ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】シャワー室で吐息を殺し盛る高校生の結末・・・・・・

【ゲイ体験談】シャワー室で吐息を殺し盛る高校生の結末・・・・・・

シャワー室で吐息を殺し盛る高校生

俺、今京都に住んでる大学生なんだけど、

高校のとき野球部の先輩とSEXしたときの話をします。

相当長いけど、読んでやって下さい♪

俺の高校校舎建て替えたばっかでさ、更衣室がロッカーと一緒になってて、めちゃめちゃ広かったんだ。

体育祭のときとかも全生徒に対応できるように、何百っていう数のロッカー兼更衣室になってたんだよ。

で、俺の高校部活動が盛んでさ、別に朝練ない日でも体育の施設は朝早くから自由に使えるようになってて、俺、いつも朝プール(温水。私立なもんで。)でひと泳ぎしてたんだよね。

で、夏休みの盆で、どの部活も休みってときだったんだけど、俺はその日も泳ぎに行ったんだ。

グラウンドはトラック走ってるやつとかキャッチボールしてるやつとかいたんだけど、そのときはロッカールームもシャワールームも誰もいなかったんだ。

泳ぎ終わって、そのままシャワールームからロッカールームに着替えに行こうとした瞬間、間にある簡易看護の部屋に誰かに引っ張り込まれた。

あっと言う間にベッドの上に仰向けに押し倒されて、乱雑に多い被るように誰かが上に乗って思い切り、唇から首筋にかけてキスされて、その後初めて顔を見合わせたんだ。
それが野球部(俺も野球部ね。)の先輩だった。

『俺、オマエのこと好きだったんだ。なっ?いいだろ?』

って言われて、俺も好きだったから、こっちは返事できないくらい嬉しくて、そのまま強く抱きしめたんだ。

先輩と俺はそのまま半回転して、逆に俺が覆い被さるような姿勢になって、俺も思い切りキスして、そのまま乳首まで唇を這わせていった。

先輩が感じて声を懲らしていることがよく分かったけど、喘ぎ声が聞きたかった俺は、上から立ったPの先がすでにはみ出た白いフィットトランクスを脱がせて、そのまま一気に先輩の真っ赤になってはちきれそうなモノに唇をもっていった。

俺は亀頭を口に入れて、鈴口を舌で刺激した。

そうしたらついに今まで吐息しか聞こえなかった先輩の口から

『うっ…あぁ…っ』

っていう、我慢してる感じなんだけど、いやらしい喘ぎ声が聞こえてきた。俺は必死になって先輩のモノをしゃぶりまくったんだ。

ザーメンがあふれ出てきて、俺の口も先輩のデカいモノもベトベトになって、クチュクチュっていう音と吐息の音が部屋に響いた。

もうオイルもいらないぐらいの感じになってたんだ。

そして俺はフェラしながら水着をぬいで(ビキニ好きの人、ごめんなさい。俺のは今流行のスパッツ型のやつなんだよね。)

先輩の腰の上に乗った。あんな大きいのは初めてだったから、ちょっと痛かったけど、俺は夢中で腰を振った。

先輩も俺の腰を掴んで上下に揺すった。
すっげーやらしい音が鳴ってた。

先輩が起き上がり、今度は正上位の姿勢、俺がベッドで仰向けになり、先輩はベッドから降りて立った状態で先輩の太い腕が俺の腰を激しく揺さぶった。揺れるたび俺は我慢できずに

『あぁっ…あぁっ…はっ…はっ…』

と吐息と喘ぎ声を振り絞った。
おれのPもすでにべとべとになり、イキになったがその前に先輩が

『うっ…!』

っと声を漏らし、俺の中に生暖かいものを強く腰をぶつけながら発射したんだ。

二人ともギンギンにPを立たせたままシャワールームに行った。
一度キレイに洗ってから、シャワー浴びながら先輩は俺のPを付け根のとこまで口に含んだ。
さっきまだイッてなかった俺はもう我慢できずに、激しい吐息と一緒に先輩の口の中に大量に発射した。

先輩は俺の精子を口に含んだままキスしてきた。

何とも言えない味がしたが、そんなことはこの際どうでもよかった。笑。

そして今度はケツ割れ目にそって舌を這わせ、穴を執拗に、舌を入れるようにして刺激してきたんだ。
さっき射精したばっかだったのに、先輩のPは今にも増してギンギンにたってた。

デカいけど微妙に曲がった先輩のPは、最高にイヤらしく見えた。

今度は二人立ったままで、先輩は後ろから俺のアナルにPを一気に押し込んだ。二人とも息を殺すように、でも激しく

『んっ…はっ…はっ…うぅっ…んあっ…』

って、ザーザー音が響いてるシャワーの水に打たれながら、腰を振った。
俺はシャワー室の壁に手をついて、くの字になった。

先輩は俺の腰を力強く掴み、さっきしたように激しく揺さぶった。
やがて俺は片手ではちきれそうになった自分のPを掴み、腰が前後するのと同じように必死に手を動かした。

その手の上に、途中から先輩の手が加わって、さらに激しくPをしごき始めた。

パン…パン…っていう音が続いて、先輩の腰が俺のケツに強くぶつけられた瞬間、俺のPから壁に向かって精液が勢いよく発射された。

先輩は俺のPを口でキレイにしてくれた。
後は二人でいろいろ喋りながら頭洗ったり背中洗ったりして、SEXもよかったけど、それもなんかすっごい楽しかった。

最後に二人で、萎えかけだけど血管が太く浮き出たPを石鹸でキレイに洗って更衣室に戻った。

しばらくして、ロッカーは離れてたから、先輩が着替えてるとこは見えなかったけど、

『あっ…また立ってきちゃった(笑)』

っていう声が聞こえてきた。

 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。