ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】小学校教員ですが教え子に手を出しちゃって・・・・・・

【ゲイ体験談】小学校教員ですが教え子に手を出しちゃって・・・・・・

ショタの剥けチン

神奈川県在住の教員さんからの投稿。小学校で6年生の担任をしていたという投稿者。そのクラスに県大会で優勝するほどのスポーツ万能な男子生徒がいたんだとか。ただ周りよりも発育が早いらしくフサフサの陰毛を同級生にからかわれ悩んでいたという・・・・・
桃尻男性のTバック
俺は、小学校の教員をしてる。

まだ4年目だけど、去年は、6年生の担任をしてた。

3月に卒業させた教え子の中に、県の水泳大会で優勝したイチロー似のスイマーがいた。

身長は小学生ながら170センチ近くあって、175の俺に近かったんっだけど、笑顔のすごいかわいいヤツだった。

みんなの手前、表だってヤツ(ユウスケ)をひいきはできなかったけど、お気に入りでかわいくてかわいくて仕方がなかった。

おまけに、肩幅が広くなって(バタフライが専門だった)身長もでかいから、体の成長も早かった。

6年生の夏にはもう、すね毛や脇毛が目立ってきていた。当然、陰毛も生えてるはず、と思っていたが、教室で水泳の授業前に着替えていたときに、隣にいたヤツからふざけてバスタオルを外され、ユウスケの股間が露わになった。

けっこう高密度な黒い茂みの中から、なんと半分剥けているチンポが見えた。

「ユウスケー、スゲー!もじゃもじゃー!」とか囃されて、恥ずかしそうにバスタオルを巻いていたが、小学生なのにすでに剥けていたチンポを見て、俺は異常なほどドキドキしてしまった。

