否されたもんでハッテン場直行しましたwwwwww

ハッテン場直行

ひさしぶりに早く家に帰れた昨日、

嫁に

「今晩どう?」

と聞いたが、あっさり断られたので、

「ジムに行く」と嘘をついて発展場へ行った。

開店直後で誰もいねぇなと思って服を脱いでたら、
シャワーの扉が開いて、20歳くらいのスジ筋坊主が出てきた。

もうちょっと肉付きがいいのが掘りごたえがあるんだが、
時間もないし、目が合って脈ありげだったから、
俺もさっさとシャワーを浴びて迷路に行った。

迷路に入って、すぐそのスジ筋坊主が待ち構えていて、
すれ違う時、わざとらしく俺の太腿を触った。

そのまま個室に誘い込むと、
スジ筋坊主はしゃがみこんで、俺のチンポをしゃぶり始めた。
よだれを垂らしながら、ジュルジュル吸いまくるものだから、
すぐにギンギン。

寝転がって、69しながら、
指をスジ筋坊主のケツマンコに入れると、かなり締まりがいい。
ゼリーをつけて、指がなんとか3本入るまで解したら、
ケツを振っておねだりしやがる。

堪らず、四つん這いにしてチンポを挿入。

少し痛がっていたが、腰を動かすと、女のような喘ぎ声でヨガる。
ケツの奥に打ちつけるように深く入れると、

「あ~っ」

と痛苦しそうな声を上げて、背を反らしてケツマンコを締め付ける。

堪らない。

マングリ返しにして、ガンガンに掘っているとキスをねだられ、
思いっきりディープキスしてやったら、
ケツマンコを締めて喜んだ。かわいい。

そのまま腰をピストンさせ、

締め付けをやめないケツマンコの中に射精した。

すると、スジ筋坊主は怪訝そうに

「まさか生ですか?」

今更聞くなよ。いつ俺がゴムはめたよ。
相手が男だろうが女だろうが、
生で中出し種付けじゃねーと、オスの本能が満たされないだろうが。

「俺、病気じゃないから大丈夫だよ」

となだめて、シャワーを浴びて、さっさと服を着た。

店を出る時、パンパンというケツを打ちつける音に合わせて、
スジ筋坊主の喘ぎ声が聞こえてきた。何カマトトぶってたんだか。

飯を食べ終わって、子供を寝かし付けたら、心変わりの激しい嫁が、

「ごめん、やっぱり今夜しようよ」

と誘われ、嫁にも種付けする羽目に。
1発出した後だったから遅漏気味で、嫁は大満足。

「今晩いつもよりすごかった」って言ってくれてありがとう。

でも、お前のことは愛しているが、
締まりがいい野郎のヒクヒクケツマンコに比べたら、
お前のマンコやケツマンコは掘り応えがないんだよなぁ。
男の味を知るまでホモには嫌悪感しか持っていなかったが、
今ではむしろノンケに、

「あんなに気持ちいい男のマンコにブチ込まないなんて」

と憐れみしか感じない。
やっぱ男のケツマンコが最高だ!

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。