ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】バイトの家飲み歓迎会で廻された泥酔ノンケの結末・・・・・・

【ゲイ体験談】バイトの家飲み歓迎会で廻された泥酔ノンケの結末・・・・・・

そろそろやるか

都内在住の大学生さんからの投稿。夏休みに居酒屋でアルバイトを始めたという投稿者。ある日のバイト終わり、先輩たちが歓迎会をしてくれることになったという。最初は楽しくお酒を飲んで盛り上がってたらしいが・・・・・・
バリタチ2人組に犯された学生
数年前の話をします。

夏休みから始めた居酒屋のバイトで、それはいつもと同じようにバイトを終えた時に起こった。

閉店作業を終え、店を出た僕に、他のバイトの子5~6人が突然、「ヤマト君の歓迎会を今からしようと思うんやけど、どう?時間ある?」と話しかけてきた。

次の日は、朝からゆっくりできるとわかっていたので、みんなと仲良くなれるチャンスだと思い即OKした。

M君と言う子の家が一番近く、両親は温泉旅行中だということで、M君の家ですることになった。

途中コンビニで食べ物&アルコールを買い込んだ後、M君の家に着いた。

みんな明るくていい人たちで話も盛り上がり結構飲んでしまってた。飲み始めてどのくらい経っただろう?普段はあまり飲まない僕は完璧に酔ってしまい、目がボ~っとしていた。

もう何本飲んだかもわからない。

その時周りの子が、「そろそろいいかな?」「早くやろ~ぜ」ってな会話をしていたかと思うと、突然押し倒され、両手の自由を2人に奪われてしまった。

と言うか、泥酔状態で力が入ってなかったんで、ほぼ無抵抗だった。

気が付くと、Mがキスを仕掛けてきた。僕は男には興味がないノンケだったけど酔って抵抗もできず、むしろ感じてしまっていた。

「お? ヤマトもやる気満々やん!」って声が聞こえたかと思うと、Kが僕のズボンとパンツをずらしていた。

6人ものバイト仲間の面前に、誰にも見せたことのない僕の勃起チンコがお披露目された。

酔ってるせいか、思考が働かず、されるがままになった。そして僕のチンコは堂々とシゴかれ、僕の口にMやKのチンコが突っ込まれた。

そして、不思議なことに僕自身、咥えたり舐めたりすることに嫌悪感よりも快感を覚え始めてきた。

「そろそろか?」ってMの声が聞こえたかと思うと、Kが僕のアナルを舐めたり、指を入れたりして掻き回してきた。思いもよらぬ快感に、僕は喘ぎ声をあげてしまった。

すると「まずは俺から」と、Kが僕のアナルにチンコを入れてきた…。

それから僕はどのくらいの時間かはわからないが、6人のバイト仲間にたらい回しにされた。

常に誰かのチンコでアナルは突かれてるし、容赦なく中出ししたり、身体にかけてきたりするから、全身ベタベタだった。

口にも常に誰かのチンコを咥えていて、口の中に出されて飲まされたり、顔にかけられたり…。

朝目が覚めると、僕は全裸で、他の人は全裸だったりパンツを穿いたりで、まぁ熟睡していた。

僕はこっそり帰ろうかと思って、着替え、部屋を出ようとした瞬間、寝ていたはずのSに腕を掴まれ、「俺、毎朝こうなんや!」って、僕の手を朝立ちしたチンコに当てた。

そして、またチンコを舐めさせられた。

「俺もしたるわ」って69までしてると、次から次へと目を覚ましてきた順に、昨夜と同じ様にアナルと口に入れられた。

今朝の場合は、意識がハッキリしてた分、何故か僕自身イッてしまっていた…。

その翌日、バイトに行ったんだけど昨日のメンバーの内、4人がバイト来てて、「こないだは面白かったよな!」「またこんどやろな!」なんて言われた。

何故かその時、「うん」って返事してしまった。

どうしたんだろう、僕。

また廻されることを楽しみにしてる自分がいるんだけど。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:レイプの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。