ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】プールで潜ってしゃぶり合うジムアルバイターの末路・・・・・

【ゲイ体験談】プールで潜ってしゃぶり合うジムアルバイターの末路・・・・・

裸で泳ごうぜ!

愛知県在住のアルバイターさんからの投稿。スポーツジムで働いているという投稿者。ある日、先輩社員と遅くまで残業していたという。ようやく仕事も終わり、気晴らしに誰もいないプールで泳ぐことになったらしいが・・・・・・
兜合わせ
スポーツジムでインストラクターのバイトしています。

180*76*20でガタイはいい方です。

この前、バイトの先輩と仕事していて、夜遅くになりました。

そして「ゆうた、今から一緒に泳ぐか?」と誘ってきました。

もう誰も居ないプールはシーンとしていました。

「いいっすよ!」

「じゃあ、先に行ってるな」

俺は仕事の書類を片付けて5分くらい後に行くと、もう先輩は泳いでいました。

よく見ると先輩は、なッなんと!全裸で泳いでたんです・・・

「裸で泳ぐと気持ちいいぞ!おまえも脱げよ」

先輩は笑いながら言いました。

「じゃあ・・・」俺もこんな機会は滅多にないと思い競パンを脱ぐ事にしました。

俺が前を隠していると「おいおい、なに恥かしがってんだー?」と先輩がプールサイドに上がってきました・・・

その時、暗かったけどはっきりと先輩のチンポが見えました。黒く日に焼けている体に、競パンの後がクッキリでした。

先輩のチンポは起ってるようで、上向きに反り返ってました。

デカイ・・・18cmくらいはあるかなぁ、ズル剥けで、太く立派なモノでした。

「実はさ、俺、ゆうたの事が気になってたんだ」と先輩が抱きついてきました。

すでに俺のチンポもギンギンです。先輩もかなり鍛えているので俺よりもガタイがよく、筋肉質です。抵抗しても無理と思いました。

それに俺も先輩のこと気になってたし・・・

「いいっすよ、先輩」って俺からキスしました。

すると先輩は濃厚なキスで返してきました。キスしながら先輩の乳首をいじってやりました・・・

「先輩、感じてるでしょ?」

堅くなった乳首を俺はしゃぶってやりました。

「はっああ・・・」先輩は声をもらし、感じていました・・・

先輩も俺の乳首を舐めてきました。

俺も「うう・・・」何度か声が出てしましました。

俺たちはプールに入り、お互いのチンポをしごきました・・・

「おまえのチンポもデカイなぁ!」

そう言って水中にもぐり、おれのチンポをしゃぶり始めました!

俺のモノは先輩には負けます・・・15cmくらいっすから!

水中でしゃぶられるのは、すんげー気持ちよかったです!また、プールサイドにあがり、今度は先輩のチンポをしゃぶってやりました・・・

黒い亀頭の先からはダラーっと我慢汁が出ていました・・・

俺は構わず、舌を使って亀頭を攻めます・・・

「あぁあぁ・・・」先輩は何度も声を上げていました。

「俺にもやらせろ・・・」今度は先輩に攻撃されました。俺のチンポを一気に根元まで咥え、上下に首をふり続けました・・・

口の中では舌が裏筋に絡ませ、グチュグチュ音を立ててしゃぶりつづけました。

俺はイキそうになるのを必死で我慢しました。

そして今度は69でお互いチンポを舐めました。先輩はいやらしい音をグチョグチョ立ててしゃぶっていました・・・

俺もしゃぶり続けましたが、顎が疲れる!やっぱ先輩のチンポはデカイ・・・俺はケツの方を攻めることにしました。

「うぅ・・ん」

先輩は俺のモノを咥えてうなっていました。

俺は指に唾をつけ、ケツの穴に入れてみました・・・

すると、スッポリ入ったんです!!

「ゆっゆうた、やめてくれー」先輩は叫んでいます・・・

俺は止めるはずはなく、ここぞとばかりに指でかき回してやりました!

「あぁっっっ」

苦しそうな声をあげているが、感じているようでした。

向きを変え、また抱き合いました・・・お互いのチンポを擦りつけ、モノを感じあっていました。

先輩が二本のチンポを握り、しごきはじめました・・・

「あう!気持ちいい・・・」俺は思わず声を上げてしまいました。

「どうだ、いいだろ?」

先輩は更に激しくしごいてきました。

俺のチンポの先から大量の我慢汁が出ています・・・先輩は手の平で、俺の亀頭を攻めてきました。

グチュグチュ・・・

「見ろよ!糸引いてるぞ」

「ううっ俺、出る・・・」俺はもう限界でした。

「イク!」俺のチンポから熱い精液が飛び出しました。

「あぁ・・・はぁはぁ・・・」もうなんとも言えない快楽でした。

先輩は俺の足を広げ、ケツの穴にチンポを押し付けてきました。

「さっきのお返しだー」

亀頭部分を上下に擦っています・・・

俺はイッたばかりだが、まだビンビンに起っていました。

「力を抜けよ」先輩のチンポは俺のケツの穴に入ろうとしていました・・・

「先輩、無理っすよ・・・」と言ったとたん、ギュウっと熱いものが穴の中に感じてきました・・・

「先輩?」初めての感触でした!

「入ってるぞ!」更に先輩は押し込んできました・・・

「痛い!」俺は叫んだが先輩はそのまま、動かしはじめたんです・・・

「ゆうた・・・」

先輩がキスをしてきました。俺は痛さに気が動転してしまったが、だんだん気持ち良くなってきました。

「はぁ・・はぁ・・はぁ・・・」お互い汗まみれで抱き合いました・・・

「イっていいか?」先輩の腰つきが早まっています・・・

「もうだめだ・・・イキそう!」

「ゆうた、イくぞー」先輩はスポッとチンポを抜き、俺の顔に近づけ「イッイク!」

そう叫んだ瞬間、ドピュ!と顔に精液が飛んできました・・・

「あぁー・・・」

先輩は気持ち良さそうに自分でしごいていました。

ドクドクとチンポの先から垂れてました・・・

「先輩、良かったっすよ・・・」

そう言って俺たちは抱き合い続けました・・・

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。