ホーム » ショタ・厨房 » 【ゲイ体験談】マン喫で少年に援交を持ちかけられたリーマンの結末・・・・・・

【ゲイ体験談】マン喫で少年に援交を持ちかけられたリーマンの結末・・・・・・

少年に援交を持ちかけられたリーマン

4月頃地方への出張の帰り新宿にあるマンガ喫茶でパソコンでゲイのページを見ていたら男の子が俺の隣に座って着て

「お兄さん男捜してるの?」といきなり聞いてきた。

その時はまだPM二時くらいで人は少なく俺とその子の会話を耳にする人はいなかった。

俺が「小遣い欲しいの?」と聞くと

「ウン。でも少しでいいよ、お兄さんタイプだし持ち合わせが無かったら別に要らないけど」とまで云ってきて俺を誘うのです。

俺は「1万くらいならいいけど」と言うと喜んでいて俺たちはそこを出た。

その子は年齢は19歳だと言っていたけど 実際はもっと幼く見え16~17歳位にしか見えなかった。
多分本名ではないとすぐわかったんだけどマコトと言っていた。

マコトは「僕、実は何日も家に帰っていなくて体汚れているからお風呂入りたい」

と甘えるように言うとニコッと笑い俺にはその笑顔がたまらなく可愛くうつり、この子を犯したいと云う欲望になり

「歌舞伎町の裏に男同士でも入れてくれるきれいな連れ込みホテルあるからそこにいこうか!」

そこのホテルは風呂にしてもベッドにしてもとても興奮する作りになっていて俺は時々野郎を引っ掛けては使っていました。

ホテルの部屋に入り俺はその子を抱きしめキスした。
確かに何日も体を洗っていないらしくいくら少年といってもかなりの汗の臭いがした。
歯も磨いていなかったんだろう口臭もしたが嫌な臭いではなかった。

「お兄さん僕体汚れてて悪いから先シャワー浴びて来るよ」

と言ったんだけど俺はもう充分興奮しきっていたので

「一発終わってからでいいよ」

と少年の洋服を脱がし全裸にし俺も裸になりベッドで絡み始めた。
マコトも結構エキサイトしており口を大きく開け下を突き出して俺にキスしてきて足を俺の股にきつく絡めてきました。

俺はさっきまで汗臭いと感じていたマコトの体臭が良い臭いに頭の中で変わってきて乳首、脇と上半身を先に舐めて少年を感じさせた。

俺が愛撫している間中マコトは体をくねらせ

「アウー アーン ソコ感じる」とずっと声を出していた。

この部屋だとおもいきり声を出しても誰にも聞かれることがない安心感からか

「気持ちいいならもっと声を出して感じまくっていいぜ」と云いマコトの細い引き締まった体を舐めまくった。

俺は体を下にずらしマコトのチンポにたどりつくと手でしごいた。

少年のチンポは仮性包茎で皮をむくとチンカスがたまっていてプーンと臭ってきた。
俺はチンカスのついたペニスを舐めるのは初めてだがその時は嫌じゃなくチンカスのついたチンポを大きく口を開いてフェラした。

マコトは何分もしない内に

「アン アン 出る出るイクー」と叫ぶと俺の口の中に大量のネバーッとしたザーメンを吐き出した。

俺はそのザーメンをゴクッと飲んでしまいました。
ベッドに横たわってるマコトはうつろに俺を見ると今度は俺にペッチングを始めペニスに食らいついてきてチンポの回りとアナルを舐められ俺もマコトの口にザーメンをぶっ飛ばした。

その後二人で大きな風呂に入り俺はマコトの体を隅々まできれいに洗いマコトも同じようにしてくれました。
洗っている間中お互いのチンポは勃起しっぱなしでマコトは俺のチンポが気にいったらしく

「コレ イヤラシくて大きいね」と言ってズーッと触っていました。

俺は浴槽のガラスにマコトに手をつかせ尻を突き出させるとボディーローションを手につけ少年の肛門を指で刺激し指を一本、二本、三本と徐々に突っ込んだ。その間中マコトは喘ぎ続け女のように甲高い声で

「アーン ウウ イヤーン」と善がり

「もうお兄さんのチンポ早く入れて」

とせがんできたんで俺は一気にマコトのアナルにペニスを突っ込み自分でも初めてのような激しいピストン運動でバックから犯し続けたのです。
マコトは体中をくねらせて声を出しながら悶え狂っていました。

俺は肛門の締め付けに我慢できず

「イクゾー イク イクーッ」と少年の肛門の中に射精しました。

マコトも自分でペニスをしごきガラスにタップリなザーメンをぶっ放し

「ハア ハア アーン」と息をし満足したようです。

俺たちはシャワーを浴びベッドに横たわり抱き合ってキスし少し休みました。俺は出張中に買った新しい下着をマコトにあげ

「着替えるといいよ」

と手渡すと喜んでいて少ないけどと1万円を渡しホテルを出ました。
俺はこの少年のことを好きになってしまったのか別れ難く食事に誘い

「これからどうするの」

と聞くとしばらくの間はどうしても家に帰りたくない事情があるみたいなので、じばらくの間でよかったら俺の家にいてもいいよと言うと

「本当にいいの」と喜んでいたのです。

もう宿無しはこりごりのようでバイト探して部屋を借りるお金が貯まるまでの間と言うことで27歳の俺とマコト(本当は17歳)の同棲生活が始まりマコトもバイトが見つかり働いています。

俺たちはSEXは相性も今の所上手くいっていてケンカは殆どしませし、マコトもここでの生活が気にいってくれています。

 

カテゴリ:ショタ・厨房の最新記事

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。