ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】幼さの残る19才のバリタチにガン堀り種付けされた末路・・・・・・

【ゲイ体験談】幼さの残る19才のバリタチにガン堀り種付けされた末路・・・・・・

幼さの残る19才のバリタチ

掲示板で知り合ったセクフレ募集の19歳と会ったんだが、バリタチで俺(21歳)がガンガン掘られていかされてしまった。

家に来てもらって、世間話をしばらくして、いざやろうってなったんだが、脱いでみるとそいつは高校時代部活でサッカーのキャプテンをしていたそうで、大会でも結構いい記録を出していたチームらしくすっげぇいいカラダしてて思わず大興奮してしまった。

短髪で顔も一重で男くさいが、まだ十代らしくカラダはすごいキレイだし、笑うとちょっと幼さがのぞくところがたまんなかった。

肩もゴツクてたまんない。

俺を押し倒すなり、キス窒息するくらいキスをしてきて、体中なめたおされ思わず感じてしまった。

舌使いがまだ十代らしくぎこちないのがまたたまんない。

こっちがしゃぶってやるとびんびんに勃起させて、

「あぁ」っと感じている。

調子に乗ってのどのおくまでつっこんでしゃぶっているとガマンできなくなったらしくて、ケツに手を伸ばしてくる。

「ケツに入れていい?」

と聞いてくるので、年下に掘られるのは初めてだったが、

「いいよ」

というと、俺の足を持ち上げてケツをすごい勢いでベロベロなめてくる。

つばでケツがべトベトになったところで、チンポにローション塗って正常位で挿入。勢いよくつっこんでくるんで思わず

「イタッ」

と言うと、思いっきりキスをしてきて口をふさがれてしまった。

ヤバイ気持ちいい。

「大丈夫」と聞かれて、

「うん」

と応えると、ガンガン掘り始めてきた。

そのピストンがマジですごい。

これでもかっていうほどすごいスピードで腰を押し付けてくる。

ケツだけじゃなくて全身ていうか、脳の奥のほうの後頭部から快感物質がこみ上げてくるのが分かる。

セックスでおかしくなるっていうのってこういうことなんだと驚いた。

そのうち腰の勢いが激しくなって、止まったと思ったら

「やべぇいきそうだよ、どうする?このままイッテいい?」

生だったんでちょっと躊躇したが気持ちよさに勝てず

「いいよ中で出して」というと、すっげぇ喜んで

「すっげぇうれしいよ」とキスをしてきた。

それと同時にさっきより猛スピードでガンガン腰を打ち付けてきて、ケツの奥でチンポがデカク硬くなったと思ったら

「いくよ、いくよ、イクー」と叫びながらビクビク震えて大量のザーメンをケツの奥に放出してくれた。

俺もそれと同時にガン掘りの中でしごいて大量のザーメンを放出した。

ケツをガンガン突かれ、中出しされながらイクのはマジで最高。

突かれるたびに、ビュッビュっとザーメンが出てきてしまう。

イッテもしばらくは入れたままでキスをしてくれてやわらかくなったチンポが自然に抜けてった。

シャワー浴びて服を着てヤツはまた会うことを約束して帰って行ったが、俺はヤツが帰ったあとすぐに服を脱いで鏡の前でケツを開くと充血したアナルから大量の真っ白なザーメンがドローっとあふれてきた。

そのザーメンを手にとるとさっきいったばっかなのにビンビンのチンポに塗って思いっきりしごいて大量のザーメンをぶっ放してしまった。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:出会い系掲示板の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。