ホーム » イケメン » 【ゲイ体験談】大阪”男番付”でかわいい淫乱ネコ発見しちゃってwwwwww

【ゲイ体験談】大阪”男番付”でかわいい淫乱ネコ発見しちゃってwwwwww

子種をせがむ淫乱ネコ

大阪府在住の匿名さんからの投稿。ある日、仕事が早く終わったので男番付に行ってきたという投稿者。そして館内を周ると水泳してそうなスリムネコを発見したんだとか。ビキニ跡がクッキリ残っている身体が妙にエロくて・・・・・・
ジャニ系男子のアナル舐め
自分は178*85*30代前半、胸毛が広くあるガチムチなバリタチ。

大阪に出る時はまず男番付。

あの日も仕事終わりの早い時間に入店して、ロッカーで全裸になり、シャワーを浴びて、キーバンドを右手につけて(バリタチの証し)ウロウロした。

すると、ケツ掘りブランコ横の部屋で俯せに寝てる、水泳してそうなスリムマッチョ体型なネコ発見。

体毛の薄い体を焼いて、ケツだけビキニ跡がくっきり白く残ってる。エロくてマジ好みだから一気に勃起♂。

まず奴の足元にしゃがんでその綺麗なケツを舐める。

「ん~」

腰をくねらせて感じながら、俺の方を振り返って、また「ん~」って。

穴の具合からして、まだ掘られてはいないようだが、まあいい、俺が柔らかくしてやるよ。

舌でしっかりケツを解してやると、我慢できなくなったのか、上半身を浮かせてキスをせがんでくる。

後ろから覆い被さって、ギン勃ちマラはケツ付近に押しつけながらキスしてやると、自らマラを掴んで、「早く、早く…」と。早くとはなんだよ。

『まだ俺のもしゃぶらずに、気が早えんだよ!』と分からせるために、奴の口ん中に先太デカマラをぶっ込んでやる。

唾いっぱいにして、旨そうにむしゃぶりつく奴のその顔を初めて見た。カッコかわいいし、首にはシルバーの飾りをつけてやっぱり超タイプ。

早速オイルを奴のケツに。

しゃぶりつきながら、「んんっんんっ…んああっああんあっあっああ~」と。

『マラを口から出すんじゃねぇよ!』と、また口にぶっ込み、ケツと乳首を攻めてやると、喜んで涙流してよがる。

『感じすぎなんだよ! それじゃ、そろそろ生のケツマンいただくか』

奴にR爆吸させて、俺はマラをケツに移動させて、直にオイルを塗して、ゆっくり入れ始める。もうすっかりトロマンだ。

「ああズブズブいって入ってくる」

先太でエラが張ってるから、そう感じるんだろ。

『オラッ、奥までもうちょいだ。感じすぎてトコロテンすんなよ!』

「すげっ! すげっ! まだ入ってくる」

オラッ、最後の一歩が一番感じんだぜ。

「ああああ~、嗚呼! 入った。ふう」肩で息してやがる。

マジ感じすぎなんだよ、こいつ。中でマラを痙攣させてやると、「あん! あん! なに? イッたの? ドクドクいってる…あっあん! それ凄い感じる。ヤバいよ」って。

『何がヤバいんだよ? トコロテンしそうなのか?今から始まるってのに。そんじゃ遠慮なく動かすぜ!』と、ケツマンコに馴染んだマラを一気に引き抜いた。

一気に引き抜くと、「あああ!」いい声だ。

そこからはカリ太を活かしてまず長いストロークで掘り続けた。キツ目のRを染み込ませたティッシュを口に入れてやると、目を白黒させて可愛い顔が台無しだ。

ゆっくり寝ていられずに、上半身を起こしてくる。何だよ騎乗位かヨ?

口にティッシュ銜えたまま(笑)、宙を見ながらケツを上下させて、暫くするとケツをマラに押しつけたまま、前後にグチュクチュと感じる場所を探しながら動いてる。

俺は奴が綺麗な体をくねらせ、顔を歪ませてる様子を下から眺めながら、段々頂点へ向かっている。

が、そこで腰をグッと浮かし、奴の腰を中途で固定して、下から掘りあげる。コレって案外ネコに評判いいんだよね。

俺も腰を浅くから深くまで動かしやすいし、ネコは体勢を保つ為に力むから、ケツが更に敏感になるらしく、「駄目ッ駄目ッ」状態になる。

案の定、コイツも首振って、「ヤバい、ヤバいよ~」って。

それが可愛くて嬉しくなってパンパンパンパンと高速ピストンを繰り返す。

「あ゛~~~~~…」かすれて声にならない叫び声をあげ続ける。

そのまま20分は騎乗位を続けてた。

ティッシュはいつの間にか下に落ちたのか、Rなしで快感に溺れてる。騎乗位だからって、ネコが主導権握れると思ったら大間違いだぜ。

「じゃ、そろそろイクぜ!」

「うんっうんっ。いいよ、来て! いっぱい中に出して」

ケツにいっぱい快感神経を集中させてやがる。

じゃ、まず一発目イかせてもらうよ。

下腹部から吹き上げるように大量の精子が飛び出た。マラの先っぽが痛いくらい大量に勢いよく出続けてる。

「あっ、あっ、あっ」ビクビクいうたびに声あげる。

俺のはイッても暫くは萎えないから、そのまま入れてると、奴がケツに太マラ受けたまま、しな垂れかかってくる。

キスして髪なでてやり、乳首いじってっと、またマラがギンギンに復活。

『おいおい種汁出して来なくていいのかよ。俺のガキ孕む気か?』って。

でも種マンは気持ちいいんで、そのまま2発目突入したよ!

 

カテゴリ:イケメンの最新記事

カテゴリ:中出し・種付けの最新記事

コメントフォーム

名前

 

 

コメント

トラックバックURL: 
はじめにお読みください
当サイトはアダルトコンテンツを含みます。
18歳未満の方はすみやかにご退出お願いします。


当サイトでは男性同士の同性愛に特化した体験談、ボーイズラブ小説を掲載しています。
露出やレイプといったジャンルのお話もありますが、掲載している体験談は全てフィクションですので絶対にマネをしないでください。
シチュエーション
ご近所検索
体験談の著作権は当サイトにあります。