Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ホーム » イケメン » 【ゲイ体験談】プライドの高い元モデルの本性はただの変態便器ですwwwwww

【ゲイ体験談】プライドの高い元モデルの本性はただの変態便器ですwwwwww

プライドの高い元モデル

 

俺って結構イケてる方みたいで、遊びにいっても声かかる率高いし、
ジムにも通ってて、体型もそこそこで、
某誌のグラビアでモデルもしたことあって、
それの年間人気投票で10位内に入ったこともあるんだ。

 

そんな感じで、普段ツレの前ではかなりカッコつけて、いい奴ぶってるけど、実は超ケツマン好きの生好き種付け好きのド変態、

 

しかも便器みたいにやり捨てられるのが好きなドMなんだ。
いつも理性利かせて、疼いても自分で張り型で鎮めてるんだけど、
半年に1回くらいは我慢できなくなって、便器になっちまう。

 

ついこの間も我慢できなくなってやっちまったよ。

 

掲示板に、

 

≪○時、○○公園の身障者トイレでマッパ待機するから、ヤリ捨ててくれ≫

 

って書き込んで、家できれいにケツマン洗って、
予告通りにトイレでクツまで脱いで、マジマッパで待機。

 

暫くして、キャップ被った兄貴が現れて、
いきなり俺のもろ感乳首をドSバリバリで摘むもんだから、
俺も理性なんか吹っ飛んで、即効ドMにスイッチは入っちまって、
自分から跪いて、兄貴のパンツ下げてチンポしゃぶりまくった。

 

兄貴のチンポは大きさはそこそこだが、カリがデカくて、かなり期待もんだ。
仁王立ちのままの兄貴に乳首弄られながら、俺はしゃぶりまくってたら、
俺のチンポもギンギンで、我慢汁タラタラ。
暫くそのまましゃぶってたが、我慢できなくなって、

 

俺は、予めオイルをたっぷり塗りたくっておいたケツマンを兄貴に向けて、普段のHじゃプライド高くて、自分からなんて絶対言えないのに、

自分でおねだりしちまった。

 

兄貴は黙ったまま表情も変えずに、俺のケツにチンポ勢いよく突っ込み、
容赦なくいきなりピスントンMax。

 

俺はもう超感じまくって、ヨダレ垂らして喘ぎまくってたら、
かなりうるさかったみたいで、兄貴に後ろから口押さえられて、

思いっきり床に押し付けられた。

 

さすがに便所の床は汚くて抵抗するけど、兄貴が腰を動かす度に俺は力を失くして、終いには抵抗もせず、まさに便所状態で掘られ続けた。

 

その後、兄貴は散々犯して、俺にどっぷり種付けし、さっさと出て行った。

 

俺は床に俯せに寝たまま肩で息しながら、

 

「少し休憩だ」

 

と思ったが、5分も経たない間に次の奴が来て、
いきなりケツに指突っ込んできて、

 

「もう種マンか?」と聞いてきた。

 

指突っ込まれて、俺はまたスイッチON。
顔も確認する力もなく、ただ黙って頷くので精一杯。

 

俺の頷きを見て、そいつは指マンもそこそこに、
俺の種マンにマラ突っ込んできやがった。

 

そいつのマラは、初め軟らかったんでがっかりした反面、
そんなに俺のは開きっ放しだったのかとビックリ。

 

でも、そんなことを流暢に思う暇もなく、
奴のマラは段々俺のケツの中で大きくなりだし、圧迫しだした。

 

奴はさっきの兄貴とは違い、腰遣いがゆっくりでエロい。
たまにマラを抜いては、俺のケツからさっきの兄貴の種をひねり出し、
それをオイル代わりに、また突っ込むを繰り返し、
俺はその臭いで更に興奮し、ドラキメたみたいに意識は朦朧。

 

暫く掘られてると、
その卑猥な音と臭いが客を招いたのか、汚いオヤジが目の前に。

 

俺はさすがにそいつは勘弁と思ったが、
オヤジが開いたパンツのチャックから出したマラのデカさに惚れてしまい、気づけば、口からヨダレ垂らして、しゃぶらせてとせがんでいた。

 

後ろで犯している奴が果て出て行くと、
間髪入れずにオヤジはそのデカマラを俺にしゃぶらせてもくれないまま、
2人の種をオイル代わりにブッ刺してきやがった。
俺はそのデカさに思わず叫んでしまい、オヤジはそれが嫌だったのか怒り出し、

 

「そんな奴にはお仕置きだ」

 

と言い、繋がったままの俺を抱きかかえ、個室から出て外のベンチへ。
俺は訳がわからず、頭の中が????だったが、
考える時間もないまま球場のベンチに下ろされ、そこで駅弁開始。

 

頭の思考回路まで完全にイカレちまった俺は、
そこで汚いオヤジに犯され続け…その後、失神したみたい。

 

気を失っていたのか、理性が本当にぶっ飛んだのかわからないが、
気づいたら、球場のグラウンドに押さえつけられて、
泥まみれのまま、4~5人くらいの男に廻されていた。

 

開放された頃には、すっかり夜が明け、空は明るくなっていた。
新聞配達のバイクの音で俺は我に返り、服を取りに急いで便所に戻ると、
俺の下着がなくなり、ジャージのケツがパックリ割られていた。
上のタンクトップは無事だが、
元々丈が短いやつだから、ケツを隠しようもない…。

 

結局人影に怯えながら、無事家まで着いて、服を脱ぎ、
そのジャージを捨てようと思い、ポケットを確かめると、
アドレスが書かれたメモが入っていた。

しかも、アドレス以外、何も書いてない…。

 

あれから1週間、酷い痔で苦しんでて、
これでまた半年はお預けかと思いながら、
それに連絡してみようか、理性と葛藤してる。



 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索