ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】鳶のヤリ友とウナ連しながら狂いまくって来ました!!!!!!

【ゲイ体験談】鳶のヤリ友とウナ連しながら狂いまくって来ました!!!!!!

ケツ割れ三超穿いて・・・

神奈川県在住の鳶職人さんからの投稿。仕事で鍛え上げた身体で若い衆に一目置かれているという投稿者。しかし、その本性は生マラ生種好きの変態ウケなんだとか。家に帰ればディルドでマンズリするのが日課で・・・・・・
ガチムチさんと青姦ファック
俺は178:73:27の足場やってる鳶。

筋肉がつきやすい体質で仕事してるだけで今のガタイになった。

仕事ん時はド派手な三超穿いて、年下の奴を偉そうに使っているが、夜は一転してぶっ太いディルドマンコにぶっ込み、マンズリするのが日課なんだ。もちろん誰にも言えない。

先週もケツ開いた汚ねー三超に、臭え地下足袋履き、キメマンに極太ディルドぶっ込み、マンズリかましていたが、生マラ生種欲しくて堪らなくなり、鳶のヤリ友にメール。

こいつとは1年前のある現場で知り合ってからの仲なんだ。現場に間違ってケツ割れ三超穿いて行ってしまった日があんだけど、初対面のヤリ友に「もしかして・・・」って突っ込まれたんだ。

そっからは、お互いオープンになってウナギやマラぶっ込み合い、種交尾しあう仲。で、そいつも疼いていたらしく、即了解メールが来た。

いつもの交尾場の公園トイレで深夜に待ち合せ。

俺はマンコに追加仕込み、ディルド咥え込んだまま向かう。こいつと連絡取り合ってから、ずっとマンズリかましていたので、マンコはトロトロガバガバ。

先に着いたので、ズコズコしながら、三連リングマラを扱いて、奴待ち。程なくして奴も到着すると、俺の変態姿を見て、自分もケツ開き、三超穿いた股拡げ、ディルドをズコズコぶっ込み挑発する。

奴の片手には極太ウナギが握られていた。お互いのマンコをズコズコ攻め合い、指マンでグチョグチョに掻き回す。

大股拡げて、ウナ連しながら狂いまくり、お互いの臭っせー地下足袋嗅ぎながら、ド変態に盛る。

奴は俺のウナギをずっぽり抜くと、自分のマンコにはぶっ込んだまま、俺にリングマラぶっ込み、ガン掘りし始めた。

奴も相当溜まってたようで、5分程で俺のマンコ奥深くに種出し、今度は俺がウナギぶっ込み、奴のマンコをガン掘り開始。

奴は俺の臭せえ地下足袋嗅ぎながら、白目剥いてヨダレ垂らしていやがる。こいつのこのド変態なところが堪んねー!ガンガンに突いて、種仕込んでやった。

その後もお互いマンコ掘り合い、種仕込み合い、3発付け合った後、ウナ連しながらお互いのマンコに種擦り込みあったぜ。

2人共、ケツ開き三超の周りは種汁とマン汁でべトべト。

また明日やる約束になってる。

もちろん、俺は今日もマンコにディルドぶっ込みマンズリかましてんぜー!!

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:変態オナニーの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。