ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】気になってる会社の後輩にフェラさせてもらった結果wwwwww

【ゲイ体験談】気になってる会社の後輩にフェラさせてもらった結果wwwwww

会社の後輩にフェラさせてもらった

Sは会社の後輩です。

Sが入社以来5年が過ぎますが、Sを好きになったのはここ1年くらいのことです。

前は、Sのことを「生意気な奴」としか思っていなかったのに、何故好きになったのか自分でもよくわかりません。

でも、好きになってからは、会社でSが近くに座っただけでドキドキするし、無性に抱きつきたい衝動に駆られます。

職場では薄い生地の作業着を着ているので、Sのペニスの辺りの膨らみがすごく目立つときがあり、手を出しそうにもなります。

でも、Sは女にしか興味がなさそうで、俺の片思いだと諦めていました。しかも、Sと俺とはロッカーも遠いし、着替えの時にSのパンツ姿を見る機会もありません。

何年か前に職場の旅行でSと風呂に入っているのですが、その時はSに全然興味がなかったので、見ようともしませんでしたが、今となってはすごく悔やまれました。

ところが、すごいチャンスがやってきました。

泊まりがけの研修があって、俺はSと隣同士の部屋になったのです。

隣同士といっても、トイレと風呂は2つの部屋の真ん中にあり、共同で使うことになっています。

こんなチャンスを逃すモノかと、1泊目に、俺が先に風呂に入ったときわざとヘアトニックを忘れ、そしてSが次に入ろうとして着替えているとき、タイミングを見計らって

「トニック忘れたよ。」と言って風呂場へ入っていったのです。

するとSは、トランクスを脱いだ直後で形のいいペニスと、綺麗な形のお尻が見えました。

俺は「悪い悪い。」

と言いながらすぐ出ていき、自分の部屋で速攻オナニーし、しかも立て続けに2回も射精しました。

その日は、Sの裸を思い出すと興奮して寝られませんでした。

次の日、隣同士の部屋同士でペアを組んで1つの課題を仕上げるという研修になりました。狭い机にSと2人並んで座り、作業をするのです。

俺は、昨日の夜のこともあるし、Sの近くに座ってSの匂いを嗅いでいると、興奮してきて、激しく勃起していました。それで、

「ちょっとトイレ。」

と言ってトイレに行き、速攻で抜いきました。席に戻るとSが

「Kさん、顔赤いですよ?お腹の具合悪いんですか?」

と聞いてきました。

俺は、

「何でもないよ。」

とごまかしましたが、何となく後ろめたい気もしました。

その日は一日悶々とした気分で過ごし、夜になりました。

この研修は厳しくて夕食の後も夜9時まで研修の続きです。

俺らはSの部屋で、資料のまとめを続けました。

暑い季節だったので夕食の後シャワーを浴びたSは、Tシャツと下はトランクス1枚です。

『人の気持ちも知らないで。』

と思いながらも、俺はSのペニス辺りをずっと見ていました。

ようやく終わり、雑談をしていましが、この夜が研修最後の夜だと思う
と、何とかしてSとHしたいと思いました。

そして、話をそういう方向に持っていこうと、こう切り出しました。

「なぁ、Sって学生の時、男同士で触ったり舐めたりした?」

Sは、体育会系でしたからもしかしたらと思ったのです。

するとSは、

「ないですよぉ。」とムキになって反論しました。

少しおかしいと思い

「ホントはあるんだろ?」としつこく聞くと、

「うーん、手で触られたり、触ったりはありますよ。」と白状したので

「それって、イクまで?」と聞くと、

「うーん、まぁね。」と言いました。

俺は、Sが男同士で擦り合っているシーンを想像し、激しく勃起してしまいました。Sはと思ってみると、Sも何と勃起していたのです。

トランクスが大きくテントを張っていました。

Sは俺の視線に気づくと、

「Kさんが変な話をするから勃起しちゃったじゃないですか。」

と笑いながら言いました。

俺は直感的に『いける!』と思い、思い切ってこう言いました。

「なぁ、S、頼みがあるんだけど。・・・・・お前のちんちん舐めさせてくれない?」

Sは、目を丸くして驚いていました。

「Kさん、本気?・・・・・」Sが俺を見つめます。

「うん、本気だよ。俺さぁ、一回でいいから舐めるのって経験したいんだよな。」

するとSは、

「汚いから・・・ダメですよ。」とだけ言い、うつむいています。

でも、完全に拒否している訳でもなさそうです。

俺は

「さっきシャワー浴びたから汚くないよ。何も舐めろって行っているわけじゃないし、舐められるだけだからいいだろ?」と強引に迫りました。

するとSは、

「じゃあ、少しだけですよ。」と渋々OKしました。

俺は『やったー!』と思いながらあんまり喜んでも変に思われるので、

「じゃあ少しだけ。」とまじめな顔で答えました。

俺はSをベッドに座らせると、Sのトランクスをゆっくりと脱がしていきました。憧れ続けたSのペニスが現れました。

少し緊張しているのか、半立ちです。

でも、指先で裏筋あたりを撫でてやると一気に大きさを増し、最大限に勃起し、俺を誘うようにピクンピクンと脈打ていました。

そして、先端からは既に透明な液が滲んでいました。

俺は、Sのペニスの根本を手で支えると、亀頭を口に含み、舌先で裏筋を丁寧に愛撫しました。

夢のようでした。

大好きなSのペニスを舐めているのです。

俺は、舐めながら上目でSの顔を見ると、

Sは「ふーっ・・・・」とか「ああ・・・・。」

とか溜息のような喘ぎ声をあげて、気持ちよさそうな顔をしていました。俺は、裏筋を攻めたり、幹を噛んだり、玉を吸ったりと、丁寧に愛撫を続けました。

するとSは

「Kさん、イキそう・・・もうダメですよ。出ちゃういますよ・・・。」

と俺の愛撫を止めさせようとしました

でも俺は構わず、フェラを続け、しかも、亀頭の裏あたりを集中的に攻めました。

Sは、

「Kさん、ダメだって、いっちゃうって・・・。あ、ダメ、出ちゃう・・・・。」といいながら射精しました。

俺の口の中に暖かいSの精液がいっぱい放出されました。

Sは、

「Kさん、出して下さい」

といいながらティッシュを差し出しましたが、俺は、全部飲み干しました。Sは、少し驚いていましたが、

「Kさん大丈夫? 苦くない?」

と聞いてきました。

「Sのだから美味しいよ。」と答えると、にっこり笑いました。

そして、

「じゃあ、お返し。」

と言いながら俺にキスしてきて、そして、俺もSに脱がされました。

「すっごい。Kさんもビンビンい立っている・・・。」

とSは言いながら、俺のにフェラしてきました。

Sのフェラは初めてとは思えないほど上手で、気持ちのいいポイントばかり攻めてきます。

俺は、

「はぁーーーん、S、S、気持ちいい・・・。」

と自然に声を出していました。

そして、すぐにSの口の中でイッちゃいました。

Sも俺のを飲んでくれました。

その後裸で抱き合いながらSと話をすると、やはり学生時代に友達とフェラしあったことがあるとのことで、俺のことも前から気になっていたそうです。

その日は二人抱き合ったまま一つのベッドで眠り、明け方またフェラし合いました。

今では、1週間に2~3回位Hしています。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。