ホーム » 痴漢・覗き » 【ゲイ体験談】深夜のコンビニでエロ本読んでた高校生に声かけてみた結果・・・・・・

【ゲイ体験談】深夜のコンビニでエロ本読んでた高校生に声かけてみた結果・・・・・・

もっといいもの見せてあげる

都内在住の男性からの投稿。ある日の深夜、コンビニに立ち寄ったという投稿者。すると、高校生くらいの青年がエロ本を立ち読みしていたという。店内には他に誰もおらず声をかけてみる事にしたという・・・・・・
調教中のショタ
先日コンビ二で買い物していると、ちょっとポッチャリの高校生くらいの青年がエロ本を立ち読みしていました。

夜も遅かった為、客は私と少年だけだったのでちょっとイタズラしてみたくなって背後から小声で「もっといいもの見せてあげるよ(無修正ビデオ)」と声をかけてみました。

突然の事で青年は驚いていましたが、しばらく「その女優さん可愛いよね、俺も好きなんだよ」と世間話的な感じで緊張を解してやると、ようやく私の誘いにのってきました。

早速、彼を私の車に乗せて自宅に向かいました。車内での彼は、まだ心配なのか終始無言でした。

自宅に到着後、早速ビデオ鑑賞を開始しました。

私は彼に”抜くチャンス”を与えるために「ちょっと用事で出かけるから、好きに観てていいよ」と、しばらく部屋(20分程度)を留守にしました。

私が帰って来ると少年は何事もなかった様にビデオを見ていました。

しかし、ごみ箱を見ると厳重に包まれたトイレットペーパーを発見しました。

私は彼の目の前で丸められたトイレットペーパーを広げて見ました。大量のドロドロし少し黄色がかった精液が付着しており、私は衝動的ににおいを嗅いでしまいました。栗の花のような独特のにおいがしました。

私は、おもいきってまだ乾いていない生暖かい精液をすすり飲むとさすがに高校生は目を見開いて驚いている様子でした。

彼の股間を見るとかすかに勃起していたため彼のズボンを脱がせてみたところ嫌がる様子もありませんでした。

トランクスはすでにテントを張っている状態だったので、とうとうトランクスも脱がせてしまいました。

彼のペニスはすでに完全勃起状態です。

彼のペニスを握り上下にさすってみると彼の激しい息使いが聞こえてきました。

仮性包茎のため皮をむいてみると、亀頭の周りに白いカスが付いていたので悪臭が
室内に充満してしまいました。

私はおもいきって彼のペニスをフェラしてみたところものの数分もしないうちに大量の精液を私の口の中に放ちました。

彼は深い快感で少し震えていました。

私は彼とシャワーを浴びる事にしました。

彼の着衣をすべて剥ぎ取り一緒にシャワーを浴びました。そして念入りに彼のペニスとアナルを洗いました。

すると彼は石鹸まみれの私のペニスを握りしごき始めたのです。私は完全に勃起してしまいました。

そしてなんと彼は「フェラしてみたい」と言い出したのです。

彼は私の完全勃起したペニスの前にひざまずきぎこちないフェラを始めました。

いろいろと教えているうちにかなり上手くなりました。

しばらくして、とうとう彼の口の中で発射してしまいました。

彼は私のドロドロ精液を手のひらに吐き出してもて遊んでいました。私はお返しに彼のアナルにローションをつけて指を挿入してみました。彼は少し驚いた様子でしたが嫌がる様子もないので指を2本挿入してみたところさすがに”痛い”と叫びましたが無視してアナルマッサージを続けました。

もう片方の手にローションをつけて彼のペニスを刺激してみたところ、あっけなく射精してしまいました。

私たちはお互いの精液で汚れた体を再び洗い流し風呂を出ました。

風呂上りのビールを飲んでいると、彼も飲みたいと言い出したのでカクテルをのませてみました。

しばらくすると彼は少し酔いが回り寝込んでしまいました。

私は彼とのアナルセックスを試みました。

いきなりペニスの挿入は危険だとおもい少し小さめのアナル用バイブにローションをつけて彼のアナルに挿入してみました。

すると、彼は驚いて起きてしまったのです。

何とか彼を説得しアナルセックスをすることにしました。部屋にキャンプ用のシュラフを敷き彼に四つんばいになるように指示したところ少し不安そうなそぶりをしつつも従いました。

後ろからは濡れたアナルと仮性包茎のペニスがみえました。

私は手にゴム手袋をしてさらにローションを塗り彼のアナルに再び指を挿入しました。10分くらいマッサージをした為かなりアナルがほぐれた様子でした。

いよいよペニスの挿入です。彼は自ら大きなお尻を広げ挿入を促しました。

私はコンドームをしローションをたっぷりつけて彼のアナルにペニスをあてがい一気に挿入しました。

さすがに凄い締め付けが私のペニスを襲いました。

次の瞬間、悲鳴に近い彼のうめき声が聞こえましたが私は挿入を続けました。

彼はうっすら涙を浮かべながら激痛に絶えていました。私は激しいピストンを繰り返し、とうとう彼の中で果てました。彼のアナルからペニスを引き抜くとボッカリ口をあけていました。

私はペンライトでアナルの中をのぞいて見ました。真っ赤な直腸がみえました。

それはとてもきれいでした。

 

カテゴリ:痴漢・覗きの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。