ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】ネコ募集で来たカッコ可愛い淫乱18歳の末路・・・・・・

【ゲイ体験談】ネコ募集で来たカッコ可愛い淫乱18歳の末路・・・・・・

種を求める淫乱青年

都内在住の男性(29)からの投稿。ジムで知り合った同い年の相方と半同棲しているという投稿者。毎晩のように相方のケツを掘りまくってたらしいが、最近ケツを痛がるので掲示板でネコ募集したところ・・・・・・
ジャニ系男子のアナル舐め
俺らは、29歳の2人組、最初は同じジムで会って、飲み屋で再会。

でも、最初は正体隠して、お互いさわやか系の振りしてた。

ところが、種系の発展場でばったり会って、しかも深夜、まわりはマジで種飛んでて、あーやっぱり淫乱なんだってお互いばれた。

それから、半分同棲しながら、相方のケツを毎晩堀りまくって、俺好みにしたてた。

俺は、176*67で真っ黒で水泳体型競パン跡あり。

相方は180*74マッチョ系で胸囲もすごくて、特にバックから責めた時の背中の筋肉の動きとか、たまんないものがある。

ケツも最初は固めだったが、今じゃ何もつけなくてもヌルって入っていくほど・・

ところが、先月からケツ痛がるんで、正月休みに、ネットでネコ募集したら、メールがくるくる。

『2人で責めて、上下の口に種入れるぞ!』って、そんな欲しがる奴多いんだへぇーて感じ。

画像見て5人を厳選して返信、プレイ内容と体画像チェック。

この時点で1人に絞った。何と18歳だって・・・マジかよって思いながら、呼び出した。

来た時点で、あまりのカッコ可愛さにびっくり。

画像なんかよりずっとずっと幼い感じ。少年のような、あどけなさも残っている。

ちょっとこっちが心配になってきて「種つけられるって、意味分かってんの?」て聞いたら、恥ずかしそうに首こっくり。

で、股間見たら、ビンって感じ。目も少しうつろになってる。

あー、仕込んでるのかなって・・170で55前後かな。筋肉質だと思うけど、画像ではケツのラインが気に入ってたんだよなあ。

同棲している大家の工場が休みなんで、預かってる鍵で、工場に入れる。相方が奴の前に突っ立つと、すぐに跪いて、チュッポって咥える。

すぐに自分から上半身脱ぎだして、そのまま裸に。

携帯でパシャパシャ写真撮ると、嫌がるかなっと思ったらぜんぜん平気で、音たたて喉の奥まで咥え込む始末。シンとした工場のなか、ズボッチュパって音がめちゃ響く。

俺は後ろから、奴のケツの中心に指入れてみる。すこしうぶ毛が生えてるけど、すごくきれいな穴、これが終わるころには、真っ赤になるんだろな。四つんばいにして、オイルを仕込む。

指で中心から側面に広げていく。ふと、奴の顔を見ると、寒いのか少し赤くなってて、まじ幼い。

こんな奴に種つけるのかと、俺のチンポもジーンズのなかで痛いくらい勃起してる。

とりあえず、立たせて、相方の咥えさせながら、このころになると結構深くきつめにぶち込んでたみたいだけど、俺も立ちマンで、ズボッて入れて、奥まで体重かけてみる。

いい感触でさ、肉が絡むっていうのか、マジぼうーとして、今度は引いてみる。やっぱ絡みながら出てくる。

オイルを足して、ゆっくり再び挿入。あーーっていい泣き声してるんだ。

奴も口からチンポはずして、声あげてやがる。すると、相方がじれてもう一度ぶちこむ。

あ。あ。あ。ってテンポよくあえぐ奴。ぐちょぐちょてアナルの音。俺達のため息。すげーすげー、でも寒い。工場だから、暖房効かないんで。

そのうち、相方が何思ったか、ションベンしたいって言い出す。

工場だし、トイレは外。ニヤっとして、「お前便器になるか?」って。

「はい」

すると、じょぼじょぼって、相方が出すと、裸のままダイレクトに飲む奴。マジって目が点な俺。

口とチンポの距離は5cm、でもかなりこぼれてると、腹の辺りを手で拭いてはなめている奴、最後に相方のチンポをすすってる。

相方が、コンクリの床見つめて、どうするんだ?って聞くと犬みたいに頭下げてこぼれた滴をなめとった。

でもやっぱり寒いんで、部屋に入って、中休み兼シャワータイム。

奴に、今までの経験聞くと、最初は親父らしい。

中坊のころに犯されて、覚えたらしいが、トンズラされて、今はフリー。

時々年上に調教されてるって、そら奴なら皆犯すことしか考えないと思うし、淫乱さに納得した。

奴が、再び仕込んだようで再開って感じに。

もう遠慮なしに、相方がケツ、俺が口。

間に入れて、犬にして両側からシンクロで犯す。ちょい茶髪が揺れてる。奴の口からよだれが止まんない。ジュクジュクっていい感じ。

口の内壁も熱持ってきて、たまんない。相方も鍛えているのに、肩で息してる。顔上に上げて、「たまんねー」って「種欲しんか?」て、わざわざ顔向けさせて、奴の目見て聞いてる。

「欲しいです。奥に一杯ください」

何回も聞きながら、だんだんヒートアップ。

「お前の中、熱いよ、種つけるぞ」

あーあーって、相方が息をつく。イったんだな。

ふと奴のチンポみると半立ち。でもタラーて糸引いて、シーツには染みできてる。

「これなんだよ」て聞くと「気持ち良すぎる・・もっと欲しい」この淫売。

目とかいってて、ここにいない感じ。

相方が抜くと、くるって相方のチンポをなめて、きれいにしている。よく教育されているぜ。

それから、もう一度俺に向き直って、今度は仰向きに寝た奴の口を犯す。もーたまんない。

舌がチロチロ絡んで、でも深く突っ込むと喉で締めてきて、このままぶっ放すと、奴の喉奥に出るけど、衝動が止められない。

はぁーはぁーと声上げながら、俺もイク。種が出て行く感覚。奴が飲み干す音。ごくごく動く喉、そのままミルク飲むみたいに飲みやがった。

この後も、時間おいて2発づつ仕込む。

最後には、奴も立てなくなって、ベッドに寝そべる奴を押さえつけながら、ケツに仕込む。

グチョグチョて音が、ブスブスて音に変わる。

奴が、キスねだると、ザーメンのにおいがして、顔も塩吹いた感じになった。ほんと、かわいい奴ほど淫乱なんだなって感心。

これで、俺らも味しめたんで、今後も種欲しい奴を募集している。画像つきの自己紹介しかいらないんで、よければ送ってくれ。

あと、タチももう一人くらいいた方が、時間が持つんで、参加したい奴も待っている。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。