ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】憧れのノンケ先輩に下着を貸してあげた結果wwwwww

【ゲイ体験談】憧れのノンケ先輩に下着を貸してあげた結果wwwwww

憧れのノンケ先輩に下着を貸してあげた

 

部活も終わり、片付けをしている時のこと、おれの憧れるT先輩がこんなことを言い出した。

 

「あーあ、おれ溜まってんよー」と、いきなり言い出した。

 

しかしT先輩は部員の中でもかなりエロくいつも言っているので、他の先輩もかるーく返事をしてた。

そして、部室に戻りみんなが着替え始めた。

 

先輩とかの年になるともうみんな女経験とかもしてるから平気でトランクスになったり、手をつっこんでチンポをかいたりしてた。

T先輩はトランクスはいてても大きいことはわかるくらいのモノであった。

 

そんな中、マネージャーが来てみんなに飲み物を持って来てくれた。

その時、他の先輩がマネージャーの脇をくすぐったんだ、そしたら持ってたコップのお茶がT先輩が着替えようとしていた短パンに全部こぼしてしまった。

 

T先輩は優しいので

 

「おいおい、おれはこの格好で帰れってか!!?」などと言いながら怒りもしなかった。

 

そんな姿におれはますます気にいった。

しかしT先輩ははくものがない。

と思ったときおれは今日は水泳の授業がないのに、着替えを持ってきていたことを思い出した。

 

さっそくそのことを告げたら、T先輩は

 

「ナイスーー!!」と言いながらおれを胸元によせた。

 

先輩の胸はかなり厚く筋肉マッチョって感じでいつまでもこうされていたかった。

他の先輩やマネージャーも安心し、次々に帰って行った。

 

おれはT先輩にもうちょっと話そうぜ!と、言われていたので、待っていた。そうして、同じタメのやつも帰り、2人だけになってしまった。

 

おれは2人なったからマサカ?なんて1人で夢見ていた。

 

そうしている時先輩が目の前でトランクスを脱ぎ始めたのだ。

T先輩はトランクスを脱ぎ始めたのだ。

おれは、トイレで着替えると思ってたからスンゲーびっくりしてさ。

 

T先輩はそのまま下半身全裸になってしまった。

T先輩はそのまま

 

「おい、おれのパンティーくれー」などと言って近寄って来た。

 

おれは目の前でしかも大好きな先輩のチンポがあってマジビンビンだった。

毛はかなり生えてて、カリが大きく完璧に剥けていてさすが高3と思ってしまった。また、ブラ-ンとした重みのある感じがたまんなかった。

 

おれは、床に座ってて水泳のカバンが上に置いてあるから立って取らなきゃいけなかった。

しかしかなりビンビンのチンポはおさまるどころかずーっとタチっぱなしだった。けどT先輩が

 

「おい、はやく~。さみぃよー。」

 

などと言ってきたので仕方なくカバンを取った。

が、T先輩はしっかり見ていたのだ。

 

「あれーおめぇ、アソコタッテんべ?」と聞かれ、おれは

 

「あーちょっとねー。アハハー。」とごまかした。

 

がT先輩は

 

「まさかお前おれのコレを見てー?」

 

などと言われ、おれは

 

「あーそうだったりしてー。先輩のデカイっすねー。」と言った。

 

そしたらT先輩は

 

「おれだけ見せるのもヤダナー」

 

と言っておれに見せてくれと頼んできた。

おれはタッタまま見せるのはイヤだったがおサマリそうもなかったので、脱いだ。

 

そしたら、T先輩は

 

「お前ー、濡れてるぞ。」と言ってきた。

 

もおれはここで男好きということがバレてしまうのかと思っていたら、

T先輩は

 

「お前、おれが好きか?」と聞いてきた。

 

おれはいきなりビビッタが好きとも言えないのでおれは、

 

「はい。前から憧れてました。」って言ったんだ。

 

先輩はそしたら

 

「そうか。ありがとな。」と言って抱いてくれたんだ。

 

2人とも下半身裸でおかしかったが先輩は耳元で

 

「絶対に内緒だからな。」と言ってTシャツを脱ぐように言われた。

 

先輩も脱いで2人は全裸に。

すると先輩はおれの前でしゃがみ、フェラをしてきた。

全くノンケの先輩からしてきたため、もしやと思ったが彼女にするクンニで慣れているらしく凄い気持ちよかった。

 

あまりにも、激しくされおれは本能が目覚め先輩のをしゃぶらせてくれと頼んだ。先輩は、

 

「オウ!溜まってる分頼むぜー。」などと言ってやらせてくれた。

 

おれは、先輩のにむしゃぼりついた。

T先輩は

 

「オ、オ、オオーうめぇなぁ。あーマジ気持ちぃぜ」と言う感じてる声にマスマス力が入った。

 

おれはこんな事は2度ともうないと思い、アナルを舐めたいと頼んだ。

さすがにこれにはビックリしていたが、ニコッと笑って、

 

「ああ、いいのか?わりィな。頼むぜ」

 

と言われおれが一方的に言ってるのに先輩が謝るからすごい申し訳ないと思い、絶対気持ちよくさせようと思った。

 

アナルは舐めながらも先輩の顔が見えるのでよかった。

先輩の感じている顔は最高のカッコよさと、男らしさが混ざった顔だった。先輩がすると、

 

「お前ののんでみてぇょ。」と、言ってきた。

 

嬉しさといいのかな?という気持ちがあったが先輩の口の中でイカせてもらうことにした。

かなりがまん汁でダラダラだったおれのチンポはすべりがよくマジ気持ちよかった。先輩の温かい口の中でおれはそろそろ出そうになった。

 

「あ、先輩、イキそうっす。マジいいすか。あ!イクッ!クッ!」

 

おれは先輩の口のなかに出してしまった。

先輩は口を膨らましながらもゴクッと飲んでいた。

おれは今まで口の中で出されたことはあったが飲んだことはなかったから絶対に先輩のも飲まなくてはとおもった。

 

おれは、ダシ終わって疲れていたが再び先輩のチンポをしゃぶった。

少しおさまっていた先輩のチンポは最高に固くでかくなり口いっぱいでは入りきらなかった。

おれは手でシゴき先輩がイキそうになったからまたクワエタ。

 

T先輩は

 

「あーヤベーイキそうだよ。もっと強く。あーあー、ア!マジイクイク!!アッ!イクぅー!!」先輩はおれの口の中で一週間分出した。

 

かなりノトーッとしてたが先輩の精子だと思って全部飲んでみた。

なにか酢ッバイというか酸味があった。

 

先輩は

 

「アー気持ち良かったなぁ!つうかおめぇ、うますぎだよぉー。」

 

と言われ、やってよかったと思った。

疲れた2人はゆっくり着替え帰る準備ができた。

そして、駅まで一緒なのでいつもどおりに帰った。

 

しかし、最後駅で先輩が

 

「なぁ、キスしてみっか!?」と言ってきた。

 

おれは笑いと喜びがこぼれてにやけまくっていたが先輩と口付けをした。

先輩の積極的な態度が最高に嬉しかった。

 

それから、総体がきて結局は負けたが最高にイイ思い出ができた。

あれ以来やってはいないが先輩は

 

「したくなったらまた頼むぜ」とおれに言って引退していった。

 

先輩ってやっぱかっこいい!!

おれはこの時一番そう思ったみなさんは先輩に対して強い思いはありませんか?

Hなことは少なかったんですが読んで頂いてありがとうございました。

 

また何かあれば書きますので。



 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:フェラチオの最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索