ホーム » 出会い系掲示板 » 【ゲイ体験談】気になってた男性に偶然再会しHしちゃってwwwwww

【ゲイ体験談】気になってた男性に偶然再会しHしちゃってwwwwww

気になってた男性に偶然再会しH

今年の夏、ネットで知り合ったHさんと何回か会ったのですが
そのときは僕が失恋したばかりで

「つきあおう」

っていわれたのにことわっていました。

秋になってHさんのやさしさにあらためて気がついたのですが

「いまさら・・かな」って思って

「惜しいことをしたな・・」って思ってました。

ところがおととい、偶然街でHさんに会いました。
ちょっとバツが悪かったのですがさそわれるままにHさんの家に行きました。

家に入るなり、

「まさし、会いたかった。」

といってソファーに押し倒されてしまいました。
Hさんの舌が僕のくちびるをこじあけ、中をまさぐりました。
とろけるようなキスで僕は頭がぼぉっとしてしまっていると

いつのまにかシャツがはだけてしまっていて乳首を吸われていました。
あまりの気持ちよさに声がででしまい、恥ずかしかったのですが
Hさんのされるがままに、きがつくとほとんど全裸になっていました。

「ベットルームにいこう・・」

今思い出してもすごかったのですが、すごく気持ちよいSEXでした。
Hさんは僕のペニスをしゃぶり、べちょべちょにしてしごきました。
そして僕の脚をもちあげ、ケツをなめはじめ、ケツ穴に舌を差し込んできました。そして、指を1本、2本、3本といれてきました。
さすがに少し痛かったので伝えると、ジョンソンベビーオイルを持ってきました。

そして僕のケツはもちろん、カラダ中にまきました。
僕は全身ぬめぬめになってしまい、どこさわられても喘ぎ声がでてしまうほど感じまくってしまいました。

ケツもすっかりほぐされてしまい、Hさんが両手の指でがばがばひろげても痛くないくらいまでにされてしまいました。

Hさんの指がくちゃくちゃと僕のケツの中で動き回るたびにペニスからとろーってガマン汁がだらだらたれてきました。

そしてエッチビデオの出演者のように大声であえぎまわっている僕の耳元で

「いれてほしい?」と聞いてきました。

僕はもう、なんでもいいからめちゃめちゃにしてほしくなって

「いれてよぉ、ぐちょぐちょにかきまぜてよぉ」とほとんど半狂乱にさけんでました。

その後は、もう、ケツをがんがんに掘られまくりました。
ぼくのカラダはHさんの思うがままに股をひろげられて、さかさにされ、
バックで突かれ、まさに狂ってしまうほど掘られまくりました。
くちゃくちゃと音をたててHさんのでかいペニスが僕のほとんど
赤くはれつつあるケツ穴にでたりはいったりしてます。

それを鏡ごしに僕に

「みてごらん、すごいやらしいよ」ってHさんがささやくのです。

僕はHさんの上に乗り、自分からケツをふってしまいました。

「ラッシュいらずだね、すごいよ」

Hさんもおどろくくらい淫乱になってしまいました。

そしてはじめてケツも濡れるんだって知りました。

2人ともいってしまったあと、Hさんが

「おれとつきあってくれないか」といってくれました。

今度は僕も二つ返事でOKです。
いま、家に帰ってきて、夕方、またHさんの家に行きます。

今年は最高のクリスマスが過ごせそうです。

 

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

カテゴリ:彼氏の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。