水泳の授業中も、指導そっちのけでヤツの股間ばかり見ていたような気がする。

そして、秋になって修学旅行があった。

夕食が終わって自由時間になったとき、ユウスケが俺に気分が悪いと言ってきた。理由はだいたい察しがついた。ほかの友達といっしょに風呂に入りたくないのだ。

校長と自分は違う部屋のお風呂を一人で使うことになっていたので、保健の先生に断って、ユウスケを自分の部屋に連れていった。

「ユウスケ、みんなといっしょに風呂に入るのが嫌か?」

「・・・・うん。恥ずかしいんだ。またいろいろ言われるし・・・。」

「よし、わかった。」と言って僕は部屋の鍵をかけた。

「ユウスケの体は、ちっとも恥ずかしくないぞ。大人の男はみんなそうなるんだ。保健の時間に習っただろう。」

「でも・・・。」

「先生も大人になりかけの頃は恥ずかしかった。でも、今は大人の体になってよかったって思ってる。」

「先生も?」

「そうだ。気にすることはないぞ。先生の体も見せてやるから、いっしょに風呂に入ろう。」と言って、さっと服を脱ぎ、ユウスケも脱がせて部屋の風呂に入った。

ユウスケの胸や尻は、すべすべのきめ細かい綺麗な肌で、しなやかな堅い筋肉が盛り上がっていて、最高にセクシーだった。

石鹸を手につけて、撫でているだけで、俺のアソコは反応し始めてしまった。

やばいと思った俺は、ユウスケを後ろ向きにさせて、後ろから肩や背中、腰を洗った。

そして、お尻の割れ目に手が入ったとき、「あ、先生・・・。」というユウスケの哀願するような声が聞こえたが、構わずにアヌスを撫で回し、玉袋に指を這わせた。

ユウスケは背中を震わせながら、必死で耐えているようだった。が、手をぐっと差し込んでチンポを握ると、そこはもう、ギンギンに勃起していた。

こうなったら、もう遠慮はいらない。もう一方の、腰に置いていた手も滑らせてチンポの先を包み、股の上と下からヌルヌルとしごいた。

「ああっ。先生っ。」

ユウスケの恥じらいに満ちた顔は真っ赤だった。

俺は、下から通していた手を抜くと、自分の勃起したチンポをユウスケの尻に押しつけながら、後ろからぴったりと体をつけて、彼の乳首を刺激したり、チンポを扱いたりした。

「ああー、ああー」

ユウスケはただ、うつむいてうめくだけだった。

が、突然「あっ先生っ。なんか、おしっこ出そう。」と慌て出した。

俺は、手を休めた。

「オナニーはしたことないのか?」

「うん。」

「それじゃ、気持ちいいこと教えてやるぞ。」と言って、思い切りしごいた。

そしたら、10秒もしないで、「ああっ。オシッコ出るー!」と、浴室の壁に大量にザーメンを発射した。

ビュルビュルと5発も6発もすごい勢いで飛んでいた。肩で息をしているユウスケの向きを変え、しっかりと抱きしめてやった。

「気持ちよかったか?」

「はい。」と、ユウスケはさわやかににこっと笑った。

その後、まだ柔らかくならないユウスケのものをこすってもう一発、そして、俺のモノもユウスケがしごいてくれて、2人で絶頂を迎えた。

最後は、ディープキスで舌を絡め合ってから、彼は部屋にもどって行った。

戻る前、「今度の日曜日に、俺のアパートでもっと気持ちいいことを教えてやるぞ。」と言うと、こくん、と顔を赤らめて頷いた。

修学旅行から帰ってすぐの日曜日、お昼過ぎにユウスケは俺のアパートにやってきた。

睡眠不足だったので、午前中はずっと寝ていたとのこと。ちょっと眠たそうな顔もカワイイ。

部屋に入ると、俺は着替えを渡した。

昨日買ってきたかなり小さめのTシャツとスパッツだ。

「これ着るんですか?」

「パンツも無しで穿くんだぞ。」

えっという顔をしながらも、ユウスケは素直にズボンとシャツを脱ぎ、ピチピチのTシャツとスパッツを着た。

ソファーの俺の隣に座らせると、もうすでにユウスケの股間は、これから気持ちいいことができるという期待で盛り上がっていた。

小学校6年生なのに、決して小さくはない。

12~3センチのくっきり浮き上がったその部分に手を這わせながら「こんなに堅くして・・・。今日は気持ちいいこといっぱいしてやるからな。」というと、恥ずかしそうに頷いた。

スパッツの上からペニスをなぞりながら、肩を引き寄せ、キスをした。ユウスケは目をつぶっている。

舌を入れてやると、俺に抱きついて思い切り吸ってくる。股間をもむ手に力を入れながら、唾液をたっぷり流し込んでやった。胸の乳首も、Tシャツを押し上げて堅くなっていた。

Tシャツをたくし上げて乳首をつまみあげると、塞いでいた口から堪らず「あぁ。」と声が洩れた。

俺の股間にも積極的に手を伸ばしてくる。

俺もシャツとズボンを脱ぎ、ビキニだけになった。

ユウスケの手ですっかり大きくなった俺のペニスは、亀頭が上にはみ出てしまった。そこをぐいぐい刺激してくる。

俺もすっかり燃え上がってしまって、Tシャツとスパッツをはぎ取り、ユウスケを押し倒した。

首筋と耳を舐めてやると、俺の股間に自分の股間をこすりつけ、体を震わせて喜んでいた。ユウスケのペニスは、もうすでに、先走りがあふれてぐちょぐちょだった。

半分剥けているサオの根本をぐっと引っ張り、ピンクの亀頭をペロンと舐めたとき、「あっ。」と腰がひけていったが、根本までくわえこんで舌で愛撫し、口をすぼめてピストンを始めると、

「ああー・・・。」と腰を突き出して、快感を味わっていた。

が、1分もしないうちに「あっ。先生。もうイきそうです。」とペニスを抜こうととした。

俺は腰をがっちり押さえて、さらに激しくピストンした。

ユウスケは「ああーっ。イっちゃうー!」と、俺の口内に大量発射した。

そのままキスをしたら、「精液って、変な味。」とか言ってたけど、抵抗無く自分のを半分飲んでしまった。

その後、69をして、俺もユウスケの口に射精したが、それは自分のよりうまかったとか・・。

それから2人で風呂に入った。

ユニットバスなんで、風呂に入りながら、ユウスケに排便をさせた。そして、シャワーノズルを外して、温水浣腸を教えてやった。5回位すると、水が透明になった。

何でこんなことするの?って聞かれたが、浣腸だけで気持ちいいだろう、と言うと、納得していた。ベッドに連れて行き、第3ラウンドの開始。

もう2回出しているのに、ユウスケのチンポはギンギンになっている。そのペニスを口に含みながら、指でアヌスをゆっくりと撫でてあげた。

「気持ちいいかい?」と聞くと「すっげー、気持ちいい。」とユウスケ。

うつぶせにさせて、毛の全くないきれいな尻を舐めた。

自然と腰が動いている。水泳で鍛えた、プルンとして気持ちのいい尻だ。その谷間を押し広げて、ピンクのアヌスに舌を這わせると、枕に顔を押しつけていたユウスケの口から喘ぎが洩れていた。イチロー似でさわやかでカッコカワイイ彼からは想像もできない。

「ああ~ん。ああ~ん。」という女のような喘ぎ声だった。

アヌスを愛撫されるのに完全にハマって、指を入れても、2本に増やされても、その喘ぎは変わらなかった。

さすがに3本目になると、苦しげな響きも聞こえたが、ペニスも刺激してやると、さらに大きく悶えた。

ユウスケを仰向けにもどし、指を3本入れながら、ペニスを扱き、キスをした。ユウスケの手は俺のペニスを扱いていた。

指をぬき、俺のペニスをユウスケにしゃぶらせた。

もう、がまんできない。

ユウスケの腰の下に枕を置き、ヤツの足を持ち上げて、一気に挿入した。すっかり柔らかくなっていたユウスケのアヌスは、難なく俺のペニスを受け入れた。ニュルっと入ってから、しばらく様子を見たが、全く痛がる気配はない。

それどころか、刺激の無くなった自分のペニスを、自分で扱き始めていた。あとは、俺はピストン運動に専念すればいい。

「ああーっ。すっげーっ。ああーっ。」

ピストンのリズムに合わせて、ユウスケの喘ぎが一段と大きくなった。

ひっくり返して、バックからも責めた。乳首をつまみ、今度は俺がペニスをしごいてやった。

腰をぐんぐん突きながら、扱いてやると、「あっ。先生ー、イクー!」と

その瞬間、引き絞られたアヌスでは、おれのペニスも発射していた。

ユウスケは今中学生だが、まさにヤリタイ盛りで、俺のところに来ると最低2発はやってあげないと満足しない。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。