ホーム » フェラチオ » 【ゲイ体験談】童貞高校生が柔道の寝技練習で勃起しちゃってwwwwww

【ゲイ体験談】童貞高校生が柔道の寝技練習で勃起しちゃってwwwwww

寝技でオッパイ吸われちゃった

山梨県在住の学生さんからの投稿。高校で柔道部に所属しているという投稿者。昔から運動神経が鈍い方で、みんなの練習についていけなかったんだとか。ある日、OBの先輩が特別指導してくれることになり・・・・・
逆手オナニーする男子
ボク、ちょっと太目の高校一年生。

でも、逆に背は低いんでみんなから「チビ」って呼ばれているんだけどね。

そんな訳で、高校入学と同時に、柔道部に入ったんだ。

どちらかと云うと、運動神経にぶい方だから、入りたては苦労したよ。ボクの学校は、柔道を教える先生がいないので、近くのOBの先輩が交替で教えに来てくれたんだけど、初めの頃は受身も満足に出来なくてね。

ある日、上達の遅いボクに「おい、○○(ボクのこと)、今度の日曜、特別教えてやるから出てこいや」って言われたんだ。

行かないと説教される雰囲気だったんで、しぶしぶ学校の道場に行ったんだ。

柔道着に着替えて、ダダっ広い道場の中で、ボクと先輩だけ・・・。ボクだって、折角柔道着を揃えて、入部したんだもん、強くなれるんだったらなりたいよ。

他の先輩は、ボクの運動神経の悪さに諦めモードだったけど、この先輩だけは、やさしくしてくれるんだ。

まだ25歳の独身で、サラリーマンらしいけど、「ほらっ、見ててごらん。こうやるんだよ」って、前に転がって見本を見せながら、まさに手取り足取り教えてくれた。

「ちゃんと受身が満足に出来ないと、ケガのもとだからな」

「はい」

「そうだ。その調子だ。だいぶよくなってきたぞ」って、半分ボクを励ましながら、教えてくれた。あの先輩がいなかったら、ボク柔道やめていたかもね。

それから、毎週じゃないけど、暇を作って、マンツーマンで教えてくれた。

だからボクも少しづつだけど進歩して、みんなについていけるようになり、一応立ち技の大外刈り位は覚えててね。

「そうだ、きょうは背負い投げを練習しようか」って、ボクの柔道着を掴んで、ボクの体を肩に背負う様にして、ボクを畳の上に放り投げた。

あこがれてたんだよなぁ~、早くこう云う技やってみたかった。

「じゃあ、今度はお前がやってごらん」って先輩、ボクの後ろにまわって、ボクが投げやすい様な体形で組んでくれた。

ボク思いっ切り力を入れたら、先輩の体が背中をまわって、ボクの前にバシっと落ちてきた。これが柔よく剛を制すってやつか・・・すっごく気持ちいい・・・。

「投げただけじゃ、一本で決まらないこともあるんだよ」

先輩とボク交互に投げ合っていた時、ボクが畳に投げられたら、そのまま寝技に持ち込むんだもの。

寝技って云えば、初心者は袈裟固めから教えられるんだけど、先輩ちょっと変った技でボクを押さえつけた。

左手がボクの肩に、右手がボクの股の間に入って、先輩の顔がボクの胸のあたりにあるんだ。確か横四方固めって云うのかな。

初めは、先輩の右手ボクのお尻の後ろに食い込んでいたんだけど、だんだん前の方にきちゃうんだ。いやだぁ~、

先輩の右手が柔道着のズボンの上からだけど、ボクのチンポを触っている。

胸は、投げられた拍子に柔道着の前がはだけて、ボクのおっぱいを舐めるみたいに押さえつけている。

ボク、先輩大好きだけど、男の子だよ。

苦しい・・・。

でも、何か変な気分だよ。

だって、先輩、ボクのチンポモミモミしてるんだもん。

ボクも高校生だよ。

未だ女の子とはエッチしたことないけど、ひとりでオナニーはやっているよ。

「はぁ~、はぁ~」

ボク、チンポからアレが出そう。

先輩、ボクのはだけた柔道着から、知らない顔して、確実におっぱい舐めている。

いくらボクが太めだからって云ったって、先輩の腕力にはかなわない。それも両手でガッチリと決められ、動きが取れない。

「はぁ~、はぁ~」

「どうしたんだい?」

「セ~ン~パ~イ、ボク、ボク、出ちゃうよ」

「何が?、どこから?」

先輩、ずるいよ。知ってるくせに、ボクに無理やり言わせるだなんて。

「チンポから、アレが、アレが出ちゃうよ」

「そうかい、じゃあ、出してごらん」って、ボクの柔道着のズボンの紐を解(ほど)くんだ。恥ずかしい。

ボク、先輩にパンツ見られちゃう。

そのパンツもちょっと下ろすんだもの、ボクのちょっと大きくなったチンポ、生で触られちゃった。

ボク、太っているので、チンポそれ程大きくないもん。

一応、硬くなって、皮も剥けているけど、同性の先輩に触られるなんて、いやだぁ~。

「俺の口の中に出してごらん」って、先輩、ボクのチンポを口に咥えるんだ。

ちょっと先輩、ここっておしっこするとこだよ。汚いよ。やめてぇ~。

「いいから、出してごらん、大丈夫だから」

「はぁ~、はぁ~、あっ、あっ、ボ、ボク、ボク出ちゃう~」

ボク、恥ずかしいのと、気持ちいいのが頭の中に交錯して、もう我慢出来なくなり、先輩のお口にドクドクって出しちゃった。

 

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。