ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ体験談】既婚の上司を調教したのはこの私です!!!!!!

【ゲイ体験談】既婚の上司を調教したのはこの私です!!!!!!

中には出さないで〜!

福井県在住の会社員さんからの投稿。定期的に会社の上司を掘っているという投稿者。会社では厳しい上司だが、ベッドの上では投稿者の言いなりなんだとか。ある日、いつものようにホテルで待ち合わせた2人だったが・・・・・・
スーツ姿で掘られるリーマン
先日、会社の上司にたっぷり中出ししてきた。

上司にとっては俺が初めてのオトコでいろいろ教え込んだ。

職場の飲み会で終電を逃した上司を俺のアパートに泊めてあげたのがきっかけ。

後から聞いた話だと昔から男性には少しだけ興味があったらしい。そして、アナルの快楽を知った上司は俺に従順になったんだ。もちろん会社では上司と部下って関係だけど、プレイする時は俺の言いなりだった。

露出プレイに、淫語プレイと放尿プレイなどなど。

でも、中出しだけはいつもNGであったが、そろそろ会社や上司の奥さんにバレそうだから、最後に中出しをして別れてやろうと考えた。

いつものように携帯へメールを入れ、午後2時に待ち合わせてホテルへ行った。

指と舌でたっぷりと前戯し、グッタリするまでイかせた。意識が薄れたところで、
俺は生のチンポで、ケツマンコを壊れるぐらいに激しく突き上げた。

射精感が押寄せる度にピストンを止め我慢し、それを繰り返すことにより、多量の精子を金玉に溜め込んだ。

そして、我慢も限界となり、最後の仕上げに、上司に淫語を強要した。

まさかケツマンコに中出しされるとは思っておらず、俺が超興奮するように、「オマンコいい~! オマンコ気持ちいい~。オマンコ! オマンコ!! オマンコ!!  オマンコぉ~!」といつものように連呼し叫んだ。

俺は上司のマンコ連呼に興奮し、勃起を深くケツマンコに突き上げ、勢いよく射精した。そして、精子が尿道を伝わっていく快感に酔いしれた。

上司は中出しされていることを、熱くなるケツマンコでわかったようで「中に、オマンコの中に出さないで!」と激しく抵抗したが、俺は上司の足を抱え上げて、更に腰を振り、残りの精子をオマンコに搾り出した。

暫く射精の余韻をケツマンコの中で楽しみ、萎えたチンポを引き抜いた。すると、濡れ膨らんだケツマンコから、大量の濃い精子が溢れだした。

何も知らない上司の奥さん。本当にご馳走様でした。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。