ホーム » レイプ » 【ゲイ体験談】ノンケですが去年拉致られレイプされました・・・・・・

【ゲイ体験談】ノンケですが去年拉致られレイプされました・・・・・・

拉致られレイプ

昨年の秋の夜のことでした。恐ろしい体験をしました。

一人暮らしの私は、休日前で夜遅くまで、
テレビで深夜映画を見ながらビールを飲んでいて、酔いもだいぶ回っていました。ビールがなくなったので、歩いてコンビニに買いに出ました。

冷たい雨が降っていて、風もあり、傘を傾けながらコンビニに向かいました。
コンビニには客もあまりいなく、ビールの500mlを2本と、雑誌を買いました。

レジでお金を払ってから、雑誌の所で立ち読みをしていると、
見知らぬ男が2人、大きな声で笑いながら入って来ました。
太った40代の小柄な男と、若い筋肉質で長身男でした。

うざかったのでそちらを睨むと、太った方の男が

「ああ、ごめんな」と会釈をしました。

なんとなくその場にいづらくなって、買ったものを持って外に出ました。
外に出ると雨がひどくなっていて、傘がかなり煽られました。

家のそばの24時間駐車場のところで、
後ろからヘッドライトが近づいてくるのがわかりました。
狭い道なので、やり過ごそうと道の脇によけて立っていたら、その車が止まりました。

何だろうと思って、傘を上げて見ると、
助手席からこっちを向いて、手を振っているのが見えました。
近付くと、さっきの太った男でした。

「にいちゃん、さっきは悪かったな、すまんな」と言うので、

「いえいえ、気にしないでください」と答えると、

「ちょっと道教えてくれんかな」

と、地図を見せながら言うので、

それがよく見えるように側に寄りました。

すると、いきなり襟を捕まれ、凄い勢いで殴られました。
襟を掴んだまま、何回も殴られているうちに気が遠くなり、
そのまま車の後部座席に引きづり込まれてしまいました。

後部座席には、もう長身の若い男が乗っていました。
車が走り出すと、長身の男が首筋を掴んだまま、何回も何回も殴りつけました。

「やめてください、やめてください」

と言うのが精一杯で、そのまま殴られ続けていました。

暫く走ると、車が止まり、外に引きづり出されました。
そこは、コンクリートの匂いがきつい、ビルの建設現場のようなところでした。

何回か突き飛ばされ、奥の方に連れて行かれました。
そこにあったビニールヒモで手と足を縛られ、転がされ、何回も蹴られました。ここで死ぬのかなとぼんやり考えました。

私がグッタリ、抵抗しないのに気がつくと、
2人は私を俯けにし、後ろ手に縛り直し、尻を持ち上げてベルトを外し、
ズボンとパンツを膝までずり下げ、セーターとTシャツを胸まで捲りました。

「こいつ、小便漏らしとる」

「うんこも出とる」

「やっぱりいい体だわ」と話すのが聞こえました。

男の手が、丸出しにされた私の尻を何回も叩きました。

「俺からやるわ」

という声がし、太った方の男が後ろからのし掛かってきました。
肛門に熱い痛みを感じました。今まで味わったことのない痛みでした。
腹の奥をズンズン突かれるうちに、痛みは遠のいていきました。

最初、何をされているのかわかりませんでした。
暫くズンズン突かれ続けました。
太った男が呻くと、肛門の辺りが突然何回か持ち上げられるように感じました。男が中で射精しているようでした。

男が離れる時、ズポッと大きな音がしました。
すると、

「こんどは俺の番か」

と、長身の男がベルトを外しながら近づいてきました。
長身の若い男の下半身を見ると、子供の腕ほどもあるイチモツが、
天を突くほど勃起しているのが見えました。

さっきより激しい痛みを感じた時、意識が途切れました。
そこからは、ただコンクリートの壁が、
男の突く勢いで上下するように見えていた記憶だけです。

気がついたら、2人は消えていて、朝の日光が現場を照らしていました。

早朝らしく、時々車の音がしました。

ヒモは解かれていて、何とか自分で服を直し、家まで帰りました。
翌日の休日は、ずっと部屋で倒れていました。

 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:巨根の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。