ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】近々結婚予定の社会人野球部の先輩に掘られちゃって・・・・・・

【ゲイ体験談】近々結婚予定の社会人野球部の先輩に掘られちゃって・・・・・・

近々結婚予定の社会人野球部の先輩に掘られました

先日、会社の野球チ-ムの練習がありました。その時のこと。

たいてい、練習の帰り道に、健康ランドみたいなところに寄って、風呂に入ってその後飲みに行くというパタ-ン。

その日も、いつも通り練習が済んで、ほとんどのメンバ-はそちらへ。
俺は、5歳年上の先輩(高橋さんとしておきます)高橋先輩のことが好きでできるだけ、俺の車で送り迎えをするようにしている。

帰りに

「高橋先輩、今日はどうされます?」と聞くと、

「ちょっと疲れたから家へ送って帰ってくれ」

俺は、一緒に風呂に入るチャンスを逃し、ちょっとがっかりしながら送っていった。

高橋先輩は、俺と同じ大学の先輩ということもあって、結構かわいがって
くれていた。しかし、どう観察しても、ノンケ。

俺も今以上の関係に発展するとは思ってもいないし、それでいいと思っていた。

ところが・・・

高橋先輩の家に着いた。

「シャワ-でも浴びて行け」と。

「ハイ」と俺。

先輩は一人暮らしのはず。

でも、部屋の様子はどう見ても彼女でもいて、せっせと掃除や洗濯に通ってきてもらっているといった感じ。
話しを聞くとどうやらそうらしい。そろそろ結婚もするみたい。

先輩は、リビングでユニフォ-ムをどんどん脱いで、スッポンポンで風呂へ

「背中流して欲しいから、おまえも一緒に入れ」

俺、嬉しかったんだけど、先輩の裸を目の前にして、しかも二りっきりで
肌が触れ合うような風呂に入って、勃起させない自信がなかった。

俺、着ているものを脱いでいる最中に、やはり半立ち状態に。
恥ずかしかったけれど、失礼しますと入った。
すると、

えっ!!

高橋先輩は、チンポをビンビンに勃起させて、こちらを向いて立っていた。そのまま、もの凄い力で抱き寄せられてしまった。
俺より10センチほど背も高いし、身体も一回り大きい先輩に抱かれ、もう何がなんだかわからない。
もう、先輩のリ-ドのまま、やってしまいました。

「疲れている」なんて嘘。

そのまま、高橋先輩に口と手で、2回もイカされまし
た。

「おまえが入社してきて、うちの部に配属されてきたときから、ずっとこうしたいと思ってたんだ」そうです。

そのあと、寝室に移って、またH。
先輩は俺をガンガン攻めてきます。

俺、ケツはほとんど経験がなく、はじめは拒み続けたんだけれど、結局、やられちゃいました。
先輩のセックスは、俺の思っていたとおり、終始男っぽいもので、俺は、もう離れられなくなりそうです。

次の練習の時にも、また誘ってくれるといいんだけどなぁ。
会社では、その後も今まで通りの感じ。

あのときだけで終わってしまうのかもしれないな。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。