ホーム » ガチムチ・体育会系 » 【ゲイ体験談】某ハッテン場でガチムチ兄貴に壊れるほどガン堀りされて・・・・・・

【ゲイ体験談】某ハッテン場でガチムチ兄貴に壊れるほどガン堀りされて・・・・・・

ガチムチ兄貴に壊れるほどガン堀りされて

 

今日、某ハッテンバへ行ってきた。

 

入店して、ウケの目印である左手にロッカーキーを付けてウロウロしてると、ガチムチ兄貴と目が合った。

 

背は俺より10センチ以上高く、胸板も厚かった。

 

すると、兄貴は男らしくグイッと俺の手を引いて、個室へ連れ込んでくれた。
俺は、早速兄貴のモノにしゃぶりついた。
デカい。20センチはあるんじゃないかと思った。
しかも、太くてカリも張っている。
でも、俺は必死になって喉の奥まで使って、兄貴に奉仕した。

 

暫くすると、兄貴が

 

「ケツ使えンのか?」

 

と聞いてきたので、

 

「はい」

 

と答えると、バックの体勢にさせられ、オイルをたっぷり塗られた。

 

「ゴム使うか?」とも聞いてきたので、

 

「生でお願いします」と答えると、そのまま生で一気に入れてくれた。

 

ブッ壊れるんじゃないかと思うくらい激しかった。
最後はお互いラッシュを思いっきり吸ってイクことにした。
兄貴が

 

「アァッ、イクぞ。中に種付けすんぞ!」

 

と言ってきたので、俺は思わず

 

「お願いします。中にたっぷり下さい」と頼んでた。

 

ドクッ、ドクッ、ドクッ、と何度も中にザーメンが注ぎ込まれるのがわかった。その瞬間、俺もトコロテンでイッた。

 

兄貴は俺に軽くキスをしてくれると、そのまま部屋を出ていった。

すると俺があまりにも声を出していたのか、
外にいた人達が入れ替わり個室へ入ってきた。

 

個室のドアは開きっぱなしになり、俺はそのあと5~6人に廻された。
何にも言わずにケツに種付けしていく人、口に出して飲めと命令する人、
とにかく俺はザーメンまみれになった。

 

まだケツにはたっぷりザーメンが入ったままだ。
これからケツからこのザーメンを出して、もう1発抜こうと思う。



 

カテゴリ:ガチムチ・体育会系の最新記事

カテゴリ:トコロテンの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索