ホーム » ノンケ » 【ゲイ体験談】普段は怖い応援団長が女みたいにヨガっちゃってwwwwww

【ゲイ体験談】普段は怖い応援団長が女みたいにヨガっちゃってwwwwww

一緒にオナろうぜ!

千葉県在住の学生さんからの投稿。応援団長をしている友達がいるという投稿者。学校では近寄りがたい雰囲気でみんなから恐れられているんだとか。そんな彼が家に遊びに来たとき、エロビデオを一緒に見ることになり・・・・・
アナニーしながら喘ぐ男性
1年ほど前の話になりますが、一度だけ男友達と関係がありました。

友達は高校の応援団長をしていて、学校のボスなので近寄り難い怖さを持つ人でした。

僕は友達なのでもちろん普通に話しますが、後輩たちは目も合わせないようにするほど恐れられていました。

そんな友達が昨年の夏休みに僕の家に宿題をしに来た時の事です。

僕の部屋にあったHビデオを見つけて、「ここで見ていいか?」と言うので「もちろん、いいよ」と答えました。

2人とも宿題をせずに食い入るようにビデオを見ていました。

そしたら突然友達が「一緒にオナろうぜ」と言ってきました。

僕は人前でそんな事をしたことがなかったので困ってると、友達は既に全裸になり画面に釘付けでした。

その勢いに負け、僕も仕方なく全裸になりシコシコと始めました。

しばらくするとお互いなんとも言えない一体感というか不思議な気分になってしまい、団長が僕の乳首を吸ってきたのです。

それはあまりに気持ちよく、相手が団長という事も忘れ、感じていたら「俺のも頼むよ」と言われ、今度は僕が団長の乳首を吸いました。

すると、あの鬼の団長が「アンアン」とよがりはじめたのです。

人前で大声を張り上げ怒鳴ったりしている男が、まるで猫のような繊細な声を発しているのです。

団長は放心状態のまま今度は僕のチンポをフェラしてきました。

始めての感触に頭の中が真っ白になり僕も団長のチンポを口に含ませると「あ~もっと激しくっ」とネダってきました。

おしりも舐めらされて、僕の唾液でビチャビチャになってしまいました。僕も気持ちが高揚して、僕の怒棒を団長のおしりにあてがってみると「入れてっ」とヨガってるので、ゆっくりと穴の中に挿入しました。

なかなか動かす事ができなかったので台所からサラダ油を持ってきて団長のおしりの穴と僕の怒棒に塗り、もう一度挿入を試みるとスプッと穴に吸い込まれました。

団長はあえぎながらおしりを激しく振りはじめ、僕もバックから団長を深く貫きながら右手で団長の怒棒をしごくと2人とも激しくあえぎ、僕は団長の中に果て、団長も僕の右手の中に大量の精液を飛ばし果てました。

不思議な気持ちでした。

 

カテゴリ:ノンケの最新記事

カテゴリ:初体験・童貞の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。