ホーム » レイプ » 【ゲイ体験談】発展場でデブ親父にレイプ中出しされちゃった・・・・・・

【ゲイ体験談】発展場でデブ親父にレイプ中出しされちゃった・・・・・・

中出し連発

東京都在住、新卒の23歳会社員男性からの投稿。学生時代にサークルの先輩に導かれてゲイに染まったという投稿者。今ではチンポなしでは生きていけない淫乱に育ってしまい発展場に出入りする日々。この日も仕事終わりにいつもの発展場へ向かったのだが・・・・・
最奥までアナル挿入
先日、仕事も早く終わって、どうしてもお尻が疼くので発展場へ行ってきました。

お尻にクリームとローションを仕込んでぐちゅぐちゅにして、すぐにでも入れてもらえるように準備していました。

ロッカールームを抜けて体を洗い、寝待ちしていると一人の男性が入ってきました。

チラッと見ると、太っていて、髪が薄く息の荒い中年親父でした。

男性はチンポに触れ、僕が嫌がっていないのを確認するといきなり僕に覆い被さってきました。

そのままタバコ臭い口でキスをされ、じゅるじゅると舌で僕の口内を犯し始めました。

僕は無理矢理されるのはあまり好きじゃなかったんですが、いつのまにか「ん…んちゅ、あぅ…」とエッチな声を出しながら男性の唇と唾液を求めていました。

デブな中年親父にお尻を触られ、僕が準備オッケーだと分かると、腰のタオルを取られ生のまま挿入してきました。

僕が「生はダメだよ、ゴムを…」といいかけると、その口はまたキスで塞がれ、のしかかられたまま激しく出し入れされました。

たまらず僕は「んぅ…あん…ああっ!…ん、んちゅう…」と、キスの合間に声を漏らしながら感じてしまいました。

デブ親父は僕を引き起こし、「レイプみたいに犯してやるよ」と耳元でささやき、立ちバックで思いきり突いてきました。

僕は口を手で塞いで、必死に声を殺しながら犯され続けました。

足がガクガク震え、思わず床にへたりこんでも、男性は僕のお尻を持ち上げ、構わずバックでスパートをかけてきました。

ヤバい、このままじゃ、中に出されるかも…!

そう思いつつも、もう僕には抵抗する気力はなく、「あっ…!あん…あっ!」と声を漏らしながら、なすがままになっていました。

そして、デブ親父が「ううっ」と唸るのが聞こえて、次の瞬間、お尻に大量に中出しされてしまったのです。

僕は体をビクビク震わせながら、一番深くで射精しているチンポをただくわえこんでいました。

そのあと、男性は何も言わずにサッと立ち去りました。

しかし、その様子を見ていた他の男性達にも次から次に犯され、何度も中出しされ顔にもたくさんかけられてしまいドロドロ状態でした。

もう拒否する暇もないほどでした。

帰るときお腹がいたくて大変だったけど、ちょっと癖になりそうです…

また誰か生で中出ししてくれないかなぁ。

 

カテゴリ:レイプの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。