ホーム » 発展場 » 【ゲイ体験談】受験勉強のストレスを発展公園で発散する高校生の末路・・・・・・

【ゲイ体験談】受験勉強のストレスを発展公園で発散する高校生の末路・・・・・・

ストレスを発展公園で発散する高校生

 

僕は高3の受験生であまり受験勉強も捗ってなくて焦るばかりです

 

そんな時必ずオナニーしたくなったり誰かにペニス舐めて貰いたくなるんです

 

夜10時ごろ家を抜け出し自転車で発展公園に行きます
その日は平日という事もあって人影はまばらでしたがフェンスの所に大学生らしき人といかにもSM好きだといわんばかりのピチっとしたジーパンを穿いた30代くらいの人が居ました

 

僕は30代の人に誘われたんだけどSMには興味ないので断り学生らしき人に側に行きその人の手を何気なく触ったら握り返してきてOKでした
僕たちは言葉を交わさずにいきなり抱き合い舌を絡めてキスしました

 

「俺の車に行こう」

 

と耳元で言われその人の車で海岸の全く人影のないところまでいきました

 

僕たちは車から降りるとまた抱き合い僕は着てる物を全部脱がされ続いて相手の人も全裸になったんです
僕は感じて喘ぎ声を出しまくると僕の声で興奮したのか学生さんは激しく僕の体を舐めまくってくれたんです
誰も居ないし僕は結構大胆になれました

 

今度は勃起したペニスを盛りがついた犬みたいにただやることだけに夢中できつく押し付けあって快感を得ていたんです

 

しばらくして僕は学生さんの口に発射しました

 

今度は僕がフェらして射かしてあげようとしたら

 

「君のバックに入れたい」と云われ僕は少しためらったけどカッコイイ人なのでOKしました

 

車のボンネットに手を付かされお尻を学生さんの方に突き出したスタイルにされました

 

学生さんはしゃがみ込み僕の尻ぶたを開いて穴を舐めてきたんです
舌はかなり奥まで入れられ僕は

 

「アアアアーン」と気持ち良すぎの声を上げるばかりだったんです

 

その後指を一本、二本と入れられアナルは広がってきました
僕はバックは初めてじゃなく痛いだろうと覚悟してたんだけどそのときは何故か全然痛くなくて感じてばかりでした
やっぱり年上の人は同級の奴と違って上手い!と感心したのです

 

学生さんは僕のアナルに入れると急に付きまっくてくるのではなく僕のアナルの奥に差し込んだままじっとしており僕が慣れるまで後ろから乳首、ペニス、玉などを感じるように揉まれまくり僕は自分から

 

「もう我慢できない お願い突きまくって」と云い、そのとき初めて淫乱ってこういう事をいうんだと思いました

 

学生さんはまだ僕を焦らしてるんで僕はお尻を学生さんの方に押し付けました
やっと学生さんがケツ使い出したんだけどそれがまた激しくて僕は喘ぎ声も出ないくらいでウーウーというばかりでした

 

時間がどれくらい経ったか判らないけどいちだんと腰使いが激しくなったかと思うと

 

「イク イク イク イクー」って叫んで僕のアナルに発射したんです

 

僕もアナルで学生さんのザーメン感じながら扱いて射精しました
学生さんは僕のアナルの中の自分の精液を舐め始め次に僕のペニスに付いているザーメンを舐めてくれ僕はまた感じてしまい学生さんのザーメン臭い口に舌を挿し入れてディープキスし、お互いの口の中にもう一発づつ発射したんです

 

僕は学生さんに恋してしまい帰りの車の中で

 

「また会ってくれませんか」と云うと返事は残念ながらNOでした

 

でも約束は出来ないけどまたあの公園で会ったときは君とやりたいと云ってくれました

 

就職活動で忙しいし好きな人がいるとのことでした
ふられてしまったけど今までで一番最高に感じたセックスでした

 

ちなみに僕は171X57 18歳です
金曜日か土曜日の深夜の公園で会ったら気持ち良くして下さい



 

カテゴリ:発展場の最新記事

カテゴリ:高校生・大学生の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索