ホーム » リーマン・社会人 » 【ゲイ体験談】セーフ希望の筈が野獣と化した兄貴に孕まされちゃって・・・・・・

【ゲイ体験談】セーフ希望の筈が野獣と化した兄貴に孕まされちゃって・・・・・・

抵抗も虚しく中出しされ・・・

都内在住の匿名さんからの投稿。ある日、久々に掲示板に募集をかけたという投稿者。すると、出張中のリーマンから連絡があり会うことに。セーフ希望と伝えていたがヤバめの展開になってしまい・・・・・・
目隠し愛撫される男性
1週間くらい抜いてなくてムラムラしてたので、掲示板で募集したら、出張中というリーマンから返事が。

近くのホテルでOKとのことなので、セーフを希望と返して、ケツ洗って向かうと、ガタイのいい40手前くらいの優しそうな兄貴が紺のビジネススーツ姿で出迎えてくれた。

セックスはひさびさだし、しかもタイプの体だったので、服を脱ぐ間も惜しんで、
兄貴の前に跪いて、早速フェラから始めると、口マン使われてすぐに1発目を出された。

彼氏以外では口射もしたことがなく、慌てて口を放そうとすると、頭をガシッと掴まれたまま、「何してんだよ、そのまま飲めよ!!」と言われ、苦しくなったのもあって思わず飲んでしまった。

普段は絶対セーフで、今回もそのつもりだったので、『この展開はやばいかも!』と思ったけど、兄貴は全くお構いなしで、俺のザーメンまみれの口にディープキスをして、乳首を攻めてきやがった。

俺は乳首はかなり弱いので、兄貴にもそれがバレてしまい、あっという間にベッドに押さえ込まれて、そこを中心に攻めあげられた。

ベッドに入ってからは、兄貴は少し優しくなり、乳首を中心に攻めながらキスを繰り返し、フェラをされていく内に俺の緊張は解れ、最初に無理矢理口射されたことも忘れていった。

俺が感じて、体を預けてきたのを見た兄貴は、暫くするとアナルを舐め回しながら指を入れ、丹念に解してくる。

その気持ちよさに身を任せていると、「軽く縛ったりしてもええかな?」と優しく聞いてくるので、優しくなったことに安心した俺は、兄貴の「軽くならいいですよ」と希望通りに縛られ、目隠しもされる内にケツが段々と熱くなってくる。

「あれ?ちょ、なんかケツが変な感じがするんだけど・・・」と言うと、兄貴は無言のまま、俺の足を押さえてアナルを開き、デカマラを入れてきやがった。

目隠しをされたまま挿入されたので、すごく不安になり、「ゴム、ゴムつけてる?」と言っても無視されて答えてくれずに、兄貴はピストン運動を始めた。

どうやらケツを解されている時に仕込まれたらしく、ピストン運動に合わせて体は感じ始め、口を塞がれた上に、薬らしきものも嗅がされ、俺の意識は遠のいていった。

そして、兄貴がイク時に、「中で出すけどええよな? たっぷり種付けしてやるからな!!」と言うのを聞くと、「ちょっと待って・・・」と必死に抵抗するも、体は感じてしまっているので思うように力が入らず、腰をガッシリと掴んだ兄貴の「うっ!」という呻き声と同時に、ケツの奥に温かいものが流れ込んでいく感触がした。

1回中に出された後、追加を仕込まれてからは記憶が曖昧だけど、後から聞いてみると、口に2発、ケツマンに3発出されていた・・・。

種付けされた翌日の朝まで一緒にいて、俺が起きてからは、兄貴も最後はまた優しく抱いてくれた。(生だったけど、正直もう兄貴に堕とされてからは、どうでもよくなっていた…)

出張が多いらしいので、番号を交換して、また会う約束をしたけど、会う度に兄貴は野獣と化して俺を犯し、俺は何発も兄貴の子種を注がれて孕んでいる。

今では兄貴の体の虜になり、中出しは当然のようになってしまったが、兄貴は今度は俺を発展場に連れて行くつもりらしい。

多分、いろんな奴にゴムなしで廻されることはわかっていても、兄貴の体が欲しくて堪らないので、行ってしまうんだろうな…。

生掘りはヤバイと頭ではわかっていても、体が我慢できない。

 

カテゴリ:リーマン・社会人の最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。