ホーム » 中出し・種付け » 【ゲイ体験談】拒否不可部屋で雄汁まみれになったリーマンの末路・・・・・・

【ゲイ体験談】拒否不可部屋で雄汁まみれになったリーマンの末路・・・・・・

次々に種汁注がれて・・・

都内在住の会社員さんからの投稿。仕事中にもかかわらずケツが疼いてどうしようもなくなってしまったという投稿者。もう頭の中はチンポの事しか考えられず、午後から仕事をサボり発展場に直行したんだとか・・・・・・
ゲイの乱交パーティー
週の半ばの水曜日だが、昼間からケツマン疼いて体が熱い。

数日前も派手に雄汁まみれになってきたはずなんだけどな・・・・・。

こうなるともう仕事なんか手につかねぇ。

午後から適当な理由つけて会社さぼって、拒否不可部屋のあるハッテン場に直行。

尻を念入りに洗浄して、軽くゴを仕込む。

ゴが効いてくる前に店内を回ってタチを物色していると、3階で手を出してくる奴がいた。

体つきはムチッとしたチビでマラも普通サイズ。

タイプじゃないが、もともと誰も拒否する気のねぇ俺は、「まぁ最初は慣らしておくか」ってな感じで犯り始める。

しかし、このチビ、ここでは珍しく触り方も随分とソフトで、挿入もゴム付でないと嫌だとぬかしやがる。

そんなんだからさっさと終わらせ、余計に疼いて火が点いた体を4階へ。

既に何組か始めていて、喘ぎ声が漏れている。

やや壁よりの空いたスペースで、目隠し、耳栓を付けて、Rとスプレーを思い切り吸い込んで仰向けになる。

隣でそれを見ていた兄貴が、早速俺の体をまさぐってくる。乳首を抓られて、思わず甘い声が出ると、兄貴の手つきも激しくなる。

俺のマラは、亀頭にピアスが付いており、竿と袋には、海外で購入したズッシリ厚みのあるリングをかませてある。

それに気づいた兄貴は少々驚いたようだが、激しくしゃぶってくる。

ピアスが擦れて、得も言われぬ快感が体中に走る。

しゃぶられながらも兄貴のマラを触ると、これがデカイ!

堪らず口に持っていき、ねっとりと嘗め回し、しゃぶりあげる。鈴口から先走り汁が漏れていて堪らなく旨ぇ。更に鈴口を舌先で刺激し、喉奥まで銜え込む。

30分程お互いにフェラしている間、兄貴は俺のケツマンを解している。ゴの効いているケツマンは、とっくにトロットロに仕上がっていて、マラが欲しくてたまらなくて疼きっぱなし。

それを感じとったのか、バックの体勢をとると、兄貴は当然のように生でぶちこんできた。堪らないねえ!

ようやく待ち望んでいた生竿だ!やっぱり交尾はナマに限るぜ!

マラの太さと熱さと勢いをケツマンコで堪能することだけに集中する。兄貴はポイントを探るように、マンコの壁や奥をデカマラで掻き回す。

そして俺の派手な喘ぎ声に反応して、ギャラリーが続々と集まってくる。

手を出してくる奴もいるが、当然俺は拒否らねえ。目の前に出されたマラをフェラしつつ、隣の奴のチンポを手で扱く。四つん這いの俺の下に潜り込んで、乳首を抓りながら、ピアスマラをフェラしてくる奴もいる。

余韻を楽しんだ兄貴は、フェラしていた奴と交代して、俺の口に今まで堀込んでいたマラを持ってくるので、躊躇いもせずに、再びしゃぶりあげる。

目隠しはしているが、雄汁臭えのと根本まで濡れているので間違いねえ。

うめぇ。尿道に残った雄汁まで嘗め尽くした。

追いゴしたケツマンコには、新たにマラがぶち込まれたが、誰のだかわからねえっていうか、もうそんなの関係ねえ。この快感にどっぷりと身を任せるだけだ。

Rとスプレーを更に吸い込んで真っ白になった俺に、何人もの男が口マンやケツマンに次々に種汁を注いでくる。

俺は全て受け止めていたが、いつの間にか飛んじまったようだ。ハッと気が付くと、部屋には俺だけが残されていた。

一瞬夢のようにも感じたが、そうでないことは、雄汁まみれの臭え体と、ポッカリ開ききったケツマンが証明していた。

 

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

カテゴリ:発展場の最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。